在宅ワーク

ランサーズとクラウドワークスを徹底比較!在宅ワークにオススメは?

ランサーズ クラウドワークス 比較

在宅ワークを始めるためにクラウドソーシングサイトへの登録を考えている人もいると思います。

クラウドソーシングサイトの代表と言えばランサーズクラウドワークスです。

ランサーズとクラウドワークスの違いは何か、どちらに登録するべきか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

どちらに登録しておくのがオススメ?
両方登録するのがオススメです♪

ランサーズとクラウドワークスを在宅ワークをする上で気になる項目ごとに比較してみました。

ランサーズクラウドワークス
案件数の多さ
仕事の探しやすさ
安全面
手数料

比較したところ、大きな差はないことが分かるかと思います。

結論から言うと、ランサーズとクラウドワークス両方登録しておき両方で仕事を探すのがオススメです。

どちらも日本最大級のクラウドソーシングサイトなので、安全面でも優れており、案件も豊富です。

在宅ワーク初心者であれば、同時に利用することで仕事が見つかる可能性が自然と高くなります。

私はランサーズで仕事をもらえました。

おかげさまでランサーズで良い出会いがあったのですが、クラウドワークスにも魅力的な仕事はたくさんありました。

今回は、実際に在宅ワークを1年以上やっている私が、ランサーズとクラウドワークスについて徹底比較していきます。

ランサーズとクラウドワークスを徹底比較!

それでは早速、ランサーズとクラウドワークスを徹底比較していきます。

今回は次の4つの項目で比較をしました。

ランサーズクラウドワークス
案件数の多さ
仕事の探しやすさ
安全面
手数料

細かい違いはあるものの、両者に大きな差はありませんでした。

それぞれの項目について詳しく説明します。

案件数が多いのは「クラウドワークス」

2020年2月現在、案件数(募集中の仕事のみ)を調べたところ、

  • ランサーズ    … 3,725
  • クラウドワークス … 9,361

このようになっており、クラウドワークスの方が圧倒的に多かったです。

仕事のカテゴリ数を見ても、クラウドワークスの方が豊富です。

ランサーズランサーズ
クラウドワークスクラウドワークス

案件数が多い分、仕事が見つかりやすいので案件数で見るとクラウドワークスの方が有利です。

仕事の探しやすさは「ランサーズ」

たくさんある仕事の中で自分にピッタリな仕事を見つけるのは大変です。

そこで、仕事の探しやすさで比較していきたいと思います。

例えばライターの仕事を検索した結果の画面を比較してみます。

ランサーズランサーズ
クラウドワークスクラウドワークス

個人的にはランサーズの方が情報量が多くて分かりやすいと感じました。

特にクライアントの発注数や評価が検索結果画面で見られるのは便利です。

どんなクライアントが募集しているかは気になる部分なので、仕事の詳細を見る前に分かるのは嬉しいポイントです。

また、「経験者優遇」「初心者OK」「継続依頼あり」といった条件まで表示されているので、詳細を見なくても一覧で判断がしやすいのが特徴です。

絞り込み条件もランサーズの方が多くて絞り込みやすいです。

ランサーズランサーズ
クラウドワークスクラウドワークス

仕事の探しやすさはランサーズの方に軍配が上がります。

安全面は「ランサーズ」

クラウドソーシングサイトを利用するとなると、ネット上のでやり取りとなるので安全面が心配です。

特に報酬がちゃんと支払われるのか不安に思っている方が多いと思います。

報酬についてはランサーズもクラウドワークスも作業開始前に報酬の仮払いが行われるので報酬が支払われないというリスクはありません。

納品してから正式に支払いがされます。

仮払い制度のおかげで「納品したのに報酬が支払われない」という心配がなく、どちらも安心して利用できます。

安全面を他の観点から見てみると、本人確認などの認証システムについてはランサーズが上です。

それぞれのクライアントの評価画面をお見せします。

ランサーズランサーズ
クラウドワークスクラウドワークス

ご覧の通り、ランサーズの方が認証項目が多く、4つあります。

  • 本人確認
  • 機密保持確認
  • 電話確認
  • ランサーズチェック

4つの認証が完了済みかどうかがプロフィールで表示されるようになっています。

クラウドワークスは本人確認のみとなっています。

認証が多ければ多いほど安心感があり、クライアントの信頼度が上がって申し込みがしやすくなります。

安全面は認証項目の多さからランサーズが上です。

手数料が安いのは「クラウドワークス」

ランサーズもクラウドワークスも登録は無料ですが、手数料がかかります。

  • システム手数料
  • 振込手数料

この2つの手数料についてまとめてみました。

ランサーズクラウドワークス
10万円以下の部分20%20%
10万円超20万円以下の部分10%10%
20万円超の部分5%5%
振込手数料楽天銀行:110円
それ以外:550円
楽天銀行:100円
それ以外:500円

まずはシステム手数料について説明します。

システム手数料は報酬金額によってそれぞれ違っており、報酬が上がるにつれ20%、10%、5%と変わってきます。

システム手数料はランサーズもクラウドワークスも変わりません

次に振込手数料ですが、受け取った報酬を自分の口座に振り込む時に手数料がかかります。

こちらは10~50円の差ではありますが、クラウドワークスの方が安くなっています

ランサーズもクラウドワークスも楽天銀行のみ手数料が安くなっています

楽天銀行以外の口座だとどちらも手数料が約500円もかかってしまうので、どちらを利用するにしても楽天銀行の口座を作っておくのがオススメです。

私も在宅ワークを始める時に楽天銀行の口座を作りました。

無料で口座を開設できますし、作っておいて損はないのでこの機会に楽天銀行の口座を作っておくと手数料を抑えられてお得です。

楽天銀行口座開設はこちら
楽天銀行

まとめ:在宅ワークを始めるならランサーズとクラウドワークス両方使おう

ランサーズとクラウドワークスについて、在宅ワークを始める上で気になる項目ごとに比較し、まとめました。

ランサーズクラウドワークス
案件数の多さ
仕事の探しやすさ
安全面
手数料

ご覧の通り、大きく差はないことが分かります。

案件数の多さはクラウドワークスなので、母数の多さから仕事が見つかりやすいのはクラウドワークスとなります。

安全面を重視すると、認証項目の多いランサーズの方が安全となります。

結論は、どちらも登録するのがオススメです。

実は私も両方登録して、両方で仕事を探していました。

何度も応募をし、運よく仕事をもらえたのがランサーズでした。

ランサーズとクラウドワークス両方登録しておき、同時に探すことで良い仕事に巡り合える可能性が高くなります

どちらが良いということはないので、可能性を広げるためにどちらも利用してみましょう。

ランサーズについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。

ランサーズ 在宅ワーク初心者 稼ぐ方法
在宅ワーク初心者が【ランサーズ】で仕事をもらって稼ぐ4つの方法在宅ワークを始めてみようか検討している方の中には、 本当に自分にも在宅ワークができるのか? どんな仕事ができるのか分...

ランサーズはこちら/

クラウドワークスについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。

クラウドワークス 初心者 稼ぐコツ
【クラウドワークス】副業や在宅ワークで初心者が安定して稼ぐコツ空いた時間に副業で稼ぎたい人、小さい子どもがいて隙間時間に稼ぎたい人など、何かしら収入を得たいと考えている人もいると思います。 そ...

クラウドワークスはこちら/

【ママワークス】子育て中のママも稼げる?評判や口コミを徹底紹介子育て中のママの中には、毎日子育てに奮闘しながらも、何か自分でも稼ぐことはできないかと考えている方もいるかと思います。 私もそうで...
BASE 副業初心者にオススメ
【BASE】副業でネットショップを作りたい初心者にオススメする理由副業でネットショップを開設したいと思っている方は、どこでネットショップを開設するべきか悩んでいる方も多いと思います。 楽天など大手...
こちらの記事もおすすめ!