\ ポイント最大9倍! / 詳細を見る

横浜開港祭花火大会2023有料席チケットは?おすすめのホテルも紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。
横浜開港祭花火大会2023有料席チケットは?おすすめのホテルも紹介
スポンサーリンク

横浜開港祭花火大会2023の有料席チケット情報と、おすすめのホテルについて紹介します!

横浜開港祭花火大会は、レーザーと花火の共演を楽しむことができる、横浜の夏の風物詩です。

音楽に合わせて、色とりどりのビームと共に花火が打ち上がる、とても珍しい花火大会なんですよ♪

2023年は6月2日(金)19:30〜20:00の開催です。

そんな横浜開港祭花火大会ですが、毎年有料席のチケットが販売されています。

安心してゆっくりと花火を見るには、有料席を購入したいと考えている人も多いですよね。

そこでこの記事では、横浜開港祭花火大会2023の有料席チケット情報について調査しました。

周辺のおすすめホテルについても紹介していきます。

できるだけゆっくりと、落ち着いて花火を見たいという人は、ぜひ参考にしてくださいね。

目次
スポンサーリンク

横浜開港祭花火2023有料席チケット情報

横浜開港祭花火2023有料席のチケット情報について調べてみました。

横浜開港祭花火大会2023では、3種類の有料チケットが販売されます。

チケットの種類料金入場可能人数販売期間
ステージ前ペア席14,000円チケット1枚につき大人2名まで4月25日(火)0時〜6月2日(金)10時まで
ハンマーヘッド有料観覧席1名につき11,500円
(4名席のみの販売なので、11,500円×4=46,000円)
4名席のみの販売5月8日(月)23時21分〜6月2日(金)15時
国立大ホール前観覧席1人10,000円〜2名・4名・8名・12名席の販売5月8日(月)0時〜6月2日(金)12時
横浜開港祭花火大会2023有料チケット

それぞれのチケットについて、詳しく説明していきますね。

①ステージ前ペア席

ステージ前ペア席は、有料ステージ前にブルーシートを敷き、区画割した席を利用することができるチケットです。

ステージ上では、当日様々なプログラムが行われます。これらを間近で楽しみつつ、花火をゆっくりと見ることができます。

チケットの種類料金入場可能人数販売期間
ステージ前ペア席14,000円チケット1枚につき大人2名
(未就学児は膝上観覧可能)
4月25日(火)0時〜6月2日(金)10時
横浜開港祭花火2023ステージ前ペア席

ステージ前ペア席は、チケット1枚につき大人2名まで入場できます。

未就学児は膝上での鑑賞が可能です。

観覧エリアではリストバンドを着用します。これがあれば、再入場も可能です。

ステージのプログラムと花火、どちらも楽しめるチケットですよ♪

②ハンマーヘッド有料観覧席

ハンマーヘッド有料観覧席は、4名席のみの販売となり、4名ごとの購入のみとなっています。

椅子とテーブルのある席に、オードブルもついています。購入時にオードブルを選ぶことができます。

チケットの種類料金入場可能人数販売期間
4人席
(オードブルA)
1人あたり11,500円
(4名利用なので11,500×4名=46,000円)
4名5月8日(月)23:21〜6月2日(金)15:00
4人席
(オードブルB)
同上同上同上
横浜開港祭2023ハンマーヘッド有料観覧席

ハンマーヘッド有料観覧席は、椅子とテーブルのある席になります。

花火を見ながら、みんなでオードブルを楽しむことができますよ♪

入場の際は1人1枚ずつチケットの提示が必要です。忘れないようにしてくださいね。

③国立大ホール前観覧席

国立大ホール前観覧席は、2名席と4名ごとの席、2種類の販売になります。

人数によって椅子とテーブルの数が変わります。オプションでオードブルも購入することができます。

チケットの種類料金椅子・テーブルの数販売期間
4人席一人当たり10,000円
(10,000円×4=40,000円)
・テーブル1台
・椅子4脚
5月8日(月)0時〜6月2日(金)12時
8人席一人当たり10,000円
(10,000円×8=80,000円)
・テーブル2台
・椅子8脚
同上
12人席一人当たり10,000円
(10,000円×12=120,000円)
・テーブル3台
・椅子12脚
同上
2人席一人当たり12,500円
(12,500円×2=25,000円)
・テーブル1台
・椅子2脚
同上
オプションオードブルチケット
(オードブル引換券)
6,000円
座席チケット購入者専用
引換可能時間:16時〜19時5月8日(月)0時〜5月26日(金)23:59
横浜開港祭2023国立大ホール前観覧席

オードブルは、座席チケット購入者のみ申し込むことができます。座席チケットの販売期間よりも早く締め切られますので、ご利用の際は注意してくださいね。

スポンサーリンク

横浜開港祭花火が見えるおすすめのホテル5選

ここからは、横浜開港祭花火が見えるおすすめのホテル5選を紹介します!

①ホテルニューグランド

ホテルニューグランドは、昭和2年に開業した歴史あるホテルです。上質な雰囲気の中、優雅な時間を楽しむことができます。

ホテルニューグランドは、山下公園の近くにある伝統のホテルです。

海が見える部屋を予約できれば、打ち上がる花火を見ながら優雅なひと時を過ごすことができますよ♪

食事にも定評があり、プロポーズ専用のコースも用意されています。

一度は訪れてみたい、憧れのホテルです!

②ホテルメルパルク横浜

ホテルメルパルク横浜は、山下公園通りに面し、横浜タワーのすぐ近くにあるホテルです。

海側のお部屋を確約してくれる宿泊プランや、横浜タワーの入場券付きプランなどがあり、横浜観光におすすめのホテルです。

朝食のバイキングも好評なんですよ♪

素泊まりのリーズナブルなプランも多数用意されています。抜群の立地で、とても便利なホテルです。

③横浜ロイヤルパークホテル

横浜ロイヤルパークホテルは、みなとみらいにある日本屈指の高層ホテルです。

ここでしか見ることができない、最高の夜景を堪能することができます。

横浜ロイヤルパークホテルの客室は、ランドマークタワーの52階から67階に位置しています。

全てのお部屋がゆったりとした広さになっているので、ここでしか見ることができない夜景を、じっくりと堪能することができますよ♪

カップルやファミリー向けのプランも充実しています。

特別な日にぴったりのホテルです。

④ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル

ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテルは、みなとみらいに位置する国際ホテルです。

ヨットの白い帆をイメージした外観は、みなとみらいのシンボルになっています。

洗練された客室やラウンジで、特別な1日を過ごすことができますよ♪

ホテルディナー付きのプランなど、多彩な宿泊プランが用意されています。

夜景を楽しみながら、素敵なひと時を過ごしてくださいね。

⑤新横浜プリンスホテル

新横浜プリンスホテルは、新横浜駅から徒歩2分の立地にある高層ホテルです。

仕事帰りに駆けつけても間に合う距離で、高層階から横浜を一望することができます。

新横浜プリンスホテルは、抜群の立地と高層階で、横浜の夜景を一望することができます。

アクセスもよく、季節に応じて様々なイベントや企業とのコラボレーションなどを行っているので、何度訪れても楽しむことができますよ♪

レストランのお料理も大評判です!

花火はもちろん、横浜の観光にオススメのホテルです。

スポンサーリンク

まとめ:横浜開港祭花火大会2023有料席チケットは?おすすめのホテルも紹介

横浜開港祭花火2023の有料席チケット情報、おすすめのホテルについてまとめました。

横浜開港祭花火はレーザーと花火のコラボレーションが楽しめる、横浜の初夏の風物詩です。

2023年は6月2日(金)19:30〜20:00に行われます。

有料チケットは3種類が販売中です。鑑賞場所によってテーブル席やブルーシート、オードブル付きなど内容が異なりますので、申込の際は注意してくださいね。

当日はホテルに泊まって、優雅な気分で花火を楽しんでも素敵です♪

横浜の夏を告げる横浜開港祭花火大会、準備を整えて、ゆっくりと楽しんでくださいね。

お出かけの際は、ぜひ参考にしてください。

花火の打ち上げ場所や穴場スポットを知りたい方はこちらもチェック!

>>横浜開港祭花火の打ち上げ場所はどこ?穴場や駐車場について調査!

目次