\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

金属バットが折れる原因は?気になる寿命についても調査!

当ページのリンクには広告が含まれています。
金属バット 折れる
スポンサーリンク

金属バットが折れる原因を紹介します。

金属バットといえば頑丈で折れないイメージがありますが、実は2021年7月25日(日)に行われた東京オリンピックのソフトボールで日本のエース上野由岐子選手が、相手打者の金属バットを折ったことが話題になりました。

金属バットって折れるの??って感じですよね。

木製バットの間違いかと思ったのですが、どうやら本当に金属バットが折れたそうです。

実は上野選手が金属バットを折るのは2回目ということでさらにビックリ!

そもそも金属バットはなぜ折れるのでしょうか?

金属バットが折れる原因について調査しました。

そもそも金属バットの寿命はどれぐらいなのか?気になる金属バットの中身についても紹介していきます。

目次
スポンサーリンク

金属バットが折れる原因は?

東京オリンピックのソフトボール第4戦でカナダと対戦した日本。

その試合で、エースの上野選手が相手打者の金属バットを折りました。

上野選手が投げ込んだ速球を相手打者がスイングしたところ、金属バットの根っこに当たり、ぐにゃっと曲がったそうです。

金属バットが折れるって、どれだけの剛速球なのでしょうか…。

ここで気になるのが、なぜ金属バットが折れるのか?ということです。

金属バットは基本的に簡単に折れるものではありません

しかし、金属は例え小さい力でも、継続して力を受け続けることで亀裂が生じることがあります。

亀裂もなく金属バットが折れることはないようです。

そのため、カナダの選手の金属バットにはもともと亀裂があり、上野選手の剛速球を受けることで折れてしまったということです。

オリンピックという大舞台ですから、試合前にはバットの入念なチェックが行われていたはずです。

それでも折れるということは、上野選手の球がそれだけすごいということですね。。。

スポンサーリンク

金属バットに寿命はある?

そもそも金属バットの寿命はどれぐらいなのでしょうか?

金属バットはどれぐらいボールを打ったかによって寿命が変わってくるので、明確な寿命はありません

金属バットは基本的に頑丈なものですが、何度も打つことによって小さな亀裂が発生し、金属疲労により折れることはあります。

だいたい3年ぐらいは持つという話があるので、金属バットの寿命は3年ほどと思っておいても良さそうです。

ただ繰り返しになりますが、使用状況によって寿命が変わってくるので、あくまで目安として考えてくださいね!

スポンサーリンク

上野選手が折ったバットのブランドはどこ?

上野選手が折った金属バットはどこのブランドなのか気になり調べたところ、

ローリングス製のバットであることが分かりました。

動画を確認したところ、おそらくこちらのバットです。


ローリングス RAWLINGS バット MENS メンズ 5150 BBCOR BAT 野球 ソフトボール アウトドア 大人 スポーツ 送料無料

スポンサーリンク

まとめ:金属バットが折れる原因は?気になる寿命についても調査!

東京オリンピックのソフトボール第4戦で、日本のエース上野選手が相手打者の金属バットを折りました。

金属バットは折れることもあるようですが、オリンピックということで、試合前にバットの入念なチェックは行われていたはずです。

それでも折れてしまう上野選手の剛速球…。

すごい選手だと改めて実感しましたね!

今後の活躍も応援したいですね。

目次