トレンド

やり投げ北口榛花がかわいいと話題に!笑顔が素敵な日本記録保持者!

やり投げ 北口 かわいい

東京オリンピック陸上女子やり投げの北口榛花(きたぐちはるか)選手について紹介します。

2021年8月3日(火)に行われた陸上女子やり投げで、62m06を投げて決勝進出を決めた北口榛花選手。

投げ終わった後の笑顔とはしゃぐ姿がとってもかわいいと話題になりました。

私もたまたま見ていたのですが、体全体を使って喜んでいる姿にほっこりしていました。

決勝でも素敵な笑顔を見せてほしいですね!

今回は、陸上女子やり投げの北口榛花選手について紹介します。

スポンサーリンク

やり投げ北口榛花がかわいいと話題!

2021年8月3日(火)に行われた東京オリンピックの陸上女子やり投げで、62m06を投げて決勝進出を決めた北口榛花選手。

女子やり投げの決勝進出は、前回行われた東京オリンピック以来57年ぶりの快挙なんだそうです!

この快挙も素晴らしいですが、さらに話題になったのが北口榛花選手の笑顔とはしゃぐ姿。

喜び方が本当に可愛かったですよね。

あそこまで素直に喜びを表現する選手は珍しくて新鮮で、すっかりファンになってしまいました。

笑顔が素敵な人は、見ているだけでも元気をもらえますね!

オリンピック陸上女子やり投げで60メートル台を出したのは、北口榛花選手が日本人女性で初めてなんだそうです。

北口榛花選手、すばらしい快挙ですね!

ぜひ決勝でメダルを取って、さらに素敵な笑顔を見せてほしいです。

スポンサーリンク

北口榛花のプロフィール

ここからは、北口榛花選手のプロフィールを紹介します。

名前:北口榛花

生年月日: 1998年3月16日

出身地:北海道旭川市

身長:179cm

出身大学:日本大学

北口榛花選手は、1998年産まれの現在23歳です(2021年8月現在)。

やり投げの自己ベストは66m00で、やり投げ女子日本記録の保持者なんです。

高校に進学したときに、クラブの顧問に誘われたこをきっかけに陸上を始めました。

2015年7月には、コロンビアのカリで開催された第9回世界ユース陸上競技選手権大会で女子主将を務め、女子やり投げで60m35を投げて金メダルを獲得したこともあります。

2019年にはチェコのコーチの指導方法に興味を持ち、チェコに渡ります。

2019年5月の第6回木南道孝記念陸上競技大会の4投目に63m58を投げて日本歴代2位を記録し、その後の5投目には日本新記録・アジア歴代5位となる64m36を投げて優勝しました。

そして2019年10月に開催された北九州陸上カーニバルでは、66m00の日本新記録を達成しました。

このときも北口榛花さん、はしゃいでいますね^^

東京オリンピックの62m06という成績は、北口榛花選手が1投目に投げた記録としては自己3番目の成績なんだそうです。

1投目の自己最高は63m47ということで、東京オリンピックの決勝では、さらに記録を更新してくれるのではないかと期待しています。

66m00の日本記録もぜひ更新してほしいですね!

応援しています。

スポンサーリンク

まとめ:やり投げ北口榛花がかわいいと話題に!笑顔が素敵な日本記録保持者!

東京オリンピック陸上女子やり投げで決勝進出を決めた北口榛花選手について紹介しました。

あの笑顔とはしゃく姿をまた見たいですね!

ぜひ記録も更新して、メダルを取ってほしいです!!

こちらの記事もおすすめ!