俺の白兎とはどういう意味?どうする家康の織田信長のセリフ

【どうする家康】俺の白兎とは?織田信長のセリフはどういう意味?
スポンサーリンク

どうする家康の織田信長のセリフ「俺の白兎」とはどういう意味なのでしょうか?

2023年の大河ドラマ「どうする家康」が、初回から話題です!

特に終盤に出てきた織田信長のセリフ「待ってろよ、俺の白兎」が、ネットでトレンドになっています。

信長役の岡田准一さんの迫力の演技と意味深すぎるこのセリフ。そしてこれを受けた家康役の松本潤さんの怯え、戸惑う様子にネットが騒然となっているんです。

この「俺の白兎」というセリフには、どのような意味があるのでしょうか?

セリフの意味や背景について考察してみました。

「俺の白兎」の意味について、ぜひ一緒に考えてみてくださいね♪

>>どうする家康の見逃し配信を無料で視聴する方法はこちらで紹介しています

目次
スポンサーリンク

どうする家康の俺の白兎とはどういう意味?

どうする家康、「俺の白兎」とはどういう意味なのでしょうか?

このセリフは、「どうする家康」初回の放送の終盤で、討ち取った今川義元の首を持った織田信長が、家康の元に向かいながら言ったセリフです。

「待ってろよ、竹千代。俺の白兎…。食ってやろうか…。」

あまりにもインパクトが強すぎるこのセリフが、放送終了後瞬く間にトレンドを席巻しました。

このセリフには、どんな意味があるのでしょうか?

意味深すぎるセリフですが、考えられる理由を3つに絞ってみました。

  • 狩りの獲物としての「白兎」
  • 可愛い子ども、愛でる対象としての「白兎」
  • BLや乙女ゲーム的な意味でのディープな「白兎」

それぞれ詳しく考察していきますね!

①狩りの獲物としての「白兎」

まず考えられるのは、狩りなどの獲物としての「白兎」です。

こちらの絵の通り、「白兎」と聞いて、肉食獣に追いかけられる獲物を思い浮かべた人も多いのではないでしょうか。

この解釈だと、松潤の家康が狼である魔王・信長に再び狩られ、酷い目にあう可能性が出てきますよね。

確かに「俺の白兎」という信長のセリフの後、家康が過去のトラウマを思い出して怯えるシーンがありました。

これは「また狩られる!」という意味なのでしょうか?

それとも、子どもの時以上に酷い目にあってしまうのか?信長の目的はそれなのか?

捕まった家康がその後どうなってしまうのか、想像するだけでドキドキします!

②可愛い子ども、愛でる対象としての「白兎」

次の解釈は、可愛い子どもなど、可愛がる対象としての「白兎です。

家康は信長に極度に怯えていますが、信長としては「かわいがる」対象として家康のことを見ている、という解釈ですね。

こう考えると、ここでの2人の認知の違いが、この後の物語をさらに面白くしてくれそうです!

確かに、信長は「魔王」という呼び名が示す通り、誰にでも優しいというタイプの人間ではありません。

ですから、酷い目に合わせていたことはイコール可愛がっていた、という認識もあながち間違いではなさそうですよね。

家康かかなり可哀想ではありますが、あの信長ならありそうだな、という印象です。

この解釈だった場合、次回以降の信長の「かわいがり」はどのようなものになるのでしょうか。

考えるだけで身の毛がよだちます。

③BLや乙女ゲーム的な意味でのディープな「白兎」

最後は、Twitterで一番多かった解釈「BLや乙女ゲーム的な」白兎、という解釈です。

こちらは星の数ほど関連ツイートがありましたので、厳選して紹介しますね。

まずはBLとしての「白兎」です。

BLとは「ボーイズ・ラブ」の略称で、男性同士の恋愛を描いた女性に人気のあるジャンルです。

あの今川義元をわずか1話で葬り去り、圧倒的な強さを見せた信長が放った「俺の白兎」というセリフは、いわゆる「攻め」としての凄みを見せてくれました。

このセリフ一つで、BL味を感じたという人がとてもたくさんいるんです。

確かに、これは90年代によく見かけたあんなシーンやこんなシーンを思い浮かべてしまいますよね。

続いては、乙女ゲーム的な「白兎」です。

乙女ゲームとは、女性向けの恋愛シュミレーションゲームを指しています。

確かに、「俺の白兎」というセリフを吐いて襲ってくる信長と、「俺は認めない!」タイプの家臣である本田忠勝が出てきた時点で、「どちらを攻略するべき!?」という乙女ゲーム的な思考を持った人も多いと思います。

この1話だけで、大作がひとつ出来上がってしまいそうです。

どちらもかなりディープな解釈ですが、ネットの盛り上がりはこのディープさに要因があるんですね。

それでは、史実としての家康と信長はどのような関係だったのでしょうか?

歴史上のことも掘り下げてみました。

スポンサーリンク

織田信長と徳川家康の関係は?

織田信長と徳川家康は、どのような関係だったのでしょうか?

家康は、天下統一を果たした豊臣秀吉の家臣でした。秀吉の死後、その息子である秀頼を家康が攻め、豊臣家を滅ぼして徳川の全国支配を盤石にしたんです。

秀吉は、織田信長の忠実な家臣でした。

それでは家康と信長の関係は、どのようなものだったのでしょうか?

実は家康は、幼少時代に織田家に人質として送られています。

当時、家康は数え6歳。幼名は「竹千代」でした。

本来は今川家に人質として送られる予定だったのですが、義母の父の裏切りにより、織田家に送られてしまうのです。

その後、竹千代は2年間を織田家で過ごします。この時信長と知り合ったという伝説はありますが、史実としては残っていません。

「どうする家康」では、おそらくこの伝説を取り入れたのだと考えられます。

「間違った人質」として織田家に送られた竹千代が、幼い頃から破天荒だった信長にどんな目にあわされていたのでしょうか。

史実としては残っていませんし、あくまで想像の域を出ませんが、おそらくかなり恐ろしい目にあっていたのでしょう。

「どうする家康」のシーンからも、その様子が窺えますよね。

しかし信長は、のちに同盟を結び、家臣となる家康を目にかけていた、という逸話もあります。

信長は恐ろしいだけでの人物ではありません。「どうする家康」の公式ページの登場人物紹介にも、そのような描写があります。

今後この2人の関係がどのように描かれるのか、ますます目が離せません!

>>どうする家康の見逃し配信を無料で視聴する方法はこちらで紹介しています

スポンサーリンク

まとめ:俺の白兎とはどういう意味?どうする家康の織田信長のセリフ

大河ドラマ「どうする家康」の織田信長のセリフ「俺の白兎」について、どういう意味なのか考えてみました。

信長のセリフ「俺の白兎」には、3つの意味がありそうです。

  • 狩りの獲物としての「白兎」
  • 可愛い子ども、愛でる対象としての「白兎」
  • BLや乙女ゲーム的な意味でのディープな「白兎」

それぞれの考え方で、いろいろな解釈ができるセリフです。

あまりのインパクトに頭がいっぱいになってしまった人が続出した「俺の白兎」というセリフ。

これはもはや事件と言っていいインパクトですが、今後の展開から本当に目が離せないですよね!

信長と家康、2人の今後の関係に注目です♪

>>>どうする家康ロケ地はどこ?岡崎市や浜松市の松本潤撮影場所を調査!

>>>どうする家康はつまらない?CGがひどいという感想も!

>>どうする家康の見逃し配信を無料で視聴する方法はこちらで紹介しています

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次