生活の知恵

花粉症の時期に洗濯物は夜干しできる?時間帯や干し方のコツを紹介

花粉症 洗濯物 夜干し

花粉症の時期は、洗濯物への花粉の付着が気になります。

私も花粉症ですが、外に干した洗濯物を取り込んだときに、くしゃみが止まらなくなった経験があります。

外に干すとどうしても付いてしまう花粉。

花粉症の人にとっては大きな悩みですよね…

洗濯物の花粉症対策として、日中は花粉の量が多いので夜に干そうと考えている人もいると思います。

花粉症の時期は、洗濯物を夜干しした方がいいのでしょうか?

夜干しもできれば控えた方がいいです。

夜にも花粉は付着するので、花粉症の時期はなるべく部屋干しにするのが1番おすすめです。

その理由について詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

花粉症の時期に夜干しはできる?

外に洗濯物を干していると、どうしても洗濯物に花粉が付いてしまいます。

特に日中は花粉が飛ぶ量が多いといわれているので、花粉が少ない夜に干すことを考えている人もいるはず。

花粉症の時期は、夜に洗濯物を干したらいいのでしょうか?

残念ながら、夜干しでも花粉はついてしまいます。

花粉が飛ぶ量が多いといわれる時間帯は、11~15時ごろだといわれています。

確かに夜だと花粉のピークは過ぎているので昼よりはマシです。

しかし、夜でも花粉は舞っています

夜は花粉の量が少ないですが、日中舞っていた花粉が地面に落ちており、風が吹くことで花粉が舞い上がって洗濯物に付いてしまうんです。

そのため、花粉症の時期は夜干しも控えた方がいいでしょう。

部屋干しが1番おすすめです。

夜もなるべく部屋干しにした方が花粉症の人は安心です。

スポンサーリンク

洗濯物を外に干す時間帯や干し方のコツ

花粉症の時期はできるだけ部屋干しをした方がいいことが分かりました。

しかし、「できれば洗濯物は外に干したい」という人もいると思います。

外に干したい場合、いくつかコツがあるので紹介します。

  • 花粉が多い日は外に干さない
  • 時間帯は花粉のピーク(11~15時ごろ)を避けて干す
  • 洗濯は柔軟剤を使う

それぞれ詳しく説明します。

スポンサーリンク

花粉が多い日は外に干さない

まず大事なのは、花粉が飛ぶ量が多い日は外に干さないことです。

どんな日が多いかというと、

  • 晴れている日
  • 湿度が低い日
  • 最高気温が高い日
  • 雨が降った翌日

1番花粉が飛ぶといわれているのが、雨が降った翌日でカラっと晴れている日です。

雨が降っている日は花粉が少ないのですが、翌日に湿度が低くカラっと晴れ、さらに風が強くなると花粉がかなり飛びやすくなります。

このような日は特に避けた方がいいでしょう。

いわゆる洗濯日和は花粉が飛ぶ量が多いと思っておいたらいいですね。

残念ですが、洗濯日和の日は外に干すことは我慢しましょう。

時間帯は花粉のピーク(11~15時ごろ)を避けて干す

洗濯物を干す時間帯にも気を付けましょう。

干す時間帯は、11~15時ごろの花粉が飛ぶ量のピークを避けて干すのがおすすめです。

気温が下がり始める夕方ごろは、花粉の飛ぶ量が徐々に少なくなって落ち着いていきます。

外に干したい場合は、早朝か夕方を狙って干せば、花粉の付着をちょっとでも減らすことができます。

スポンサーリンク

洗濯は柔軟剤を使う

洗濯をするときにも1つポイントがあります。

実は柔軟剤は花粉の付着を防いでくれる効果があります。

衣類に花粉が付く原因は静電気なんです。

柔軟剤を使うと

  • 摩擦が減って静電気そのものの発生が減る
  • 繊維の表面を覆うので、静電気が発生してもすぐに流れ出てくれる

実はこのように静電気を防止してくれる効果があります。

そのため、柔軟剤を使うと花粉が付着しにくくなるという効果が得られるんです。

花粉症の時期は柔軟剤を使って洗濯をしましょう!
スポンサーリンク

洗濯物を取り込むときにやっておきたいこと

外に干したときは、洗濯物を取り込むときにもやっておきたいことがあります。

  • 乾いたらすぐ洗濯物を取り込む
  • 洗濯物を手でパタパタと振り払ってから取り込む

まずは、花粉の付着をちょっとでも減らすため、乾いたらすぐに取り込みましょう。

そして取り込むときに洗濯物を手でパタパタと振り払います。

そうすることで洗濯物に付いてしまった花粉をある程度落とすことができます。

  • Tシャツ…60%
  • タオル…40%

ちょっと手で振り払うだけで、これだけ花粉が落とせるといわれているんです。

部屋に花粉が入らないよう、外でしっかり花粉を振り落としてから取り込みましょう。

スポンサーリンク

布団は布団乾燥機が超便利!

洗濯物だけでなく、布団に花粉が付くことも悩みの1つですよね。

布団も洗濯物と同じように布団たたきで振り払うのがおすすめです。

たたくのはNGです!

布団たたきでバンバンたたいてしまうと、花粉が布団の中に入り込んでしまいます。

布団をなでるように上から下へ振り払って花粉を落としましょう。

布団を取り込んだあとは布団クリーナーを使って花粉を吸うとさらに効果的です。

布団クリーナーがなければ、布団用ノズルでもOKです。

外に布団を干したくない人は布団乾燥機が便利ですよ!

そもそも布団を外に干したくないという人には、布団乾燥機がかなりおすすめです。

私も最近使い始めたのですが、1台家にあると年中使えて本当に便利です。

花粉症の時期だけでなく、梅雨など天気が悪く布団が干せないときにも大活躍しています!

布団乾燥機の詳しい紹介はこちらの記事でしていますので、よかったら参考にご覧ください。

カラリエ ツインノズル 口コミ
【カラリエ 】ツインノズル(FK-W1)口コミ|布団乾燥機を使った感想カラリエのツインノズル(FK-W1)を紹介します。 梅雨や真冬など天気が悪い時には布団を外に干すことができません。 特に小さ...
スポンサーリンク

部屋干しにおすすめの方法

花粉症の時期の洗濯物は、部屋干しが1番おすすめです。

でも部屋干しだと、生乾きの臭いや菌の繁殖が気になりますよね。

部屋干しするときは次のことに気を付けてください。

  • 部屋干し用の洗濯洗剤を使用する
  • 除湿器やサーキュレーターを使って乾かす

まずは生乾きの臭いをおさえてくれる部屋干し用の洗濯洗剤を使いましょう。

そして乾かすときは除湿器を使うのがおすすめです。

除湿器を使うと、

  • 湿度を下げてくれる
  • 洗濯物が乾くスピードが短縮される

この2つの効果により、菌の繁殖をおさえてくれます

除湿器を使う場合、サーキュレーターと併用するとさらに部屋干し時間が短くなっておすすめです。

詳細はこちらの記事で紹介しています。

除湿器とサーキュレーターの効果
除湿器とサーキュレーターの併用が部屋干しに効果的でオススメな理由梅雨の時期など天気が悪い日が続くと大変なのが洗濯。 部屋干しは洗濯物が乾くのに時間がかかり、ストレスを感じている人も多いと思います...

まとめ:花粉症の時期に洗濯物は夜干しできる?時間帯や干し方のコツを紹介

花粉症の時期はできるだけ部屋干しをするのがおすすめです。

夜は日中に干すよりはマシですが、花粉の付着は避けられないと思っておいた方がいいでしょう。

花粉の付着を減らすため、干す時間帯や干し方などを意識するといいですよ。

布団は布団乾燥機が便利でおすすめです。

カラリエ ツインノズル 口コミ
【カラリエ 】ツインノズル(FK-W1)口コミ|布団乾燥機を使った感想カラリエのツインノズル(FK-W1)を紹介します。 梅雨や真冬など天気が悪い時には布団を外に干すことができません。 特に小さ...

部屋干しは除湿器とサーキュレーターの併用が効果的でおすすめです。

除湿器とサーキュレーターの効果
除湿器とサーキュレーターの併用が部屋干しに効果的でオススメな理由梅雨の時期など天気が悪い日が続くと大変なのが洗濯。 部屋干しは洗濯物が乾くのに時間がかかり、ストレスを感じている人も多いと思います...
こちらの記事もおすすめ!