\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

袋田の滝の駐車場の混雑状況は?おすすめはどこ?

当ページのリンクには広告が含まれています。
袋田の滝の駐車場の混雑状況は?おすすめはどこ?
スポンサーリンク

袋田の滝の駐車場の混雑状況を紹介します。

茨城県の県北にある「袋田の滝」は日本三名瀑のひとつです。

滝の大きさは高さ120メートル、幅73メートルで、春は「新緑」夏は「涼」秋は「紅葉」冬は「氷瀑」と一年中息を飲む絶景が味わえます。

一説では西行法師がこの地を訪れた時「この滝は四季に一度ずつ見なければ真の風趣は味わえない」と絶賛したことから別名「四度の滝」とも言われています。

そんな一年中絶景を味わえる袋田の滝の駐車場の混雑状況について今回はご紹介します。

おすすめの駐車場もご紹介しますので参考にして下さいね。

\周辺の観光スポットや宿泊先が分かる/

>>袋田の滝の詳細はこちらをクリック

目次
スポンサーリンク

袋田の滝の駐車場の混雑状況は?

袋田の滝の駐車場はどのくらい混雑しているのでしょうか。

その前に袋田の駐車場についてご紹介しますね

袋田の滝にある観光施設の袋田の滝や観瀑トンネルには専用の駐車場はありません。

そのため、手前にある民間や町営の駐車場に車を停めなくてはいけません。

滝から1㎞ほど離れた所に町営の無料駐車場が2箇所(収納台数270台)あります。

GWや紅葉シーズンは袋田の滝に近づくほど混雑するので、混雑時は多少離れていても、迷わず駐車して徒歩で移動した方がいいでしょう。

それでは、袋田の滝周辺の駐車場の混雑状況についてご紹介します。

  • 平日の混雑状況
  • 土日祝日の混雑状況
  • GWの混雑状況
  • 夏休み、お盆時期の混雑状況
  • 紅葉時期の混雑状況

平日の混雑状況

平日は土日祝日ほど混雑しませんが、11時から15時が混雑の時間帯です。

満車で停められないということはありませんが、袋田の滝に近い駐車場は徐々に埋まっていきます。

また、袋田の滝は人気観光スポットと言うこともあり、観光ツアーを利用している人がぞくぞくと11時過ぎには来るので、もしゆっくり観光したい場合は10時くらいに着くようにしましょう。

土日祝日の混雑状況

土日祝日は平日よりも混雑し、10時から15時が混雑の時間帯です。

満車で駐車所探しをする程ではありませんが、近くの駐車場は埋まり、少し離れたところに停めることになります。

GWの混雑状況

GWは午前9時には駐車場は満車になってしまうので注意が必要です。

付近には常陸太田市の竜神吊橋というバンジージャンプ施設もあるので、合わせてアクセスする人も多く、駐車場や周辺の道路も混み合います。

夏休み、お盆時期の混雑状況

お盆の時期は毎年激混みになり、午前9時には駐車場は満車になります

高速道路や周辺道路も混雑渋滞するので注意が必要です。

紅葉時期の混雑状況

紅葉シーズンの平日は11時ごろから徐々に混雑してきます

土日祝日は10時から混雑し始め15時までかなり混雑します

また、土曜日よりも日曜日の方が混雑する傾向にあるようです。


紅葉の見頃は11月上旬から11月中旬なのでこの期間が最も混雑が予想されます。

土日祝日はチケットを買うのに10分以上の待ち時間が発生することもあるので注意してください。


またライトアップしている日は17時ごろから19時ごろまで混雑しています。

\周辺の観光スポットや宿泊先が分かる/

>>袋田の滝の詳細はこちらをクリック

スポンサーリンク

袋田の滝の渋滞回避方法

袋田の滝の周辺道路は渋滞しやすいため、ここからは渋滞回避方法について紹介していきます。

  • 平日の混雑回避方法
  • 土日祝日の混雑回避方法
  • GWの混雑回避方法
  • 夏休み、お盆時期の混雑回避方法
  • 紅葉時期の混雑回避方法
  • 観光客の少ない時期に行く

平日の混雑回避方法

平日は特に目立った混雑はありませんが、11時ごろから人が徐々に増え、近くの駐車場は埋まってくるので10時くらいまでに到着できるようにしましょう

土日祝日の混雑回避方法

休日の混雑のピークは10時から15時になります。

そのため、混み始める前の8時から9時に着くことをおすすめします。

GWの混雑回避方法

GW期間中は袋田の滝以外にも周辺の道路も大変混雑し、渋滞が発生します。

渋滞を回避するためにも午前6時から7時に着くことをおすすめします。

夏休み、お盆時期の混雑回避方法

夏休み期間中は、8月上旬からお盆まで大混雑するので、7月や8月下旬の平日に行くことをおすすめします。

またお盆期間中に行かれるのでしたら、お盆中は高速道路や周辺道路も大変混み合うので、混雑を避けるためにも午前6時から7時には着くようにしましょう

紅葉時期の混雑回避方法

紅葉シーズンはかなり混雑しますので、平日は9時ごろから10時ごろ、土日祝日は7時ごろから9時ごろには到着するようにしましょう。

7時くらいに到着していると安心です。

観光客の少ない時期

以下はシーズンオフ中などであまり混雑しません。

  • 1月2月の寒い時期
  • 梅雨の時期
  • 小雨の時
  • 9月(夏休み後)
  • 冬休み(クリスマス、イルミネーション時期)

冬のイルミネーションはとても綺麗で、毎年SNSで多くの方が口コミをあげています。

あまり混雑しないのでイルミネーションの穴場かもしれませんね。

ですが、冬の山は特に寒いので服装には気を付けて下さい。

スポンサーリンク

袋田の滝のおすすめの駐車場は?

袋田の滝のおすすめの駐車場として、無料駐車場と有料駐車場をご紹介します。

有料駐車場の中には店舗を利用すると無料になる駐車場もあるので参考にしてください。

無料駐車場

まずは無料駐車場から紹介します!

袋田の滝 第一駐車場

〒319-3523 茨城県久慈郡大子町袋田593

駐車台数 50台
営業時間 24時間
滝までの所要時間 徒歩約13分

無料駐車場の中でも袋田の滝に一番近い駐車場です。

有料駐車場より距離がありますがトイレが完備されています。

駐車台数が50台なので平日は大丈夫ですが、休日は時間帯によっては満車になっている可能性があります。

袋田の滝 第二駐車場

〒319-3523 茨城県久慈郡大子町袋田628

駐車台数 220台
営業時間 5月~10月:8時~18時/11月~4月:9時~17時
滝までの所要時間 徒歩約15分

有料駐車場に比べると少し離れていますが、第一駐車場と同様にトイレが完備されています。

第二駐車場の方が駐車台数は多いので、混雑時期はおすすめです。

有料駐車場(店舗利用で無料)

次にご紹介するのは、お土産購入や食事など店舗を利用すると駐車場料金が無料になる場所をご紹介します。

多喜乃家 菊池みやげ店

〒319-3523 茨城県久慈郡大子町袋田3-10

駐車台数 5台
料金 500円(店舗利用で無料)
営業時間 8時~17時
滝までの所要時間 徒歩約1分

袋田の滝まで1分と言う近さですが、駐車台数が5台と少ないので、混雑時は満車になる可能性が高いです。

もし利用したい場合は早めに着くようにしましょう。

まるせんや

〒319-3523 茨城県久慈郡大子町袋田8

駐車台数 約7台
料金 500円(店舗利用で無料)
営業時間 8時半~17時
滝までの所要時間 徒歩1分

お店では「アユの塩焼き」や「つくね串」「団子串」「かき氷」など食べ歩きにピッタリな軽食が売っています。

またお土産も購入できますよ。

たきもと

〒319-3523 茨城県久慈郡大子町袋田51

駐車台数 約20台
料金 500円(店舗利用で無料)
営業時間 9時~17時
滝までの所要時間 徒歩約4分

お食事処なのでそばやうどんなどを食べることができます。

値段もとてもリーズナブルです。

駐車台数が15台と他のお店より多めなので、袋田の滝周辺で食事を考えている方にはおすすめです。

新滝

〒319-3523 茨城県久慈郡大子町袋田178-1

駐車台数 約10台
料金 500円(店舗利用で無料)
営業時間 8時半~17時
滝までの所要時間 徒歩約4分

刺身こんにゃくが美味しいと評判のお店です。

お店の方もアットホームな雰囲気です。

滝本屋本店

〒319-3523 茨城県久慈郡大子町袋田184-1

駐車台数 約20台
料金 500円(店舗利用で無料)
営業時間 9時~17分
滝までの所要時間 徒歩約5分

麺類や定食などの食事メニューから、袋田名物のそばやこんにゃく、奥久慈しゃも、ゆばなどを使ったメニューも多数あります。

また店内は広く300種類のお土産を取り扱っています。

有料駐車場

続いて有料駐車場をご紹介します。

滝の駐車場 根本

〒319-3523 茨城県久慈郡大子町袋田159

駐車台数 約40台
料金 500円
営業時間 9時~18時
滝までの距離徒歩約6分

こちらの駐車場は、お土産や食事をする予定がない方におすすめです。

スポンサーリンク

まとめ:袋田の滝の駐車場の混雑状況は?おすすめはどこ?

袋田の滝の駐車場の混雑状況について紹介しました。

袋田の滝は人気の観光スポットなので常に観光客で賑わっています。

混雑を避けるのでしたらやはり平日に行くことをおすすめします。

GWやお盆、紅葉の時期は混雑し、高速道路や周辺道路は渋滞も発生して激混みになる可能性がありますが、もしこの時期に行かれるのでしたら朝早く着くようにしましょう。

袋田の滝の周辺には、竜神大吊橋や花貫渓谷、袋田温泉などの温泉地もあるので、早めに袋田の滝の観光をして温泉でゆっくりするもの良いかもしれませんね。

混雑をなるべく回避して充実した観光をしましょう。

\周辺の観光スポットや宿泊先が分かる/

>>袋田の滝の詳細はこちらをクリック

目次