育児ノウハウ

トイレトレーニング成功への秘訣は「褒める」ことと「叱らない」こと

トイレトレーニング 褒める

「子どもは褒めて伸ばす」

子育てをしていると、よく耳にする言葉ですよね。

これは、トイレトレーニングにも当てはまるのです。

ここでは実体験をもとにトイレトレーニングのやり方や褒めることの大事さについて解説していきます。

トイレトレーニングはいつ始めればいい?

子どもが2~3歳になると、そろそろオムツを外さないと、と思う方も多いですよね。

オムツが外れれば、荷物も減ってお出かけが楽になるし、外せるなら早く外したいと思うものです。

では、トイレトレーニングをスタートするにはいつ頃がいいのでしょうか。

  1. 一人歩きがしっかりとできること(およそ2歳を過ぎてから)
  2. 大人の言うことがある程度理解でき、簡単な受け答えができること
  3. おしっこの間隔が2時間ぐらいあいてきていること

 

この3つが目安だと言われています。

子どもの心や体が、トイレに行くための準備が整っている状態なのかを親が見極める必要があります。

親が今外したいと思っても、子どもの準備が整っていない状態で始めると、思うように進まずつい怒ってしまい、余計にオムツを外すのが遅くなる原因となってしまいます。

まずは、子どもの様子をしっかり観察し、トイレトレーニングができる状態か判断しましょう。

トイレトレーニングに最適な時期

1番オススメの時期は春~夏にかけての季節です。

薄着で過ごす季節は、トイレに行っても服が脱ぎやすく、濡れても乾きやすいので親にとっても負担が少なくなります。

また、寒い時期に比べておしっこの間隔が空くのでトレーニングしやすいと言われています。

トレーニングパンツ

この暖かい時期に開始できるのが理想ですが、子どもの状態が最優先となるので様子を見て始めてください。

トイレトレーニングの進め方

では実際にどのように進めていけばいいのでしょうか。

トイレの環境を整える

トイレが暗かったり、匂いが気になると子どもがトイレですることに集中できなかったりトイレを嫌がる原因にもなります。

子どもの好きなキャラクターを壁に貼る、トイレできたよシールを準備するなど、子どものやる気を引き出すために、明るく楽しいトイレ環境を作りましょう。

DVDや絵本などで気持ちを引き出す

動画や絵本を見せることで、子どもにトイレへの興味を持たせることも1つの手です。

おしっこやうんちは、オムツではなくトイレでするんだということを親が口で説明するよりも効果的です。

トイレでするとはどういうことか、実際に親が見せてもいいですが、動画や絵本だと子どもがより興味を持ちやすいのでオススメです。

トイレの便座に座らせてみる

トイレに慣れてもらうため、実際に補助便座などを使って子どもを座らせてみます。

嫌がるようなら無理に座らせないようにしましょう。

生活リズムに合わせてトイレに誘って座らせることも大事なポイントです。

朝1番の寝起き、食事の後、お風呂に入る前、寝る前など、大人がトイレに行くのと同じタイミングで連れて行ってあげると子どもも間隔をつかめるようになってきます。

特に朝1番はおしっこがたくさん出やすいので、トイレでおしっこを出すという感覚がつかみやすくなります。

子どものサインに気づいてトイレへ誘おう

まず、子どもの様子をよく観察しましょう。

おしっこがしたい時、うんちがしたい時には何かしらのサインがあるはずです。

  • 股の辺りを触る
  • モゾモゾ動き始める
  • 突然動きが止まる
  • 前かがみになる
  • 顔が赤くなる
  • 隠れる

私の子どもは、おしっこの時は股の辺りをよく触っていました。

そして、うんちの時は突然動きが止まったり、ソファの下などに隠れていました。

 

何かしらサインが出ていると思うので、そのタイミングでトイレに誘ってみましょう。

パンツを履かせてみる

ある程度慣れてきたら、パンツを履かせてみましょう。

まずは、昼間の時間にパンツを履かせます。

パンツを履くことで、おしっこをするという感覚がより分かるようになります。パンツが濡れて気持ち悪いという感覚を知ることで、トイレでしたいという思いが芽生えるかもしれません。

失敗は必ずします。その時に叱らないことが大事です。

「大丈夫だよ。次はトイレでしようね」と声掛けをしてあげましょう。

外出先でパンツを履かせてみよう

昼間パンツで過ごすことができるようになったら、外出先でもパンツに挑戦してみましょう。

まずは、公園など子どもの多い場所がオススメです。

 

外出前には必ずトイレでおしっこをさせます。

そして、外出中も何度か「トイレ行く?」と声をかけるようにします。

外だと何かに夢中になってしまい、トイレに行くことを忘れてしまう場合があるので、親も声掛けを忘れないようにしましょう。

声掛けをしてあげると、子どもも外出先でもトイレを意識するようになってきます。

すぐ行けるように、トイレの場所をあらかじめ調べておくといいと思います。

そして、着替えやタオルなどは必ず持ち歩くようにします。

夜はいつパンツにする?

夜のおねしょに関しては、昼間とは違い、子どもの体の発達が関わってきます。

これは、トレーニングで何とかなるものではありません。

おしっこを溜めることができる体になっていないと、親がどうがんばっても子どもはおねしょをしてしまうのです。

朝起きて、オムツが濡れていない状態が続くようになったら、夜もパンツにしていいと思います。

それまでは無理にパンツにせず、オムツを履かせるようにしましょう。

そのうち自然とおしっこを溜められるようになってくるので、それまで待ちましょう。

褒めることが成功のポイント 失敗しても叱らないようにしよう

最後に、トイレトレーニング成功で1番大事なことです。

失敗しても叱らない

成功したら思いっきり褒める

 

これは、私の経験上本当に大事なポイントです。

 

長男の時、私は自分に余裕がなかったこともあって、失敗したら何度も叱ってしまいました。

その結果、完全にトイレを嫌がるようになりました

うんちに関しては、トイレで絶対したくなかったことと、オムツにしたら怒られると思っていたことがあって、1週間ぐらいうんちをしないことが続きました。

しかも、するときは家ではなく外出先でした。

家のトイレを完全に拒否していたのです。

叱ってしまったことを心から反省しました。

それでもなんとか5か月でオムツは外れましたが、褒めていればもっと早かったかもしれません。

 

次男は、長男の失敗から「叱らない。褒めよう!」と心に決めていました。

ちょっとでも成功したら「すごーい!!上手~!!」と大げさなぐらいに褒めました。

すると、ものすごく嬉しそうな顔をします。

偶然出ただけでも必ず褒めました。

パンツに漏らしてしまい「出ちゃった」と言った時も「出たって言えるの?すごいね」と褒めました。

トイレトレーニングの進め方

とにかくちょっとのことでも褒めるようにしました。

すると、次第に、自分から「トイレに行く」と言うようになりました。

トイレが嬉しくなって、数分おきにトイレに行きだすという困った事態にもなったりしましたが(^^;

次男はトイレトレーニングを始めて1か月で昼間オムツを濡らすことがほぼなくなりました。

うんちは完全にトイレでしています。

2歳可愛い

褒めることは本当に大事です。

失敗したときについ叱ってしまう気持ちはすごく分かります。

でも、叱らないであげてください。

まだ2~3年しか生きていない子です。失敗して当たり前です。

 

そして、焦らずに進めてください

長男の時は早く取れてほしくて焦ってしまいました。

だから失敗が続くとイライラしてしまい、叱ってしまったのだと思います。

親の焦りが子どものプレッシャーになり、トイレを嫌がる原因となったのです。

焦らずに、大らかな気持ちで臨みましょう。

 

できなければ、ちょっと時間をおいて再スタートでもいいと思います。

実際、次男に関してはそんなに焦らず、「早く外れたらいいなー」という気持ちでやっていました。

それも成功への近道かもしれません。

オムツを外そうとしていたけど、諦めてしばらく中断していたら急にできるようになった、という話も聞きます。

 

無理をしなくても、いつか必ずオムツは外れます。

褒めて子どものやる気や自信を育てながらトイレトレーニングを進めてみてくださいね。

トイレトレーニング成功の秘訣
トイレトレーニングはおまる?補助便座?それぞれの特徴と便利グッズの紹介トイレトレーニングを始めるとなると、まず必要になってくるのがおまるか補助便座ですよね。 トイレトレーニングの具体的な進め方について...
トレーニングパンツは必要
トレーニングパンツは必要ない?トレパンの種類と使い方を実体験をもとに紹介!トイレトレーニングが進むと、オムツからパンツへの移行が必要になってきます。 そこでパンツについて、次のような悩みが出てくるのではな...
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です