鶴見緑地プール料金割引はある?持ち込み可能な物を調査!

鶴見緑地プール料金割引はある?持ち込み可能な物を調査!
スポンサーリンク

大阪市鶴見区にある鶴見緑地のプールの料金や割引情報を紹介します。

鶴見緑地には一年を通して楽しむことのできる屋内プールと、夏限定でオープンする屋外プールがあります♪

屋内プールはジャングルがモチーフになっているので、緑が生い茂っていたり滝や洞窟などがありワクワク感がたまりません。

少し小さめのスライダーや外と繋がっている流れるプールなどもあり、屋外では広々とした休憩スペースの他、小さなお子さん向けの浅いプールがあります。

駅や駐車場からのアクセスも良く、近くには温泉もあるのでスッキリして帰ることもできるのが嬉しいポイントです♪

そこで今回は鶴見緑地プールには割引情報はあるのか?持ち込み可能な物は何か?混雑状況は?など気になる点をまとめてご紹介したいと思います!

\周辺の駐車場を事前に予約できる/

▶akippa(あきっぱ!)はこちらをクリック

目次
スポンサーリンク

鶴見緑地プールの料金割引情報

ではまず割引情報からですが、現在鶴見緑地プールにはレジャーサイトなどからの割引クーポンなどは残念ながら配布されていません

また情報が入り次第追記していきたいと思います♪

[通常料金]

  • 大人(16歳以上65歳未満):1,200円
  • 小中学生:600円
  • 高齢者(65歳以上):600円

※身分証明などを提示ください

クーポンなどではありませんが、鶴見緑地プールにはお得な回数券や1ヶ月の定期券も販売しています。

何度もプールに行きたい!という方はこういったものを購入するのもおすすめです♪

また、回数券を購入すると鶴見緑地だけでなく大阪府内のプール施設を共通利用することもできます。

利用可能エリアについて詳しくはホームページ等をご覧ください。

[回数券(11回分)]

  • 大人(16歳以上65歳未満):12,000円
  • 小中学生:6,000円
  • 高齢者(65歳以上):6,000円

[定期券(1ヶ月)]

大人(16歳以上65歳未満):8,400円

小中学生:4,200円

高齢者(65歳以上):4,200円

回数券だと、11回分なので1回分がお得ということになります。

定期券であれば1ヶ月間好きなタイミングでプールを利用することができるので、どちらもかなりお得です♪

スポンサーリンク

鶴見緑地プールで持ち込み可能な物

プールで持ち込みたいものといえば、飲食物やポップアップテント、日傘、レジャーシートなどだと思います。

持ち込み可能なものや禁止されているものをご紹介します。

[持ち込み可能なもの]

  • 101センチ未満の浮き輪やビーチボール
  • 飲食物(原則は禁止。屋外プールのみ可能)
  • レジャーシート
  • クーラーボックスなど

[持ち込み禁止のもの]

  • アルコール類
  • ワンタッチテントなどのテント類
  • 日傘やパラソル
  • イス
  • ベビーカー
  • サンオイルなど

飲食物の持ち込みは原則禁止となっていますが、屋外プールに限り持ち込むことができます。

プール内には軽食や飲料を販売している売店もあるので、持ち込まなくても大丈夫です♪

またプールだとワンタッチテントやパラソル、イスを持ち込みたいという方も多いと思いますが、鶴見緑地プールでは禁止されています。

屋外プールには屋根付きスペースなどがあるので、そちらをご利用ください。

スポンサーリンク

鶴見緑地プールの混雑状況

夏休みになると小中学生を始め、家族連れなど多くの方で賑わいます。

そこで気になるのが混雑状況ですよね。

現在鶴見緑地プールでは新型コロナ対策として人数制限を設けています。

夏休み期間(7月2日から8月31日、お盆を含む)の間の土日祝は整理券がないと入れません。

2部制となっていて、それぞれ830名ずつとなっています。

[第1部]

  • 入場開始→8:30
  • 最終入館→13:30
  • 最終遊泳→14:00
  • 完全退館→14:30

[第2部]

  • 入場開始→15:00
  • 最終入館→20:00
  • 最終遊泳→20:30
  • 完全退館→21:00

整理券の配布は8:00からとなっていて、1部の整理券配布終了次第、2部の配布がスタートとなります。

2部を希望する場合も一度列に並ぶ必要があり、1部の朝一から遊泳したい場合は早い人だと6:00頃から並ぶ方もいるようです。

整理券を求めてどんどん朝早くに並び出す方も多く、1部の朝から利用したい場合はかなり早く行かないと間に合いません。

その際、後ろになると影がなくなるので熱中症対策や飲食物などをあらかじめ持参しておくことをおすすめします。

また、家族で利用される方は代表者1名のみ友人同士で利用される方は全員が列に並ぶ必要があります。

ロッカールームなどの混雑緩和のためそれぞれの部をさらに先着から8:30から10:45分の間(15分単位)で9つに分かれて入場(1部の場合)します。

さらにそこから追加枠(70名)として12:00から遊泳可能となる枠の10グループがあります。

この場合、先着順となるので8:30からでも12:00からの追加枠でも料金は変わらず、最終退館時刻なども同じです。

早めに行っても入場までに時間がかかる可能性があり、この口コミの方のようにがっかりしてしまう…なんてことも度々あるようです。

先着順の遊泳となると争奪戦がどうしても激しくなるので、2部の配布時刻を変えるなりもう少し方法が変わると嬉しいですよね。

また夏休み期間でも平日は整理券などはなく、9月以降は自由に入場可能となります。

スポンサーリンク

まとめ:鶴見緑地プール料金割引はある?持ち込み可能な物を調査!

鶴見緑地プールについてご紹介しました。

現在、鶴見緑地プールでは人数制限のため整理券がないと入場することができません(夏休み期間の土日祝のみ)。

8:00から配布される券を求めて6時頃から並び始める方もいるようです。

鶴見緑地プールは8:30から21:00までとかなり長い時間営業しているので、夕方以降に遊泳するのも楽しそうですよね♪

混雑を避けたい!という方は夏休み期間の土日祝(お盆を含む)のみ整理券が必要となり混雑するので、平日や9月以降の利用をおすすめします。

また、飲食物などの持ち込みは屋外プールのみ可能となっていて、テントやイス、アルコール類の持ち込みは禁止されているのでご注意ください。

ぜひ参考にしてください♪

\周辺の駐車場を事前に予約できる/

▶akippa(あきっぱ!)はこちらをクリック

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次