\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

淀川花火大会2023穴場や打ち上げ場所は?混雑状況も調査!

当ページのリンクには広告が含まれています。
淀川花火大会2023穴場や打ち上げ場所は?混雑状況も調査!
スポンサーリンク

淀川花火大会2023の穴場や打ち上げ場所について紹介します。

大阪を代表する花火大会のひとつである「なにわ淀川花火大会」の開催が正式決定されました♪

約2万発の色とりどりの花火が打ち上げられ、音楽に合わせた演出やキャラクター花火、水中花火などが魅力です。

花火大会といえばフィナーレに向かって盛り上がっていくことが多いですが、淀川花火大会はオープニングから始まる迫力満点のスターマインも見どころのひとつで最初から目が離せません。

例年であれば各地から約60万人もの人が観客に訪れ、かなり混雑します。

そこでなにわ淀川花火大会2023を観るにあたって穴場スポット打ち上げ場所混雑状況などについてまとめてご紹介していきたいと思います。

目次
スポンサーリンク

なにわ淀川花火大会2023穴場スポットは?

今年は観覧会場が縮小されてしまうため、来場客の分散がどうしても難しくなってしまいます。

会場でしか感じられない景色もあるかと思いますが、混雑を避けて少し離れたところでゆったりと観たいという方もいますよね。

そこでここでは、混雑を回避したい方、離れた場所でもいいから花火をゆっくり満喫したい方に向けておすすめの穴場スポット7選をご紹介します!

  • 淀川河川公園西中島地区野球場
  • さきしまコスモタワー展望台
  • 蕪村公園
  • 梅田スカイビル空中庭園展望台
  • 日本ペイントビル前
  • 本庄公園
  • 三法寺付近

では、1つずつ詳しく紹介していきます!

淀川河川公園西中島地区野球場

こちらは河川敷になっており視界が開けているため、開放感があり見えやすい場所となっています。

周辺の道路は渋滞もしにくく、駐車場もたくさんあるので、アクセスがしやすいのもポイントです♪

住所:大阪府大阪市淀川区西中島地先

アクセス:阪急電鉄 南方駅、大阪メトロ御堂筋線 西中島南方駅より徒歩7分

さきしまコスモタワー展望台

さきしまコスモタワー展望台は大阪を一望できる展望台で、55階の展望台から観られる花火はとにかく絶景です♪

毎年花火大会当日は人数制限をされていますので、早めにいくことをおすすめします。

住所:大阪府大阪市住之江区南港北1-14−16 咲洲庁舎

アクセス;地下鉄中央線 コスモスクエア駅より徒歩8分、ニュートラム南港ポートタウン線 トレードセンター前より下車すぐ

蕪村公園

R城北公園通り駅から徒歩約15分ほどの場所にあるスポットで花火会場からは少し距離が離れています。

もちろん空いているとまではいかないですが、それなりにゆっくりと楽しむことができます。

花火の大きさは小さくなりますが、ここの嬉しいところは公園内にトイレも完備されているので家族連れの方にもおすすめです。

梅田スカイビル空中庭園展望台

空中展望台はデートにも大人気のところで、カップルに特におすすめのスポットです。

花火の日は第二部として営業するので、第二部のチケットが必要になります。

お金はかかりますが地上約173mの高さがあるので、下から見上げるのとはまた違った迫力があり、夜景と共に楽しむことができるので、すごくロマンチックですよね♪

日本ペイントビル前

会場までは約500mほど離れており、ほぼ真上に花火が上がります。

堤防沿いは水中花火も観ることができるので、もし混雑をなるべく避けたいという方は水中花火は観れませんが後ろの方だと少し混雑が緩和されます。

ここのデメリットはトイレが近くには無いので、注意しましょう。

本庄公園

会場までは約2キロ離れているので、かなり小さくなりますが十分鑑賞できます。

グランドがあるのでレジャーシートなどを広げて、お弁当などを持参するとゆっくりご飯を食べながら観ることができるので、家族連れなどに人気があります。

木などで遮られて全て綺麗に観ることは難しいかもしれませんが、ここのメリットは遊具や公園があるので、お子さんがいても安心です。

三法寺付近

会場からは約2キロ離れていて、かなり穴場スポットと言えます。

ここのメリットは阪神・姫島駅から徒歩約3分でありながら、帰りに混雑することがほとんどないので、ゆっくりしたい方にぴったりです。

スポンサーリンク

なにわ淀川花火大会2023打ち上げ場所は?

なにわ淀川花火大会の打ち上げ場所ですが、国道176号線にある十三大橋からJR神戸線高架の間、ちょうど中間あたりとなります。

そのため両サイドにある河川敷がメイン会場となっていて、例年多くの人で賑わいます。

場所取りは当日の正午まではできないようになっていて、それまでは発見され次第撤去されてしまいます。

なので、気合を入れて朝早くに行きすぎても意味なくなってしまうので注意しましょう。

スポンサーリンク

なにわ淀川花火大会2023混雑状況や回避方法

なにわ淀川花火大会は例年約60万人もの来場者数を記録したこともあるほどの人気花火大会です。

ここでは、混雑状況から回避方法までまとめていきますので、当日行かれる予定のある方は、ぜひ参考にしてくださいね!

交通機関の混雑状況

なにわ淀川花火大会の最寄駅はいくつかありますが、どの駅も時間帯によっては改札を出るまでに一苦労します。

全駅徒歩で15分ほどで到着する位置にありますが、スムーズに進まないことを大前提に考えておくと良さそうです。

SNSで過去の混雑状況を調査したところ、何と16時頃には既に駅内は混み始めているとのことでしたので、改札の混雑を避けたい場合は15時頃の到着を目指しましょう!

また、忘れてはいけないのが帰路の混雑です。

帰りは一斉に帰ることから行きよりも混雑しやすいので、花火終了から1時間前後は身動きすら取れないこともあるようです・・・。

そのため、終電の2本前の電車に乗る意識で駅へ向かうことをおすすめします。

もしくは、花火終了時間より早く撤退するのも混雑回避のひとつの手段かと思います。

また、どうしても最後まで観たいけど混雑は避けたいという方は近くのホテルに宿泊するのがおすすめです。

トイレの混雑状況

過去のトイレの混雑状況を調査したところ、元々ある河川敷のトイレの他、当日は仮設トイレも設置されることが分かりました。

ただし、鑑賞エリアによって設置数が異なり、無料鑑賞エリアより有料シートエリアの方に集中しているようです。

有料シートにはチケットがなければ当然入れません。

花火打ち上げ開始時間が近づくにつれ混雑していくので、無料鑑賞エリアの方は早めにトイレを済ませておいてくださいね。

夏場なので水分補給はとても大切ですが、アルコールの飲み過ぎなど過度の摂取は避けておくといいですね。

スポンサーリンク

まとめ:淀川花火大会2023穴場や打ち上げ場所は?混雑状況も調査!

今回は、なにわ淀川花火大会2023の開催概要や混雑状況、混雑回避のポイントについてまとめました。

まずは今年も開催が決まったことが何より嬉しいですね。

どうしてもイベントごとには混雑はつきものになってしまいますが、毎年多くの方々に愛されるなにわ淀川花火大会。

きっと最高の夏の思い出となりますよ♪

ぜひ楽しんでくださいね!

目次