役立ち情報

絵本の読み聞かせが下手で苦手な人に!代わりに読んでもらう方法を紹介

絵本 読み聞かせ 下手

絵本の読み聞かせって難しいですよね。

私も読み聞かせが下手だという自覚があるので、苦手意識がすごくあります。

子どもと一緒に、保育士さんなど上手な人の読み聞かせを普段聞いているから、余計に自分が読むのが嫌になってしまいますよね。

苦手なので、読み聞かせはあまりしたことがありません…

読み聞かせのコツを習得して、読み聞かせをがんばる、という方法も確かにあります。

でも「忙しくて時間がない」「そもそも自分が本を読むのが苦手」など、どうしても読み聞かせに時間を割けない、好きになれない人もいると思うんです。

そんな読み聞かせが下手で苦手な人でも読み聞かせができてしまう、おすすめの方法を今回は紹介したいと思います!

オーディオブックを活用しましょう!!

オーディオブックはその名の通り「聴く本」です。

オーディオブックを利用すれば、

  • 自分の代わりに絵本の読み聞かせをしてくれる
  • 聴いている間ママは自分の時間が作れて楽できる
  • 外出先でもスマホ1つで聴かせられるので荷物にならない

このようなメリットがあるんです。

特に、Audible(オーディブル)というサービスがかなり使えるんです!

30日間の無料体験もあるので、完全無料で試すこともできますよ。

絵本の読み聞かせが下手なら、オーディオブックに代わりにしてもらいましょう!

その間にママは自分の時間を作ることもできますよ。

30日間の無料体験あり/

今回は、オーディオブックが絵本の読み聞かせにおすすめな理由について、詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

絵本の読み聞かせが苦手に感じる3つの理由

絵本の読み聞かせがなぜ苦手に感じてしまうのか?

まずはその理由についてちょっと考えてみましょう!

  • 抑揚をつけて読めない
  • 読むことに集中しすぎてしまう
  • 子どもが聞いてくれない

私が思う、絵本の読み聞かせが苦手な理由はこの3つです。

スポンサーリンク

抑揚をつけて読めない

保育士さんは抑揚をつけて上手に絵本を読んでいますよね。

リズムをつけたり、声色を変えたりすることで、子どもも興味を持ちやすくなります。

この抑揚をつけた読み方が自分もできればいいのですが、これがなかなか難しい。。。

特に1~2歳向けの絵本は、擬音が多い絵本も結構ありますよね。

 

例えば実際に我が家にあるこの「ぴょーん」という絵本。

本をめくる度に、生き物が「ぴょーん」と飛び跳ねています。

何度も「ぴょーん」が出てくるので、声色やリズムを変えて言いたい気持ちはあるのですが、どうしたらいいのか分かりません(笑)

この抑揚をつけて読むという部分に、苦手意識を感じている人は結構多いのでないかと思っています。

読むことに集中しすぎてしまう

文章が多めの絵本だと、今度は読むことに集中しすぎてしまうのが問題です。

本当は子どもの反応を見ながら楽しく読めたらいいのですが、正確に読むことを意識しすぎて、「ただ本を読んでいる」状態になることもあります。

絵本は子どもが読めるように「ひらがな」ばかりで書かれていますが、これがまた大人には読みにくいんですよね。

だから集中しすぎてしまうんです…

何度も読んで慣れればいいのかもしれませんが…慣れるのも難しいですよね。

スポンサーリンク

子どもが聞いてくれない

せっかく読んでいるのに子どもが聞いてくれないと、親もやる気が出ないですよね。

自分の読み方にも問題があると分かっているので、「やっぱり上手な人が読まないと…」とちょっと落ち込んでしまい、嫌になってしまいます。

割り切って読み続けたり、切り上げたりすればいいのですが、子どもが聞いてくれないとモチベーションを保つのが正直難しいです。

スポンサーリンク

絵本の読み聞かせが下手ならオーディオブックに丸投げしよう!

絵本の読み聞かせがどうしても上手にできない、好きになれないなら、無理に読まなくてもいいと思います。

でも絵本の読み聞かせには、

  • 言語能力が高まる
  • 想像力を鍛えられる

子どもにこのような効果があるといわれています。

これを聞くと、なるべく子どもに絵本の読み聞かせをした方がいいのかなと思ってしまいますよね。

でも自分は読み聞かせが苦手…

そんなときは、代わりに読み聞かせをしてくれるオーディオブックを利用しましょう!

オーディオブックはその名の通り「聴く本」です。

様々な本をプロのナレーターや声優が朗読してくれます。

例えば超有名な声優、高山みなみさんがナレーターを務める「モモ」という作品のサンプル音声を聴いてみましょう。

画像下の三角マーク(Audible版のサンプルを聴く)を押せば、サンプル音声が聴けます。

どうですか??

聴いてみると、やっぱりプロの方は抑揚のつけ方など上手ですよね。

オーディオブックを利用すると、こんなメリットがあります。

  • 自分の代わりに絵本の読み聞かせをしてくれる
  • 聴いている間ママは自分の時間が作れて楽できる
  • 外出先でもスマホ1つで聴かせられるので荷物にならない

絵本の読み聞かせが苦手な人は、オーディオブックというサービスに丸投げしてしまうのも1つの手段ですよ!

全部自分ががんばろうとせず、たまにはオーディオブックに助けてもらいましょう。

スポンサーリンク

おすすめのオーディオブックはAudible

オーディオブックにも様々なサービスがあり、どれを選べばいいか悩みますよね。

私のおすすめは、Amazonが提供しているAudible(オーディブル)です。

Audible(オーディブル)がなぜ絵本の読み聞かせにおすすめなのか、その理由はこちらです。

  • ダウンロードしておけばオフラインでも聴くことが可能
  • 退会しても聴くことが可能
  • 購入後365日以内なら返品・交換が可能

オーディオブックは、オンライン上でしか聴けないのかと思っていたのですが、実はAudible(オーディブル)はオフラインでも聴くことが可能です。

これ、子育て中のママにはかなり嬉しいと思うんです。

電車の中など、外出先でも場所を気にせずオーディオブックを聴かせることができます!

電波のある場所や通信料を気にしなくていいのは嬉しいですよね。

さらに、有料会員を退会しても、1度ダウンロードしておけばいつまでも聴くことが可能です。

気に入った本は「永久的に聴ける」ということですね!

また、「絵本を買ってみたけど子どもが気に入らなかった」という場合もよくありますよね。

そんなときも、Audible(オーディブル)なら購入後365日以内なら返品・交換が可能なので、買い物に無駄がなくなります

ここまで紹介した内容は、実は有料会員のみの特典も含まれています。

有料会員だと月額1,500円(税込)かかりますが、うまく利用すればすぐ元が取れてしまうので、有料会員の方がお得です。

詳しい内容については、こちらで説明していますので、よかったらご覧ください。

audible 絵本
Audibleおすすめの絵本10選!寝かしつけにも使える人気の本を紹介!AmazonのオーディオブックサービスであるAudible(オーディブル)。 実は子ども向けの作品もたくさん取り扱いがあるので、マ...

他にも魅力的な特典がたくさんあるので、Audible(オーディブル)をぜひ検討してみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ:絵本の読み聞かせが下手で苦手な人に!自分で読まない楽すぎる方法とは?

絵本の読み聞かせが下手で苦手な人は、オーディオブックに頼るのがおすすめです。

オーディオブックを利用すれば、

  • 自分の代わりに絵本の読み聞かせをしてくれる
  • 聴いている間ママは自分の時間が作れて楽できる
  • 外出先でもスマホ1つで聴かせられるので荷物にならない

このようなメリットがあります。

Audible(オーディブル)なら30日間の無料体験があり、無料期間中に絵本を買って解約してしまえばお金がかからず試せます。

この機会にぜひ1度お試しください。

30日間の無料体験あり/

こちらの記事もおすすめ!