ベビー用品

シンプルな豆イス【カトージ 静かなパイプイス バルーン】をレビュー!

カトージ 静かなパイプイス バルーン 豆イス

ローテーブルで食事をしている場合、ベビーチェアにも色々あって何を選んだらいいか悩みますよね。

我が家は最初、リッチェルの2WAYごきげんチェアを使っていました。

とても使い勝手の良いベビーチェアなのですが、我が家は2歳差の兄弟なので、次男の離乳食が始まる頃にもう1つベビーチェアを用意する必要がありました。

そこで選んだのが「カトージ 静かなパイプイス バルーン」です。

カトージ 静かなパイプイス バルーン」は、

  • インテリアに馴染みやすいデザイン&カラー
  • 音が鳴らない
  • 子どもが座りやすい
  • 子どもが自分で持ち運びができる

このような特徴があり、シンプルで子どもも使いやすいベビーチェアでオススメです。

今回は、「カトージ 静かなパイプイス バルーン」についてレビューしていきます。

我が家が2つ目のベビーチェアに豆イスを選んだ理由

我が家は最初、リッチェルの2WAYごきげんチェアを使っていました。

このベビーチェアも使い勝手が良くてすごくオススメです。

しかし我が家の長男と次男は2歳差なので、次男の離乳食が始まる頃にはベビーチェアがもう1つ必要でした。

当時はローテーブルで食事をしていたので、ごきげんチェアをもう1つ買うことも考えたのですが、悩んだ末、新たに豆イスを買うことに決めました。

ごきげんチェアには次男を座らせ、豆イスには長男を座らせることにしました。

そもそもなぜ豆イスを選んだかというと、

  • 安く済むから
  • 家に豆イスがあれば何かと重宝すると思ったから

豆イスはごきげんチェアに比べると半分ぐらいの値段だったので、安く済むのがまず良かったです。

また、豆イスは昔からあって子どもが使いやすいイメージがあったので、家にあったら何かと重宝するのではないかと思いました。

音が鳴る豆イスは個人的に好きではなかったので、音が鳴らないものを条件で探して見つけたのが、「カトージ 静かなパイプイス バルーン」でした。

 

当時長男は2歳でした。

2歳だと、大人と同じテーブルでも食べられたので豆イスが活躍してくれました。

ベルトがないので時々立ち上がってしまうことはありましたが、この椅子でもちゃんと座って食べてくれました。

「カトージ 静かなパイプイス バルーン」のオススメポイント

それでは、「カトージ 静かなパイプイス バルーン」を実際に使ってみて分かったオススメポイントを紹介します。

  • インテリアに馴染みやすいデザイン&カラー
  • 音が鳴らない
  • 子どもが座りやすい
  • 子どもが自分で持ち運びができる

インテリアに馴染みやすいデザイン&カラー

シンプルで落ち着いたカラーなので、インテリアにも馴染みやすく、飽きの来ないデザインです。

当時2歳の長男のために買ったので、もっと可愛らしい豆イスを選んでもよかったのですが、結果この豆イスで正解でした。

落ち着いたデザインなので、ある程度大きくなっても使いやすい椅子です。

男の子でも女の子でも使えるデザインなのもポイントが高いです

この落ち着いたデザインが、個人的にはすごく気に入っています。

音が鳴らない

座ると音が鳴る豆イスもありますが、この豆イスは「静かなパイプイス」というネーミング通り、音が鳴りません

子どもは音が鳴った方が喜ぶかもしれませんが、毎日使うものなので、座るたびに音が鳴るのは煩わしいだろうと考えました。

豆イスを選ぶ時の1番の条件だったので、音が鳴らないものを買って本当によかったです。

子どもが座りやすい

座面は横幅は約27cm、縦幅は約26cmです。

子どもが座るには十分なスペースとなっているため、子どもが椅子に座りやすいです。

座面も程よいクッションになっているので、長時間座ってもお尻が痛くならないと思います。

子どもが自分で持ち運びができる

2歳ぐらいになれば、軽いので自分で椅子を持ち運ぶことができます

パイプがちょうど子どもが掴みやすいサイズなのも運びやすいポイントです。

子どもが自分で椅子を持ってきてくれるので、親としてもすごく楽でした。

「カトージ 静かなパイプイス バルーン」の残念ポイント

続いて「カトージ 静かなパイプイス バルーン」を実際に使ってみて感じた残念ポイントを紹介します。

  • テーブルが付いていない
  • テーブルに椅子の高さが合わない場合がある
  • 軽いので子どもが椅子ごと落下する危険がある

テーブルが付いていない

豆イスなので、テーブルが付いていません。

それを分かって豆イスを買いましたが、やはりテーブル付きの方が便利だと感じました。

特に離乳食の時期は、テーブル付きの椅子の方が便利です

大人と同じテーブルで食事をさせることもできますが、どうしても体とテーブルの間に隙間ができやすいため、

  • 子どもが食べにくくなる
  • 汚れやすくなる

といったデメリットがあります。

我が家も2歳の長男を大人と同じテーブルで食べさせていたのですが、床のカーペットを汚してしまったことが何度かありました。

豆イスはテーブルが付いていないので、上手に食べられない時期は、

  • 隙間ができにくいよう椅子の高さを調節する
  • テーブルを付ける

この2つの方法がオススメです。

専用のテーブルがあります。

これを付ければ、

  • 子どもがご飯を食べやすくなる
  • 子どもの脱出を防止できる

といったメリットがあります。

しかし、

  • テーブルの幅が狭いので食器があまり置けない
  • テーブルも豆イスと同じぐらいお金がかかる

というのがデメリットです。

我が家は安さも理由の1つで豆イスを買ったので、テーブルを付けたら倍ぐらいお金がかかることに不満を持ち、テーブルは買いませんでした。

テーブルに椅子の高さが合わない場合がある

我が家は豆イス専用のテーブルを付けなかったので、大人と同じテーブルで食べていました。

カトージ 静かなパイプイス バルーン」の座面の高さは約15cmです。

テーブルが座っている子どもの高さに合わなかったため、椅子の高さを調節する必要がありました。

最初はこのようにクッションを敷いていました。

しかし安定しづらいため、結果こうなりました。

赤い矢印の部分のように、椅子の足に夫がパイプのようなものを取り付けて高さを調節しました。

このパイプのようなものが何か忘れたのですが(笑)、椅子の高さを上げたことでテーブルの高さがちょうど良くなり、子どもが安定して座れるようになりました。

これは「カトージ 静かなパイプイス バルーン」だけに限った話ではありませんが、テーブルが付いていない椅子を選ぶと、子どもが食べやすいよう椅子の高さ調節が必要な場合があります

軽いので子どもが椅子ごと落下する危険がある

軽さが魅力的な一方、子どもが椅子の上に立ち上がってしまうと誤って落下する可能性があります。

このような感じで、子どもは椅子の上で立ち上がろうとします。

また、座面と背もたれの間に5cmぐらいの隙間があるので、その隙間に足を挟む可能性もあります。

我が子も落下したことがあるので、椅子の上に立たれるとちょっと怖いです。

まとめ:豆イス「カトージ 静かなパイプイス バルーン」はシンプルで子どもも使いやすくてオススメ

豆イスは、シンプルなデザインで子どもも使いやすく、買ってよかったベビーチェアの1つです。

「カトージ 静かなパイプイス バルーン」で1番のオススメポイントは音が鳴らないこと

座るたびに音が鳴る椅子は実家などで経験していますが、ちょっと煩わしいです。

音が鳴らず、落ち着いたデザインである「カトージ 静かなパイプイス バルーン」を買って正解でした。

 

今はダイニングテーブルに変わってしまったので食事では使っていませんが、リビングで子どもがお絵かきする時などに活躍しています

友人の子どもが来た時にも、さっと取り出して座ってもらえるので、何かと便利です。

豆イスは、これから子どもが大きくなっていっても活躍しそうなので、本当に1つ買っておいて良かったと思っています^^

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です