\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

足利花火大会2023穴場スポットは?屋台情報も調査!

当ページのリンクには広告が含まれています。
足利花火大会2022混雑状況は?穴場スポットや屋台情報を調査!
スポンサーリンク

足利花火大会2023の穴場スポットを紹介します。

栃木県足利市で開催される足利花火大会は明治36年から続く伝統ある花火大会です。

2022年は3年ぶりに開催され、大いに盛り上がりましたが、今年も無事開催が決まりました!

そこで気になるのが混雑状況ですが、足利花火大会はどれぐらい混雑するのでしょうか?

今回は、足利花火大会の混雑状況や穴場スポットについて紹介していきます。

目次
スポンサーリンク

足利花火大会2023穴場スポットを紹介

足利花火大会の穴場スポットを調べました。

花火の開催場所は田中橋下流渡良瀬運動公園及び河川敷です。

会場周辺はかなり混雑しますが、少し離れたところに穴場スポットがあることが分かりました

織姫公園・織姫神社

少し会場から離れていますが、小高い丘にある公園のため、花火が綺麗に見えると評判です。

すぐ近くの織姫神社も同じく綺麗に見えますよ♪

この方は別の花火大会の花火も一緒に見れたんだとか!

かなり良い穴場スポットですよね♪

岩井橋

岩井橋の辺りも穴場スポットとして人気です。

臨時駐車場となっている桜小学校や第三中学校からも近いのでアクセスも良好です♪

田中橋~岩井橋の土手はおすすめらしいですよ♪

アピタ足利店屋上

アピタ足利店の屋上も花火がよく見えると人気のスポットです!

ただし、駐車場も兼ねてここに来る人が多いため、すぐ満車になってしまいます。

アピタ足利店の屋上を利用したい場合は早めに行くのがおすすめです。

この方は花火大会終了後、2時間半経ってからアピタから出られたそうです。

帰りはかなり混雑することを覚悟して行った方がよさそうですね。

ヤマダ電機足利店屋上

アピタのすぐ近くにあるヤマダ電機足利店の屋上も穴場スポットです。

こちらもアピタと同じく、すぐに埋まってしまうので早めに行くのがおすすめです。

スポンサーリンク

足利花火大会2023混雑状況は?

足利花火大会は40~50万人もの人が訪れたことがある人気の花火大会です。

過去に開催された花火大会から混雑状況を予想したいと思います!

2023年の花火の打ち上げ時間を調べたところ、午後7時15分~午後8時45分の90分間開催されることが分かりました。

そのため、この打ち上げ時間の前後は相当混雑することが予想されます。

最寄りの足利駅は都心の駅並みに混雑するという情報がありました。

さすが40~50万人も訪れる花火大会。

混雑はどうしても避けられません。

花火が始まる1時間前の午後6時頃から混雑が始まり、花火終了の午後9時頃は帰る人で大混雑・大渋滞となります。

花火終了後1時間ぐらいは特に渋滞がひどいと覚悟しておいた方がよさそうですね。

当日は周辺道路の交通規制があることも発表されています。

花火の打ち上げ時間は午後7時15分~午後8時45分ですが、例年午後5時30分~午後9時に交通規制が行われています。

午後3時~午後9時には仮説・臨時駐車場の利用も可能ですので、ぜひ利用してください。

スポンサーリンク

足利花火大会2023屋台情報

足利花火大会では過去には約500店もの屋台が出店したそうです。

屋台は中田橋と中橋の間、渡良瀬川を挟んで両側の河川敷に出店されます。

かき氷や焼きそばなど、定番の屋台料理もたくさんあるんですよ♪

屋台は16時頃から営業が始まることが多いです。

花火の時間が近づくにつれ混雑してきますので、屋台で食事を済ませることを考えているのであれば、早めに行くようにしてくださいね。

今年もたくさんの屋台があるといいですね!

スポンサーリンク

まとめ:足利花火大会2023穴場スポットは?屋台情報も調査!

足利花火大会の穴場スポットや混雑状況を紹介しました。

足利花火大会は伝統ある花火大会ということもあり、毎年かなり混雑します。

周辺道路の規制もあり、渋滞も避けられません。

花火の打ち上げ時間は午後7時15分~午後8時45分ということで、午後6時~午後9時辺りが最も混雑する時間帯といえます。

混雑を避けたいなら、なるべく早めに会場に着き、花火が終わる前に帰るのおすすめです。

花火が終わる前に帰るのはもったいない気もしますが、早めに出てちょっと遠くから花火を見るのもいいと思いますよ♪

目次