生活の知恵

こどもの日何をする?端午の節句の由来や今の過ごし方を調査!

こどもの日 何をする

こどもの日は何をすればいいのでしょうか。

こいのぼりや兜、五月人形を飾る家庭も多いと思いますが、その日は何をして過ごそうか悩むことはありませんか?

実はこいのぼりを飾ったりするのは、端午の節句としての行事なんです。

「こどもの日」と「端午の節句」はそもそもの由来が違います。

ではこどもの日はどう過ごせばいいのでしょうか?

そこで今回は、

  • こどもの日の由来は?
  • こどもの日は何をする?
  • こどもの日の過ごし方を口コミから紹介

これらの内容について紹介していきます。

スポンサーリンク

こどもの日の由来は?

ゴールデンウイークの祝日でお馴染みのこどもの日ですが、そもそも由来は何なのかご存知ですか?

5月5日は端午の節句の日でもありますが、実は端午の節句の後に子どもの日ができたんです。

元々は男の子の日だったのですが、こどもの日ができてから男の子も女の子もお祝いするようになりました。

スポンサーリンク

こどもの日とはそもそも何?

こどもの日は5月5日です。

この日は端午の節句の日でもあり、男の子の成長や幸せをお祝いをする日です。

こどもの日は1948年に制定されました。

こどもの日を制定する際、もともと端午の節句であった5月5日をこどもの日にすることになったそうです。

祝日法によると、こどもの日は「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」日として定められました。

こどもの日はこどもの成長をお祝いする日だと思っていましたが、実はお母さんに感謝する日でもあるんですね。

端午の節句の由来は?

端午の節句は、男の子の無病息災を祈願する日です。

実は端午の節句は奈良時代から続く古い行事なんです。

もともとは中国が由来で、季節の変わり目である5月は病気にかかる人が多く、亡くなる人も多かったそうです。

そのため、5月は厄除け・毒除けをするために、菖蒲を飾ったり薬用酒を飲んで健康増進を祈願していました。

昔は災いが起こらないよう祈願をする日だったんですね。

その風習が日本にも伝わり、端午の節句として日本でも行事が行われるようになったんです。

その後、武士の間で菖蒲が「尚武(しょうぶ)」と読みが同じことから縁起が良い日とされました。

尚武(しょうぶ)は武道を大事にするという意味です。

その武士たちの流れから、端午の節句は男の子の成長を祝う日になったのです。

スポンサーリンク

こどもの日は何をする?

それでは、こどもの日は何をすればいいのでしょうか?

先ほど紹介した通り、同じ5月5日ですが、こどもの日と端午の節句はそもそも別の行事です。

一般的に、こどもの日によく行われるのは、

  • こいのぼりを飾る
  • 兜、五月人形を飾る
  • 菖蒲湯に入る

この3つですよね。

実はこれらは、昔から伝わる端午の節句の行事なんですね。

そのため、男の子がいる家庭で行われます。

では「こどもの日」としてはどう過ごせばいいのかというと、特に決まりはありません

先ほども紹介した通り、「こどもの日」自体は「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」日と定められています。

この言葉から、

  • 子どものやりたいことを中心に子どもと楽しい時間を過ごす
  • 一緒に料理を作る
  • 家族で美味しいものを食べに行く

こんな感じで家族で過ごすのが良さそうですね。

スポンサーリンク

こどもの日の過ごし方を口コミから紹介

では、子どもの日はみんなどのように過ごしているのでしょうか?

口コミを調査したところ、様々な過ごし方があることが分かりました。

  • ちらし寿司を一緒に作る
  • 料理を手伝う
  • ケーキを作る
  • 回転寿司を食べる
  • バーベキューをする
  • キャンプに行く
  • 遊園地に行く
  • 記念撮影をする

こどもの日はちらし寿司などお寿司を食べる人が多いことが分かりました。

ちらし寿司を家で作って食べる家庭も多かったですが、回転寿司を食べに行く人もいました。

回転寿司は子どもが楽しめるからいいですよね!

そして、一緒にご飯やケーキを作るという口コミも割と多かったです。

「母に感謝する」日でもあるので、お母さんのお手伝いをしながら楽しく料理をして過ごすのも良いですね。

このように、口コミをみると普段とはちょっと違った過ごし方をしている人が多いようでした。

我が家もお寿司を食べたり、遊園地に行ったりと子どもが喜ぶような過ごし方をすることが多いです。

こどもの日は特に過ごし方に決まりはありませんが、子どもの意見を尊重しつつ、家族で楽しく過ごせればいいのかなと思います。

スポンサーリンク

まとめ:こどもの日何をする?端午の節句の由来や過ごし方を調査!

こいのぼりや兜、五月人形を飾るのは端午の節句であり、こどもの日は特に何をするか決まりはありません。

こどもの日は「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」日だと定められています。

子どもを尊重しつつお母さんにも感謝をし、家族で楽しく過ごしましょう!

柏餅 葉っぱ 食べる
柏餅の葉っぱは食べる?実は食べない方がいい理由を紹介!柏餅に付いている葉っぱを食べるのか食べないのか迷ったことはありませんか? 同じ和菓子の桜餅の場合、葉っぱを食べる人は割と多いと思い...
こちらの記事もおすすめ!