役立ち情報

搾乳のメリットとデメリット【オススメのピジョンの手動搾乳器をレビュー】

搾乳のメリット・デメリット ピジョンの搾乳器

母乳が思うように出なかったり、母乳を直接あげることができなかったりと、搾乳が必要になる場合がありますよね。

私も母乳量を増やすために、搾乳をしていた時期がありました。

搾乳は、

  • 母乳の分泌が良くなる
  • 哺乳瓶で母乳をあげることができる
  • 母親以外でも母乳をあげることができる
  • おっぱいが張った時の張りを解消できる

といったメリットがあります。

しかし、搾乳は大変な作業です。

特に赤ちゃんに授乳する量が必要な場合、手で直接搾乳をすると手に大きく負担がかかってしまいます。

そんな時は搾乳器を使うと楽になります

私はピジョンの手動搾乳器を使っていました。

ピジョンの手動搾乳器の最大の特徴は、搾乳して出てきた母乳をそのまま保存して飲ませることができることです。

出てくる母乳を受ける容器が哺乳瓶になっています。

入れ替える手間がなく衛生的なのでオススメです。

今回は、私の体験談をもとに、搾乳について詳しくお話していきます。

搾乳におけるメリット・デメリット

搾乳をする目的はいくつかあります。

まずはその目的を簡単にまとめました。

  • 預け先で母乳をあげてもらうため
  • 直接母乳をあげられないため(乳頭に問題がある、赤ちゃんが未熟児など)
  • おっぱいが張って痛い時に張りを和らげるため
  • 母乳量を増やすため

私はおっぱいが張って痛い時母乳量を増やすために搾乳を行った経験があります。

産後はおっぱいが張りやすいので、搾乳をして楽になったことが何度もありました。

そして、私の搾乳の1番の目的は母乳量を増やすためでした。

このように、様々な目的で搾乳は行われます。

しかし、搾乳にはメリットもデメリットもあります。

搾乳のデメリット

まずは、搾乳のデメリットを紹介します。

  • 搾乳により授乳時間が長くなるのでストレスになる
  • 手動の搾乳の場合、手がすごく疲れて腱鞘炎になる

それぞれ詳しく説明します。

搾乳により授乳時間が長くなるのでストレスになる

赤ちゃんに飲ませる十分な量を搾乳するには時間がかかります。

私の場合、母乳量を増やすために搾乳をしていたので、授乳の後に毎回搾乳をしていました。

そのため、搾乳により授乳時間が長くなったので、かなりストレスを感じていました

授乳だけでも大変なのに、その後の搾乳は辛かったです。

特に夜中の搾乳は強いストレスがありました。

その時の対処法について、こちらの記事にまとめてありますので、よかったらご覧ください。

夜中の搾乳が辛い時の対処法
夜中の搾乳が辛い!授乳時間がストレスになった時の対処法母乳の量が少なくて、搾乳をしている人もいると思います。 私には子どもが2人いますが、2人とも母乳の量が少なかったので、産院から搾乳...

手動の搾乳の場合、手がすごく疲れて腱鞘炎になる

搾乳を手や手動の搾乳器で行うと、手をずっと動かさなければいけないため、手がものすごく疲れます

私もひどい時は腱鞘炎になりました。

楽に搾乳できるのは電動搾乳器です。

ただし、価格が倍ぐらい違うので電動搾乳器の場合お金がかかるのがデメリットになります。

搾乳のメリット

続いて、搾乳のメリットを紹介します。

  • 母乳の分泌が良くなる
  • 哺乳瓶で母乳をあげることができる
  • 母親以外でも母乳をあげることができる
  • おっぱいが張った時の張りを解消できる

それぞれ詳しく説明します。

母乳の分泌が良くなる

母乳の量が少ない場合、搾乳をして母乳に刺激を与えることで母乳の分泌量が増えていきます

実際に、私も搾乳を続けていくうちに出てくる母乳の量が増えていきました。

母乳は刺激が少ないとどんどん出なくなってしまうので、1日に何度も搾乳をしてあげることで、母乳の分泌が良くなっていきます。

哺乳瓶で母乳をあげることができる

  • 乳頭に問題がある
  • 赤ちゃんが未熟児

といった理由で、直接おっぱいで授乳をすることができない場合があります。

そんな時は搾乳をすることで哺乳瓶で赤ちゃんに母乳をあげることができます

母親以外でも母乳をあげることができる

長時間預ける時など、赤ちゃんと離れる場合にも搾乳は便利です。

搾乳をして、母乳が入った哺乳瓶を預け先に渡せば、母親以外の人でも母乳を赤ちゃんにあげることができます

おっぱいが張った時の張りを解消できる

産後は特におっぱいが張って痛い時があります。

私も激痛でした…

そんな時に搾乳をして母乳を出すだけで、おっぱいの張りが解消されてすごく楽になります

搾乳器を使うメリットとデメリット

搾乳は手で絞ることもできます。

しかし、毎日手で絞るとなるとかなりの重労働で大変です。

そこでオススメなのが搾乳器を使うこと

搾乳器を使う場合にも、メリットとデメリットがあるので説明します。

搾乳器を利用するデメリット

まずは、搾乳器を利用するデメリットを紹介します。

  • コストがかかる
  • 洗浄や消毒の手間がかかる

それぞれ詳しく説明します。

コストがかかる

私はピジョンの搾乳器を使っていました。

ピジョンの搾乳器には手動と電動がありますが、

  • 手動タイプ:4,030円
  • 電動タイプ:8,370円

※2019年11月Amazon調べ

手動タイプが約4,000円で、電動タイプになると倍の約8,000円になります。

搾乳器を使うとそれなりにコストがかかります

洗浄や消毒の手間がかかる

搾乳器を使う場合、1番手間になるのが洗浄消毒です。

私も搾乳器を使うたびにパーツを外して洗浄し、消毒をしていました。

消毒が終わったらパーツを組み立てます。

この作業が頻回授乳で大変な時にはすごく手間に感じました。

搾乳器を利用するメリット

続いて、搾乳器を利用するメリットを紹介します。

  • 手で搾乳するより搾乳時間が短縮できる
  • 手で搾乳するより手が疲れにくい
  • 直接哺乳瓶の容器に溜まる搾乳器だと便利で衛生的

それぞれ詳しく説明します。

手で搾乳するより搾乳時間が短縮できる

手で絞るより効率良く搾乳ができるので、搾乳時間が短縮されます

電動はもちろんですが、手動搾乳器もハンドルを握るだけなので手間が減って時間短縮となります。

特に頻回授乳で大変な時にはこの搾乳時間の短縮がありがたく感じました。

手で搾乳するより手が疲れにくい

手で搾乳をしたことがありますが、力が必要なのでとても疲れます。

しかし、搾乳器は手動タイプでもハンドルを握るだけで絞ることができるので手への負担を減らすことができて楽になります

直接哺乳瓶の容器に溜まる搾乳器だと便利で衛生的

搾乳器を使わない場合、幅が狭い哺乳瓶の容器に直接入れるのは大変です。

しかし、搾乳器の中には絞った母乳を直接哺乳瓶の容器に溜めることができるものがあります。

私が使っていたピジョンの搾乳器もそのタイプです。

このタイプは、哺乳瓶に移し替える必要がないので便利で衛生的です。

搾乳を長く続けていくなら搾乳器を使うのがオススメ

搾乳器は紹介した通り、コストや洗浄の手間がかかります。

しかし、搾乳を続けるなら搾乳が楽になる搾乳器を使うのがオススメです。

手で絞るのはかなり大変です。

特に産後すぐは、頻回授乳だけでもクタクタなのに、そこに搾乳まで加わると大きなストレスとなります。

搾乳を続けるのであれば、コストや手間よりも、楽さを選ぶ方がメリットが大きいと思います。

手動搾乳器と電動搾乳器の特徴を比較

搾乳器には大きく2種類あります。

  • 手動搾乳器
  • 電動搾乳器

それぞれの特徴を、ピジョンの搾乳器を例に比較してみます。

価格手の負担吸引圧重さ
手動搾乳機4,030円多い自分の力加減で調節可能290g
電動搾乳器8,370円少ないダイヤルで簡単に6段階調節可能522g

※2019年11月Amazon調べ

まず価格ですが、手動と電動では倍ぐらい違うので、コストをかけたくないなら手動搾乳器がオススメです。

そして重さも倍ぐらい違うので、持ち運びに便利なのは手動搾乳器です。

手動搾乳器は価格の安さと軽さが魅力です♪

手動搾乳器はハンドルを握って自分の力加減で吸引圧を調節できるのがメリットですが、搾乳できるまで握り続けなければいけないので、手がすごく疲れるのが最大のデメリットです。

一方、電動搾乳器はダイヤル操作で吸引圧を簡単に調節することができ、手動搾乳器に比べると搾乳が楽になり時間もかからないのが最大のメリットです。

電動搾乳器は搾乳の楽さが魅力です♪

この特徴を踏まえて、手動搾乳器か電動搾乳器を選ぶのがオススメです。

オススメのピジョンの手動搾乳器を実際に使ってみたレビュー

私は手動搾乳器と電動搾乳器で迷いましたが、

  • 産院で手動搾乳器を使った経験があった
  • 搾乳を続けるか分からないのでコストの低い手動搾乳器が良かった

このような理由により、手動搾乳器を選びました。

そこで購入したのが、ピジョンの手動搾乳器です。

この手動搾乳器を実際に使ってみたレビューをしていきます。

  • 手が疲れて腱鞘炎になりやすい
  • 哺乳瓶に絞った母乳をそのまま保存できるので便利で衛生的
  • 片手で簡単に搾乳ができる

手が疲れて腱鞘炎になりやすい

疲れにくい工夫がされているとはいえ、搾乳を長く続けていると手はやはり疲れてきます。

私の場合、右5分、左5分の計10分の搾乳を授乳の度にしていました。

これを約3時間おきに行っていたので、手が疲れて腱鞘炎になったこともあります。

ただし、手が疲れるのはどのメーカーの手動搾乳器でも同じです。

どの手動搾乳器を選んでも握り続けることは同じなので、手動搾乳器で搾乳を続けていくのであれば、手への負担は必ずかかると思っておいた方がいいと思います。

哺乳瓶に絞った母乳をそのまま保存できるので便利で衛生的

ピジョンの手動搾乳器の1番のオススメポイントが、絞った母乳をそのまま保存できること

ピジョンの手動搾乳器は、160mlの哺乳瓶新生児用の乳首が付いてきます。

その哺乳瓶に搾乳器具を付けて搾乳をするので、出てきた母乳が哺乳瓶に入ります。

母乳が入った哺乳瓶に、乳首とキャップを付けてそのまま保存することができるのがすごく便利でした。

母乳を移し替える必要がなく、衛生面でも安心でした。

片手で簡単に搾乳ができる

強い力が必要なく、片手で簡単に搾乳することができました。

また、おっぱいが痛くなることもなく、十分な母乳量を搾乳できました。

握る強さで吸引圧を自分で微調整できるのも魅力的です。

ハンドルの位置をくるっと回して自分が操作しやすい位置に調節することもできます。

ピジョンの手動搾乳器は、手への負担を減らす工夫がたくさんされていると感じました。

まとめ:搾乳を続けるのであれば搾乳器を使うのがオススメ

搾乳により、母乳量が増えていったのは実感としてありました。

搾乳は手で直接搾乳することもできますが、すごく大変です。

搾乳を続けていくのであれば、搾乳器を使うことをオススメします。

私は手動搾乳器を使いましたが、

搾乳を続けるか分からないしコストをかけたくない ⇒ 手動搾乳器

搾乳を続けるつもりだし手間をかけたくない ⇒ 電動搾乳器

このように選ぶのをオススメします。

搾乳して出てきた母乳をそのまま保存して飲ませることができるピジョンの搾乳器は、個人的に使いやすかったのでオススメです。

ピジョンの電動搾乳器はこちらです。

こちらの記事もおすすめ!