\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

ディズニーランドのホテル予約の裏ワザ7選!安く泊まる方法はある?

当ページのリンクには広告が含まれています。
ディズニーランドのホテル予約の裏ワザ7選!安く泊まる方法はある?

ディズニーランドのホテル予約の裏ワザ7選を紹介します。

「せっかくディズニーランドに来たんだから、そのまま泊まって明日も楽しみたい。」とディズニー好きなら一度は思うんじゃないでしょうか。

でもディズニーホテルは高いし、家族が多いとその分出費も多くなりますよね。

何か安く泊まれる方法はないのでしょうか。

そこで今回は、「ディズニーランドのホテル予約の裏ワザ、安く泊まれる方法」を紹介します!

今までディズニーホテルに泊まりたくても宿泊料金が高くて躊躇していた方必見ですよ♪

目次

ディズニーランドのホテル予約の裏ワザ7選!安く泊まる方法はある?

まず東京ディズニーリゾート直営のディズニーホテルをご紹介します。

ディズニーホテルは全部で5つあります。

  • 東京ディズニーランドホテル
  • 東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ
  • ディズニーアンバサダーホテル
  • 東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテル
  • 東京ディズニーセレブレーションホテル

こちらの5つのホテルは、ホテル内の細かい部分までディズニーを感じる、ディズニーファンにとっては「泊まれるアトラクション」のような存在です。

ですがディズニー直営なので値段も他のホテルよりもとても高いです。

ハイシーズンの時は1泊20万以上する時もあります。

そんな頻繁に泊まれないですよね。



ではどうすれば安く泊まれることができるのでしょうか。

ディズニーのホテルに通常よりも安く泊まれる方法は全部で7つあります。

  • 予約は旅行代理店やホテル予約サイトを利用する

  • セレブレーションホテル、トイストーリーホテルに宿泊する

  • 安い時期に泊まる

  • 一番料金が低い部屋に泊まる

  • 外壁補修工事の時期を狙って予約をする

  • 宿泊者数を1部屋の最大人数にする

  • ディズニーカードクラブに入会する

1つずつ詳しく解説していきますね。

予約は旅行代理店やホテル予約サイトを利用する

ディズニーオフィシャルサイトで予約するよりも、旅行予約サイトを通じてディズニーホテルを予約する方が安く泊まれる場合があります。

その理由は、旅行代理店やホテル予約サイトでは「割引キャンペーン」や「お得なポイント還元」を行っている場合があるからです。

ですが旅行代理店やホテル予約サイトからだと用意されている枠が比較的少ないので予約できる部屋のタイプが限られています。

少しでも安く泊まりたい方は、ディズニーオフィシャルサイトは使わずホテル予約サイトを利用することをおすすめします。

▼お得なクーポンが発行されています
>>楽天トラベルのディズニー特集でホテルをチェックする

▼JTBのディズニーホテル特集も要チェックです♪
>>JTBのディズニー特集でホテルをチェックする

セレブレーションホテル、トイストーリーホテルに宿泊する

ディズニーホテルにもランクがあり、高級ホテルの「デラックスタイプ」比較的安い「モデレートタイプ」「バリュータイプ」の種類に分かれます。

デラックスタイプ
  • 東京ディズニーホテル
  • 東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ
  • ディズニーアンバサダーホテル
モデレートタイプ
  • 東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテル
バリュータイプ
  • 東京ディズニーセレブレーションホテル


金額もタイプでかなり異なります。

ホテル名1泊料金(1室大人2名)
東京ディズニーホテル77,500円~
東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ63,500円~
ディズニーアンバサダーホテル55,000円~
東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテル39,500円~
東京ディズニーセレブレーションホテル36,500円~

※2023年12月公式サイトにて

「東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテル」「東京ディズニーセレブレーションホテル」はデラックスタイプのホテルと比べると半分ほどの金額で泊まれることがあります。

ディズニーホテルに少しでも安く泊まりたい方は、こちらの2つのホテルがおすすめです。

安い時期に泊まる

ディズニーホテルに限らず、ホテルなどの宿泊施設は時期によって宿泊料金が変動します。

ディズニーホテルの値段が安くなる時期は2回あり、1つ目は1月から2月のバレンタイン前の時期になります。

この時期はお正月明けで仕事や学校が始まり、他のシーズンと比べオフシーズンになるのが理由です。

また1月から2月はとても寒いのでホテルを利用する人が少なくなる時期でもあります。

2つ目はGW明けの5月から6月です。

こちらもオフシーズンと梅雨で雨の日が多いという理由で観光客が減り、ホテルの宿泊料金が下がります。

もっと安く泊まりたい方は「1月から2月のバレンタイン前」「GW明けの5月から6月」の平日に宿泊しましょう。

一番料金が低い部屋に泊まる

同じホテルの中でも、客室によって値段が異なるのはご存じだと思います。

ディズニーホテルも同じで客室によって値段が異なります。

各ホテルの最安値のタイプはこちらです。

ホテル名最安値の部屋タイプ
東京ディズニーホテルスタンダードスーペリアルーム(ダブル/ツイン)
東京ディズニーシー・ホテルミラコスタポルト・パラディーゾ・サイド スーペリアルーム(パーシャルビュー)
ディズニーアンバサダーホテルスタンダードルーム
東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテル“ウィッシュ”スタンダードルーム / “ディズカバー”スタンダードルーム
東京ディズニーセレブレーションホテルスタンダードルーム・パーシャルビュー

他の部屋より安いプランでもディズニーホテルならクオリティが下がる心配はありませんよ。

外壁補修工事の時期を狙って予約をする

ディズニーホテルオフィシャル公式サイトをチェックしていると「ホテルの改修工事に伴って客室料金の値下げのお知らせ」が表示されている時があります。

というのも、外壁補修工事のため窓もシートで覆われてしまうからです。

外の景色は見られませんが、最大で半額になる時もあるので、お目当ての部屋に泊まれるかもしれませんよ。

宿泊者数を1部屋の最大人数にする

ディズニーホテルの宿泊料金は「人数ごと」ではなく「1部屋ごと」の料金設定になっています。

部屋ごとに設定されている宿泊可能な最大人数で宿泊し、みんなで割り勘にすれば1人あたりの宿泊料金が安くなります。

ほとんどの部屋は最大4人まで宿泊可能なので、女子会やグループ旅行にいかがでしょうか。

ディズニーカードクラブに入会する

ディズニーホテルに安く宿泊したいなら、ディズニーカードクラブに加入するのもおすすめです。

ディズニーカードクラブとはJCBカードの会員サービスのことです。

JCBは東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーの1つなので、入会するとディズニーホテルを10%~25%割引で利用できる時期があります。

宿泊以外にも東京ディズニーリゾートで利用できる特典がたくさんあるので、ディズニー好きの方は是非入会してみてください(年会費:初年度無料/以降年間2,200円)

ディズニーランド周辺のおすすめホテル5選!

ディズニーホテル以外のディズニーランド周辺の安価なホテルを5つご紹介しますね。

安価でもサービスが充実しているホテルもありますよ。

ホテルマイステイズ舞浜

ホテルマイステイズ舞浜はディズニーランドまで徒歩でも行ける距離にあります。

徒歩圏内なので、電車やバスの最終便を気にすることなく、閉園までたっぷりとパークで楽しむことができます。

ファミリー向けの広々とした部屋があったり、無料シャトルバスが利用できたりと、小さなお子さん連れでも安心です。

オリエンタルホテル東京ベイ

オリエンタルホテル東京ベイは、舞浜駅から1駅目の新浦安駅に直結したホテルです。

無料で「アメニティスタンド」やお菓子、アイス、ソフトドリンク、ビール、スパークリングワインなどが飲み放題の「ウェルカムラウンジ」が利用できます。

安価なのにサービスが充実しているので人気のホテルです。

浦安ビューフォートホテル

東京ディズニーリゾートまで車・バスで15分程の距離にあるホテルです。

浦安駅徒歩1分の位置にあり、安価な値段で宿泊できることから根強いリピーターのディズニーファンがいることでも知られています。

一番の魅力は新鮮な食材を使った日替わりの朝食バイキングです。

リゾートホテルと比べると客室や館内施設の充実度は低いですが、おいしい食事を食べたい人にはおすすめです。

アパホテル東京潮見駅前

2023年にリニューアルオープンしたので利便性はもちろん清潔感のあるホテルです。

舞浜駅には3駅9分程で到着します。

アパホテル潮見駅前は塩見駅から徒歩1分の距離にあり、駅前通りの道は整備され歩道もあるので、学生さんや女性のディズニー旅行の方でも安心して泊まれます。

ビジネスホテルですが、コスパも良く大浴場もあるので、一日パークで遊んで疲れた身体を癒すことができますよ。

東京ベイ潮見プリンスホテル

東京ベイ潮見プリンスホテルは、舞浜駅から電車で3駅約9分の塩見駅にあります。

2020年開業のフレッシュホテルでベイサイドならではの解放的なゆったり穴場リゾートになっています。

「クレンジングオイル」「化粧水」「洗顔」などのアメニティの種類が豊富にそろっており、手ぶらで泊まる方もいるようです。

3人~4人で広々と宿泊できる「ファミリルーム」もあるので家族連れや女子旅、グループ旅行にもおすすめです。

深夜1時まで営業しているサウナ付き大浴場で歩き疲れた身体をリフレッシュできますよ。

まとめ:ディズニーランドのホテル予約の裏ワザ7選!安く泊まる方法はある?

今回は「ディズニーランドのホテル予約の裏ワザ、安く泊まれる方法」をご紹介しました。

やはりディズニーホテルは時期にもよりますが、ハイシーズンは1泊20万以上するホテルもあり、かなりの高額になります。

ですが、その分ホテル内の細かい部分までディズニーを感じることができるので、ディズニー好きには憧れのホテルです。

泊まる時期や客室によって金額が大きく異なりますので、今回ご紹介した裏ワザ7つをぜひ参考に賢く宿泊してみてください♪

日中はディズニーランドで思いっきり楽しみ、夜はディズニーホテルでディズニーの世界観のままゆっくり過ごす、贅沢なプランを立ててみてはいかがでしょうか。

目次