育児ノウハウ

トイレトレーニングはおまる?補助便座?それぞれの特徴と便利グッズの紹介

トイレトレーニング成功の秘訣

トイレトレーニングを始めるとなると、まず必要になってくるのがおまる補助便座ですよね。

トイレトレーニングの具体的な進め方についてはこちらの記事にまとめてありますので、よかったら参考にご覧ください。

トイレトレーニング 褒める
トイレトレーニング成功への秘訣は「褒める」ことと「叱らない」こと「子どもは褒めて伸ばす」 子育てをしていると、よく耳にする言葉ですよね。 これは、トイレトレーニングにも当てはまるのです。 ...

 

おまると補助便座にもいろいろなタイプがあります。

  1. おまる
  2. 補助便座に移行できるタイプのおまる
  3. 補助便座
  4. 踏み台付き補助便座

 

おまると補助便座、どっちを買えばいいの?

たくさん種類があるけど何を選べばいい?

 

私も何を使えばいいのか悩みました。

そこで今回は、実際に使っているトイトレグッズを紹介しながら、おまると補助便座についても紹介していきます。

おまると補助便座どっちがいい?

おまるも補助便座も、トイレトレーニングには欠かせないアイテムです。

子どもはまだ大人の便座に上手に座ることが難しく、補助便座なしで座るとトイレの中に落ちてしまう危険があり、トイレを怖がる原因にもなります。そのため、トイレに座らせる場合、補助便座があった方が安心です。

そして、おまるは持ち運びのできる子ども用の簡易トイレです。

どちらも、子どもがトイレトレーニングをスムーズに行えるように作られたグッズです。

どれを選んだらいいか迷いますよね。

我が家は補助便座にしました。

おまると補助便座それぞれの特徴と、我が家が補助便座を選んだ理由、実際に使った感想について書きたいと思います。

おまると補助便座、それぞれの特徴

おまるの特徴

  • 自分でまたがりやすく座りやすい
  • 足が地面にしっかり着くので子どもが安心できる、力みやすい
  • 移動できるので子どもの好きな場所ですることができる
  • 置く場所に困る場合がある
  • する度におしっこやうんちをトイレに流し、掃除をしないといけない
  • おまるで成功しても、もう1段階トイレ移行へのトレーニングが必要になってくる

補助便座の特徴

  • 初めからトイレの空間に慣れることができる
  • 直接トイレに用を足すことができ、そのまま流せる
  • 軽くて取り外しがしやすいので、汚しても掃除が楽
  • 足が地面につかないので不安定で子どもが怖がることがある
  • 1人で座れず親の補助がいる場合がある
  • 補助便座なしのトイレへの移行が楽

それぞれに、メリット、デメリットがあります。

この特徴を考慮し、我が家は補助便座を選択しました。

補助便座を選択した理由

どちらにするか選ぶとき、私は割と迷わず補助便座を選びました

理由としては、

  • 当時アパートで狭く、おまるを置くと邪魔になると思った
  • 毎回排泄物をトイレに持っていって流し、おまるの掃除をしなければいけないのが面倒
  • トイレに移行させる手間があるならもう初めからトイレで始めた方が効率が良い
  • 子どもがおまるを用を足す場所ではなく、遊びに使ってしまいそう

特に2つ目の理由が最大の決め手です。

毎度排泄物の処理をしなければならない状態が、絶対大きな負担になると思いました。そして、そのおまるをリビングなどに置いておくのが不衛生で嫌でした。

子どもが用を足しやすい点はいいかもしれませんが、またトイレで教えなければいけないのが二度手間だと感じました。

以上の理由から、補助便座を選びました。

座りやすさ重視で横に取っ手が付いたタイプを購入

補助便座にも、いろいろなタイプがあります。

  • 前に取っ手が付いたタイプ
  • 横に取っ手が付いたタイプ
  • 取っ手がないタイプ
  • 踏み台付きのタイプ

我が家は横に取っ手が付いた、リッチェルのポッティスを購入しました。

踏み台付きは、場所をとるのが嫌で選択肢から外しました。

残った、前に取っ手が付いたタイプ、横に取っ手が付いたタイプ、取っ手がないタイプで悩みました。

それぞれのメリットとデメリットについて紹介します。

前に取っ手が付いたタイプ

<メリット>

  • 前に持つところがあるので子どもが掴みやすい
  • 力む時に前かがみになるので力みやすい
  • おしっこガードが付いているので飛び散りにくい

<デメリット>

  • またがないといけないので、パンツやオムツを全部脱がないと座れない
  • 急いでいる時は前の取っ手が邪魔で座りにくくなる

横に取っ手が付いたタイプ

<メリット>

  • 座りやすい
  • 全部脱がなくても座れる
  • 横の取っ手をつかめば安定して座れる
  • おしっこガードが付いているので飛び散りにくい

<デメリット>

  • 前に取っ手があるタイプより力みにくい
  • 座りやすい分、簡単に降りてしまう

取っ手がないタイプ

<メリット>

  • 安い
  • 座りやすい
  • 軽くて持ち運びしやすい
  • トイレに置いても場所を取らない

<デメリット>

  • 持つところがないので不安定で落ちる可能性がある
  • 持つところがないので子どもが力みにくい
  • おしっこカバーがないものもあり、飛び散る可能性がある

私はまず、座りやすさを優先して選びました。

子どもがトイレに行くとき、余裕をもってトイレに行くことが少ないのではないかと思ったのです。実際、「もう出そう」という時に慌てて行くことが多いです。

その時に、前に取っ手がついていると邪魔になるし、全部脱がないと座れないのはやはり子どもにとっても手間かなと感じました。そのちょっとした手間で子どもがトイレを嫌がる可能性もあると考えました。

しかし、前に取っ手が付いたタイプと結構悩みました。

私の子どもは男の子なので、おしっこが飛びやすいです。前に取っ手が付いたタイプはおしっこカバーのスペースが広く作られていて、トイレを汚されにくい感じがして惹かれていました。

その点で結構悩んだのですが、結局子どもの座りやすさを重視しました。

おしっこカバーのスペースはやはりちょっと狭いのですが、そんなに飛び散るわけでもないので、結果、横に取っ手が付いたタイプで正解だったと思います。

実際、座りやすく、降りやすく、子どもがスムーズに動けているので良かったです。

そして、取っ手なしタイプとも迷いましたが、ポッティスを見つけ、その悩みは解消されました。

ポッティスは不要になれば取っ手を取り外すことができます

初めは取っ手があった方が子どももトイレで用を足しやすいので、取り外しができるのはありがたいですね。

また、ポッティスはポップなカラーなので、子どもが興味を持ちやすくなっています。親としては嬉しいポイントですね。

踏み台を置いて座りやすくしよう

補助便座に座らせる場合、子どもが自分で座るのが大変なので踏み台が必要になります。
踏み台があると自分で座ってくれるので親としても楽です。

我が家はもともと家にあった踏み台を使いましたが、トイトレ用の踏み台も売っていますね。

補助便座だけでは、足が付かずブラブラしてしまうので、その状態を怖がる子もいます。

そして、足を付けた方が力みやすいと言われています。

踏み台はあった方が便利ですが、わざわざ買わなくても、家にあるものでも代用できるので、子どもがトイレに座りやすいように何かしらの台を置いてみましょう。

子どもに合ったグッズで楽しくトイレトレーニングをしよう

補助便座が良いと思い、座らせてみても子どもが嫌がるかもしれません。

逆に、おまるを用意したら喜んでトイレトレーニングが進むかもしれません。

こればっかりは、やってみないと分からないのです。

大好きなキャラクターの付いたグッズを買って、やる気を起こさせる手段もあります。

でも、逆にそのキャラクターで遊んでしまい、トレーニングが進まないかもしれません。

何が正解かわからないので難しいですよね。

ただ、親が子どもの様子を見て、楽しいトイレ環境を作ってあげることが大事であることには変わりません。

その子にあったグッズを見つけ、子どもと一緒に楽しいトイレトレーニングをしていきましょう。

 

トイレトレーニング 褒める
トイレトレーニング成功への秘訣は「褒める」ことと「叱らない」こと「子どもは褒めて伸ばす」 子育てをしていると、よく耳にする言葉ですよね。 これは、トイレトレーニングにも当てはまるのです。 ...
トレーニングパンツは必要
トレーニングパンツは必要ない?トレパンの種類と使い方を実体験をもとに紹介!トイレトレーニングが進むと、オムツからパンツへの移行が必要になってきます。 そこでパンツについて、次のような悩みが出てくるのではな...

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です