生活の知恵

運動会5月開催はなぜ?秋から春にやる学校が増えた理由を調査

運動会 5月 なぜ

運動会を5月に開催する学校が増えていますが、なぜ5月になったのでしょうか?

昔は運動会といえば秋の行事で、9月~10月ごろに開催されることが多かったですよね。

私の子どもの頃も、運動会は10月に開催されていた記憶があります。

しかし今は、5月~6月に開催するところが増えてきています。

私の長男の学校も6月開催でした。

なぜ秋の9月~10月頃ではなく、春である5月~6月頃に開催するようになったのでしょうか?

この理由について調査しました。

スポンサーリンク

運動会5月開催はなぜ?秋から春にやる学校が増えた理由

運動会を秋ではなく春である5月~6月に開催する学校が増えています。

「スポーツの秋」という言葉もあるぐらいで、運動会は秋に開催されるものでした。

しかし最近は秋に開催する学校がどんどん減っています。

運動会はなぜ5月になったのでしょうか?

  • 夏の猛暑の影響で9月~10月は残暑が厳しいから
  • 秋は行事が多いので分散させるため

このように、大きく2つの理由がありました。

スポンサーリンク

夏の猛暑の影響で9月~10月は残暑が厳しいから

昔は9月は涼しいイメージがありましたが、今の9月ってめちゃくちゃ暑いですよね。

例えば9月末に運動会が開催となると、夏休み明けすぐに運動会の練習をすることになります。

9月の初旬なんてまだまだ猛暑です。

例えば、2020年9月上旬の東京の最高気温を調べたところ、

  • 9月1日 27.4℃
  • 9月2日 32.1℃
  • 9月3日 32.7℃
  • 9月4日 35.1℃
  • 9月5日 34.2℃
  • 9月6日 29.5℃
  • 9月7日 31.2℃
  • 9月8日 34.2℃
  • 9月9日 33.6℃
  • 9月10日 31.7℃

30℃を超える日がほとんどです。

こんな暑い中運動会の練習なんてしたら、熱中症になる人が出てきてもおかしくありません。

10月開催だとしても、9月のこの暑さではまともに練習できないですよね。

このため、9月~10月よりも涼しい5月~6月に運動会が開催されることが増えたようです。

また、春なら台風の心配もないし、天候に左右されにくいというメリットもあります。

秋は行事が多いので分散させるため

秋は色々な行事が重なっています。

  • 文化祭
  • 学習発表会
  • 合唱コンクール
  • 秋の遠足

大きな行事が重なっているので、行事を分散させるために春の開催にしたともいわれています。

学習発表会も合唱コンクールも、練習が必要な行事です。

行事が重なっていると、それぞれ練習をしないといけないので、子どもも先生も大変ですよね。

また、行事が集中することで、授業時間が減ってしまいます。

秋は受験の追い込みシーズンということもあり、授業時間の確保をしたいという狙いもあるようです。

スポンサーリンク

【運動会】春開催のメリット・デメリット

運動会を春に開催する場合のデメリットは、新しい環境に慣れていないのでまとまりがないということ。

5月に開催ということは、4月から練習をします。

新しい学年、クラスになったばかりで、新しい生活にまだ慣れていない状況です。

特に一年生は大変ですよね。

そんな中、団結して練習しなければいけないのがデメリットとなります。

しかし裏を返せば、運動会の練習をきっかけにクラスの団結力が高まるともいえます。

最初は先生も子どもたちも大変かもしれませんが、運動会が終わったら、始まる前より絆が深まっているはずです。

運動会をきっかけに友達が増えるかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ:運動会5月開催はなぜ?秋から春にやる学校が増えた理由を調査

運動会を5月に開催する学校が増えている理由を紹介しました。

やはり1番の理由は、秋の開催は暑いからではないでしょうか。

台風など天候に左右される心配もないですし、春の方が安心して開催できるのだと思います。

運動会お弁当 子供だけ
運動会のお弁当が子供だけ別の理由は?親子で食べられない事情とは最近の運動会は、子どもだけのお弁当を用意して、子どもたちは教室で食べることが多いです。 昔は運動場にレジャーシートを広げて、家族み...
こちらの記事もおすすめ!