役立ち情報

熱帯夜に赤ちゃんはエアコンなしでいい?暑さ対策で気を付けたいこと

熱帯夜 赤ちゃん エアコンなし

熱帯夜の中、赤ちゃんはエアコンなしで寝てもいいのでしょうか。

できるだけエアコンは使いたくないという人もいるかもしれませんが、暑くて寝苦しい夜にエアコンがないと、赤ちゃんが熱中症にならないか心配ですよね。

赤ちゃんは、26~28℃が快適な室温です。

室温が高すぎる場合は、できればエアコンを使って温度を下げるのがおすすめです。

ただ、エアコンを使う場合は気を付けたいことが3つあります。

今回は、

  • 熱帯夜にエアコンがない部屋で赤ちゃんを寝かせてもいい?
  • エアコンを使うときに気を付けたい3つのこと
  • エアコンがないときの暑さ対策

これらの内容について紹介していきます。

スポンサーリンク

熱帯夜に赤ちゃんはエアコンなしでいい?

熱帯夜は寝苦しく、大人も寝るのが大変です。

普段はエアコンがない部屋で寝ている人もいると思います。

でも赤ちゃんがいると、真夏の熱帯夜にエアコンがない部屋で寝かせていいのか気になりますよね。

大人は何とか寝られても、赤ちゃんは熱中症の心配があります。

熱帯夜にエアコンがない部屋で赤ちゃんを寝かせてもいいのでしょうか?

できればエアコンを使い、なければ必ず暑さ対策をして寝るようにしましょう。

赤ちゃんは大人と違い、体温調節がうまくできません。

そのため、大人より熱中症になりやすいといわれています。

では、赤ちゃんはどれぐらいの室温が最適なのでしょうか?

夏の赤ちゃんが快適な室温は26~28℃だといわれています。

大人だけだともう少し温度を下げることもあるかもしれませんが、大人より気持ち高めの室温が望ましいです。

熱帯夜は最低気温が25℃以上になる夜のことをいいます。

最低気温が25℃なら、エアコンがないとかなり寝苦しいのは想像できますよね。

寝苦しいのは赤ちゃんも同じなので、エアコンを使って室温をできるだけ26~28℃にして寝るのがおすすめです。

スポンサーリンク

エアコンを使うときに気を付けたい3つのこと

エアコンを使って寝る場合、気を付けたいことがあります。

  • 赤ちゃんにエアコンの風が当たっていないか?
  • 赤ちゃんの周りの温度は低すぎないか?
  • エアコンのフィルターは綺麗か?

主にこの3つです。

それぞれ詳しく説明します。

スポンサーリンク

赤ちゃんにエアコンの風が当たっていないか?

赤ちゃんに直接エアコンの風が当たらないようにしましょう。

エアコンや扇風機の風を当てて寝ると、朝起きたら体がだるくなっていた経験はありませんか?

赤ちゃんも同じく体調を崩しやすくなります。

人は汗をかくことで自然と体温調節をしていますが、風が直接当たっていると、体が冷えすぎて風邪をひいてしまうこともあります。

エアコンの風が直接赤ちゃんに当たらないように気を付けましょう。

赤ちゃんの周りの温度は低すぎないか?

冷房をかけていると、冷えすぎて寒くなった経験がある人もいるかもしれません。

これは、暖かい空気は上に、冷たい空気は下に溜まりやすいことが原因です。

エアコンは部屋上部の温度を感知するため、まだ冷えていないと判断してどんどん冷気を出していきます。

だから冷房をかけていると冷えすぎてしまうんです。

赤ちゃんの周りの温度が低すぎないか確認をしてください。

温度が低すぎる場合、サーキュレーターを併用するのがおすすめです。

サーキュレーターを使うと部屋の空気が循環するので、部屋が冷えすぎるのを防いでくれます。

節電にもつながるのでぜひサーキュレーターと併用してください。

詳しくはこちらで紹介しています。

エアコンの効率化 サーキュレーター
エアコン使用時のサーキュレーターの置き方|冷房・暖房の効果が変わる?エアコンを使うとき、サーキュレーターの置き方で冷房や暖房の効果が変わってきます。 エアコンとサーキュレーターを併用すると、空気が効...
スポンサーリンク

エアコンのフィルターは綺麗か?

エアコンのフィルターが綺麗な状態かも定期的に確認しましょう。

カビやほこりが溜まっていると、エアコンの風でまき散らしてしまい、赤ちゃんの体調にも影響してしまいます。

カビやウィルスの働きを99%無力化してくれるフィルターを使うと便利ですよ。

エアコンの吸気部に貼っておけば、部屋の空気を綺麗にしてくれるので、赤ちゃんを安心して寝かせられます。

スポンサーリンク

エアコンがないときの暑さ対策

どうしてもエアコンが付けられない場合、別の暑さ対策をする必要があります。

  • 風通しの良いところで寝かせる
  • 綿100%の肌着を着せる
  • 水分補給をこまめにする

それぞれ詳しく説明します。

風通しの良いところで寝かせる

できるだけ風通しの良いところで寝かせましょう

風がある方が涼しく寝られます。

扇風機やサーキュレーターをうまく使って風を送るのも効果的です。

接触冷感の敷パッドを一緒に使うと、赤ちゃんがさらに気持ちよく寝られます。

こちらは日本製なので、安心して使えますよ。

綿100%の肌着を着せる

赤ちゃんは汗っかきです。

汗をかいたまま寝ると体が冷えて体調を崩したり、あせもができたりしてしまいます。

汗をしっかり吸収してくれる綿100%の肌着を着せましょう

お腹が冷えないようロンパースを着せるのがおすすめです。

水分補給をこまめにする

汗をいっぱいかくと脱水症状になりやすいです。

水分補給はこまめにしましょう

赤ちゃんが1度に飲む量は、大人に比べると少ないです。

お茶などを枕元に置いておき、こまめに水分補給ができる状態にしておくと安心です。

スポンサーリンク

まとめ:熱帯夜に赤ちゃんはエアコンなしでいい?暑さ対策で気を付けたいこと

熱帯夜はなるべくエアコンをつけて赤ちゃんを寝かせた方が安心です。

赤ちゃんが快適な室温は26~28℃

  • 赤ちゃんにエアコンの風が当たっていないか?
  • 赤ちゃんの周りの温度は低すぎないか?
  • エアコンのフィルターは綺麗か?

この3つに気を付けながらエアコンを使ってくださいね。

エアコンを使わない場合は、風通しの良いところで寝かせてください。

赤ちゃんは熱中症になりやすいので、室温には気を付けましょう。

こちらの記事もおすすめ!