育児ノウハウ

離乳食作りの救世主!時短できて楽に作れる便利グッズを使おう

離乳食 便利グッズ
離乳食って作るのが大変…

 

赤ちゃんが食べやすいように裏ごししたり細かく切ったりしなければならない離乳食。

初めは量が少ないのでいいのですが、量を食べるようになってくると作るのが追い付かない…なんてこともよくありました。

 

自分たちのご飯も用意して、離乳食も用意して。

当時は1日中キッチンに立っているような感覚でした。

そんな苦労の多い離乳食作り。

私のオススメは…

 

まとめて作って冷凍保存がオススメ!便利グッズを使って時短しちゃいましょう!!

 

離乳食は大量に作って冷凍保存しておくのがオススメです。

そして便利グッズを使って時短しましょう。

 

家にあるもので何とかなるんじゃない?お金もかかるし…

 

私も初めはそう思っていました。

しかし、

遠慮なくグッズに頼った方が絶対楽!!!

 

心からそう思います。

今回は私が使っていた離乳食作りが時短になる便利グッズ3選を紹介します。

リッチェル 電子レンジ用おかゆクッカー

電子レンジでおかゆが作れるグッズです。

リッチェルのおかゆクッカー。

初期の頃はこのおかゆクッカーをよく使っていました。

このおかゆクッカーのポイントは

  • 電子レンジで約4分で作れる
  • 炊いたご飯から作れる
  • 10倍粥、5倍粥が作れる
  • 水量メモリ付きで使いやすい
  • 泡受けが付いていて吹きこぼれ防止ができる
  • エンボス加工ですりつぶしが楽

必要な量のご飯と水を入れて、泡受けをはめて電子レンジでチンします。

 

約4分後にできあがるので、あとは専用のスプーンですりつぶしをすれば完成です。

 

とっても簡単におかゆが作れます。

私は多めに作って冷凍していました。

離乳食後期になると、このおかゆクッカーでは量が足りなくなりますが、ストックが足りない時に追加で作る時に活躍してくれました。

離乳食初期の頃は特に大活躍だったのでオススメです。

私が使っているものと色など違いますが同じ機能の商品です。

リッチェル わけわけフリージング ブロックトレー

離乳食中ずっと活躍してくれた保存容器です。

この容器に小分けして冷凍していました。

この容器、普通の製氷皿よりとても使いやすいです。

  • 底を押すと凹んで取り出しやすくなっている
  • 電子レンジや食洗器にも対応
  • 薄型なので場所を取らない
  • 蓋つきで使いやすい
  • 別サイズでも積み重ねができる

1番の魅力は取り出しやすいこと。

普通の製氷皿って力を使って取り出さなきゃいけないので大変ですよね。

この容器は底を押せば簡単に取り出せるのでとても楽でした。

 

容量は15ml、25ml、50mlとあるのですが、私は25mlを使っていました。

数種類のおかずをちょっとずつ作るのにちょうど良いサイズでした。

この容器で冷凍した後、全部取り出してジップロックにまとめて入れておけば使う時に楽ですし、次の離乳食を冷凍することができます。

ジップロックとの併用オススメです。

 

また、蓋付きで場所も取らないので収納にも困りません。

2段重ねにしても冷凍庫の引き出しにもすっぽり入ります。

 

このグッズは離乳食初期~完了までずっと使っていました。

専用に作られているだけあってとても使いやすく、オススメです。

裏ごしにオススメ!ハンドブレンダー

「ブレンダーは便利だけど離乳食が終わったら使わなくなるのでもったいない」

 

私はこのような情報を目にして、初めの頃は裏ごしを自分でやっていました。

しかし、自分でやると時間はかかるし力はいるしかなり大変です。

もともと力のない私にはかなりの重労働…。

 

楽に作りたい思いが強くなり、ハンドブレンダーを買いました。

私が買ったものはテスコムのスティックブレンダー(THM321-W)。

 

離乳食の時期しか使わないだろうと考え、価格が手頃なこちらの商品を選びました。

 

ブレンダーがあるとないとでは離乳食作りの時間が大きく違ってきます。

数秒でできるのでかなりの時短になります!

 

すっごく楽!買って良かった♪

 

 

ハンドブレンダーの良いところは

  • 鍋や容器に直接入れて使える
  • 少量でも使える
  • コンパクトで収納に困らない

 

離乳食のように少量から作る場合、フードプロセッサーやミキサーよりもハンドブレンダーの方が使い勝手が良くてオススメです。

鍋などに直接入れて使えるのも、容器に移し替える手間がなくすごく楽でした。

 

このブレンダーのおかげで離乳食作りが確実に楽になりました。

 

ちなみにブレンダーですが、離乳食が終わったら…

 

ほとんど使わなくなりました。。。

 

裏ごしが必要な料理を普段作らないので出番がありません(^^;)

 

なので、安いものを買っておいて良かったなぁというのが正直な感想です。

まとめ:離乳食作りは便利グッズを使って時短しよう!

今思い返しても、離乳食の時期は本当に大変でした。

2人とも後期にはかなり量を食べるようになったので、離乳食作りに追われる日々でした。

 

離乳食作りは便利グッズを使って時短しよう!

 

声を大にして言いたいことです。

ブレンダーはいらないと思っていたけど、ブレンダーのおかげで調理時間がかなり短縮され、楽になりました。

そして、専用のグッズを使わなくても対応できますが、専用のグッズの方がやはり使い勝手が良いです。

リッチェルのブロックトレーなんかよく考えて作られているなぁと思います。

コストはかかりますが、時短&楽するために離乳食専用のグッズを使うことをオススメします。

 

離乳食以外にも母は忙しいです!

ちょっとでも楽に作れて時短できるグッズに遠慮なく頼ってしまいましょう!

こちらの記事もおすすめ!