\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

千畳敷カールの紅葉2023混雑状況は?回避方法や見頃についても

当ページのリンクには広告が含まれています。
千畳敷カールの紅葉2023混雑状況は?回避方法や見頃についても
スポンサーリンク

千畳敷カールの紅葉2023混雑状況を紹介します。

千畳敷カールは、長野県駒ヶ根市と宮田町にまたがる中央アルプス宝剣岳の直下に広がる氷河地形です。

毎年紅葉シーズンは木々と澄んだ秋空の青とのコントラストが見事で観光客を魅了します。

また千畳敷カールで利用する中央アルプス駒ヶ根ロープウェイも「紅葉が綺麗に見られるロープウェイ」でテレビでも特集されています。

起点しらび平駅(1,662ⅿ)から終点千畳敷駅(2,612ⅿ)までの高低差950ⅿは日本一で、日本経済新聞では「紅葉が楽しめるロープウェイ」の全国1位に選ばれました(引用元:日本経済新聞)。

ですが、1位に選ばれるほどの絶景で紅葉が楽しめる反面、すごく混雑する事でも有名なんです。

できればゆっくり紅葉を観賞したいですし、混雑は避けたいですよね。

今回は千畳敷カールの紅葉時期の混雑状況や回避方法、見頃について紹介していきます。

\周辺の観光スポットや宿泊先が分かる/

>>千畳敷カールの詳細はこちらをクリック

目次
スポンサーリンク

千畳敷カールの紅葉2023混雑状況は?

千畳敷カールの混雑状況の前に、千畳敷カールのアクセス方法をご紹介します。

  • 電車

    JR飯田線「駒ヶ根駅」下車→路線バス停「駒ヶ根駅前」→駒ヶ岳ロープウェイ「しらび平駅」→千畳敷駅



  • 中央自動車道「駒ヶ岳IC」→県道75号→菅の台バスセンター(駐車)→路線バス→駒ヶ岳ロープウェイ「しらび平駅」→千畳敷駅

    ※駒ヶ岳ロープウェイしらび平駅へはマイカー規制がある為、菅の台バスセンターなどで駐車する必要があります。


  • バス

    東京方面:バスタ新宿→駒ヶ根IC下車/路線バス「女体入口」から乗車→駒ヶ岳ロープウェイ「しらび平駅」→千畳敷駅


    名古屋方面:名鉄バスセンター→駒ヶ根IC下車/路線バス「女体入口」から乗車→駒ヶ岳ロープウェイ「しらび平駅」→千畳敷駅


    大阪方面:阪急三番街バスターミナル→駒ヶ根IC下車 / 路線バス「女体入口」から乗車→駒ヶ岳ロープウェイ「しらび平駅」→千畳敷駅

となっています。

ご覧の通り千畳敷カールに行くには、どの交通手段を使っても中央アルプス駒ヶ根ロープウェイを利用しないといけません。

ここが一番混む場所です。

特に夏のグリーンシーズンから秋の紅葉シーズンにかけては激混みです。


中央アルプス駒ヶ根ロープウェイは、8時から営業しており、一回に乗れる乗車定員数は61名です。

通常30分間隔で動いています。

1回見送ると30分、2回見送ると1時間も待たなくはいけないので注意が必要です。

ここからは、紅葉時期の平日、土日祝日の中央アルプス駒ヶ根ロープウェイと周辺道路の混雑状況をまとめました。

平日の混雑状況

9月から10月の紅葉シーズンは平日でも混み合います。

上りは10時ごろから混み始め、下りは13時ごろから混雑してきます。

駐車場は8時には満車になってしまいますので、早めの行動が必要です。

土日祝日の混雑状況

紅葉ピーク時の土日祝日は激混みになります。

前日駐車場で夜を過ごし朝一で向かわれる方もいるそうです。

土日祝日のロープウェイは一日中混雑していますが、上りは始発から午前中が混雑し、下りは午後から混雑しています。

場合によっては2、3時間ロープウェイに乗るのを待たなくてはいけません。

また、車の駐車やバスに乗るのに2時間待ちになる場合も珍しくありません。

最長で6時間待ちが出たことがあるそうなので、人気の凄さを感じます。

スポンサーリンク

千畳敷カールの紅葉2023混雑回避方法

ここまで混雑状況を紹介してきましたが、できれば混雑は避けたいですよね。

千畳敷カールの紅葉の混雑を回避するためには早めの行動が大切です。


例年バスは朝5時から運行し始めます。

ロープウェイも朝8時からと早い時間帯から動いていますので、できる限り早めにロープウェイに乗りましょう。

また、前泊や車中泊をするのもおすすめです。

前日から大変ですが、混雑回避率は高くなります。

中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイでは期間限定で2つのサービスを行っています。

こちらも利用してみてはいかがでしょうか。

  • 早朝指定きっぷ

夏休みやお盆中、紅葉シーズン限定で行っています。

散策や登山を希望している人には嬉しい、朝5時ちょうどのバスに乗り早朝の千畳敷カールを楽しむことができます。

日程:2023年7月15日~8月20日の期間中の土日祝日及びお盆期間中

   2023年9月16日~10月22日の期間中の土日祝日の計31日間


内容:往復バス+往復ロープウェイ+始発~3便目の乗車資格+人気グッズ

料金:大人7,000円/子供4,500円(共に保険料込み)

定員:各回45名(最少催行人数15名)


引用元:中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ


予約便なの快適に過ごせますし、千畳敷カールに一番乗りすることができるので良いですね。

  • 千畳敷カールの紅葉特別運行

紅葉時期限定で「千畳敷カールの紅葉特別運行」を行っています。

日程:2023年10月16日~20日

時間:11時10分~11時25分

料金:大人5,500円/子供3,500円

定員:先着20名(先着順)

集合場所:10時に菅の台バスセンター

引用元:中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ


20名限定なのでゴンドラの中を自由に動くことができ、自分の好きな位置で観賞、写真撮影ができます。

満員だと見逃してしまう見どころスポットの景色を堪能することができますよ。

\周辺の観光スポットや宿泊先が分かる/

>>千畳敷カールの詳細はこちらをクリック

スポンサーリンク

千畳敷カールの紅葉はいつが見頃?

毎年紅葉シーズンは多くの観光客で賑わいをみせている千畳敷カール。

紅葉を見ながら登山やハイキングを楽しむことができます。

例年9月上旬ごろからダケカンバやナナカマドが色付き始め、見頃は9月下旬から10月中旬ごろになります。

寒気の襲来と共に一気に紅葉が進み、山は赤や黄色に染まります。


特に中央アルプス駒ヶ根ロープウェイからの景色は圧巻です!

日本最大級の連瀑・中御所三十八滝を始め、日暮の滝、大滝の眺めも楽しめますよ。

またロープウェイを降りると目の前に広がる千畳敷カール内は、山植物の草紅葉が赤や黄色、オレンジに彩られ絶景が見られます。

スポンサーリンク

千畳敷カールの駐車場情報

千畳敷カールの駐車場をご紹介します。

菅の台バスセンター大駐車場

〒399-4117 長野県駒ヶ根市赤穂 菅の台

駐車台数 300台

料金 普通車800円/バイク200円/大型バス1,500円/キャンピングカー1,000円

営業時間 24時間

24時間営業なので前日入りする人も多いです。

満車になった場合は、臨時駐車場が開くようになっています。

臨時駐車場は山を登ったスキー場駐車場となり、駐車料金、バス乗り場までマイクロバスともに無料です。

連休や休日に行かれる際は、なるべく早い時間に到着することをおすすめします。

スポンサーリンク

防寒対策も忘れずに!

見頃を迎える10月の平均気温は、約15℃と言われています。

夜になるとさらに冷え込みますので、紅葉を見に行かれる際には、防犯対策を忘れないようにしてください!

ここからは、紅葉狩りにおすすめの防寒対策グッズを紹介していきます!

フリースパンツ

スリムなのに裏はフリースで暖かい、スリムフィットぬくぬくパンツです!

フリースなので動きやすさも文句なし!

防寒対策ができるうえに美脚に見えてしまう、超人気の商品ですよ。

スキニータイプが苦手な方はこちらの商品がおすすめです!

レギンス

パンツの下にも履けるレギンスは、もはや寒い季節の必需品!

風を通しにくい素材なので、外でも暖かく過ごせますよ。

せっかくレギンスを履くなら、着圧レギンスを履くのもおすすめ!

ベルミスのレギンスはシリーズ累計150万枚を突破した人気のレギンスです。

ベルミスのスリムレギンスなら防寒対策もしながら美脚を目指すことができますよ。

手袋

こちらの手袋も、裏地にフリース素材を採用!

表側は撥水加工がされているので、雨や雪が降っても手が冷たくなる心配がありません。

着用したままスマホも操作できるのですごく便利なんですよ♪

カラーも豊富なので、お好みのデザインを選んでくださいね!

パーカー

動きやすさも兼ね備えたパーカーは防寒対策にピッタリ!

こちらは見た目は普通のパーカーなのに、裏はボア生地でとっても暖かいんです♪

特殊な防風シートを使っているので、風も通さないため紅葉狩りにピッタリですよ。

アームカバー

冷え対ゆび孔策には欠かせないアームカバー。

指穴が付いているので、スマホの操作も問題なくできます。

かさばらないので持ち運びにも便利♪

14色もあるから、コーデのポイントとしても活躍します!

レッグウォーマー

レッグウォーマーは特にスカートコーデには欠かせないアイテムですよね。

ボリュームのあるニットと裏起毛により、足元がめちゃくちゃ暖かくなりますよ♪

全部で11カラーもあり、オシャレも楽しむことができます!

まとめ:千畳敷カールの紅葉2023混雑状況は?回避方法や見頃についても

千畳敷カールの紅葉2023混雑状況を紹介しました。

さすが人気の紅葉スポットですね。

最長6時間の待ち時間があったことにビックリしてしまいました。

やはり土日祝日は激混みなりますので、紅葉シーズンはできれば平日の早朝に行くことをおすすめします。


ですが、なかなか平日に行くのは難しい方もいらっしゃると思います。

そういう方は早朝に到着するか、前泊、車中泊するのがおすすめです。


紅葉時期の9月、10月は肌寒いのでフリースなどを持参し、しっかり防寒対策していきましょうね。

\周辺の観光スポットや宿泊先が分かる/

>>千畳敷カールの詳細はこちらをクリック

目次