トレンド

カップヌードルのフタ止めシールいつから廃止?新形状Wタブとは?

フタ 止めシール いつから

カップヌードルのフタ止めシールが廃止されることが決まりました。

カップヌードルといえば、フタが開かないようにフタ止めシールが付いていましたよね。

しかし、今回発売50周年を機に、このフタ止めシールを廃止し、新形状のフタ 「Wタブ」 を採用することになりました。

このフタ止めシールの廃止により、なんと年間33トンのプラスチック原料を削減できるんだそうです。

環境にやさしい取り組みですね!

このフタ止めシールの廃止はいつからなのでしょうか?

そこで今回は、

  • フタ止めシールはいつから廃止?
  • 新形状のフタ 「Wタブ」の特徴
  • フタ止めシールはいつからある?

これらの内容について紹介していきます。

スポンサーリンク

カップヌードルのフタ止めシールはいつから廃止?

カップヌードルといえば、フタが開かないようにフタ止めシールが付いていましたが、発売50周年を機に、このフタ止めシールを廃止することが決まりました。

フタ止めシールがなくなると、「どうやってフタを止めるの?」という疑問が出てきますが、フタの形状が変わります。

今後は、新形状のフタ 「Wタブ」 になるそうです。

フタ止めシールから「Wタブ」への移行は、2021年6月より順次行っていく予定です。

新形状のフタの場合、このようなパッケージに切り替わるようなので、カップヌードルが新形状になっているかどうか分かりやすいですね。

今回のフタ止めシールの廃止により、年間33トンのプラスチック原料を削減できるそうです!

環境問題に積極的に取り組む姿は素敵ですね。

フタの形状が変わったことで、開けるのに失敗したという口コミが…。

最初は慎重に開けた方がいいのかもしれません。

可愛くて癒されますね!

2021年9月現在、新形状のフタはだいぶ浸透してきているようです。

スポンサーリンク

新形状のフタ 「Wタブ」の特徴

新形状のフタ 「Wタブ」は、どのような特徴があるのでしょうか。

「Wタブ」という名前の通り、開け口を2つに増やしたフタとなっています。

2つあることで、シールがなくてもしっかり止められます。

シールをはがす手間がなくなるので、これは便利そうですね!

フタの形状が変わるのは、発売開始50年目で初なんだそうです。

スポンサーリンク

フタ止めシールはいつからある?

そもそもフタ止めシールはいつからあったのでしょうか?

調査したところ、

1984年から付いていたそうです。

37年も続いていたとはビックリです。

こんなに長い歴史があるのに、実はフタ止めシールの存在自体を知らない人も結構いました。

私も箸を置くことが多かったので、フタ止めシールは使ったり使わなかったりでした。

ずっと当たり前のようにあったものがなくなるのは、ちょっと寂しい感じもしますね。

スポンサーリンク

まとめ:カップヌードルのフタ止めシールいつから廃止?新形状Wタブとは?

カップヌードルのフタ止めシールは、新形状のフタ 「Wタブ」に2021年6月より順次切り替えを行っていくそうです。

開け口を2つに増やしたフタ「Wタブ」は今後売り場に増えていきます。

ちょっと寂しい気持ちもありますが、環境問題のことも考えたこの取り組みは素晴らしいと思います。

今後もカップヌードルを変わらず食べ続けていきたいですね。

カップ麺 残り汁 捨て方
カップ麺汁の捨て方は?スープを固める市販の凝固剤が便利でおすすめ!カップ麺を食べた後の残り汁はどうやって捨てたらいいのでしょうか。 家で食べる場合、シンクに流して捨てる人が多いと思います。 ...
こちらの記事もおすすめ!