便利グッズ

ティファール「テイエール」を比較!これまでの電気ケトルとの違いを調査

ティファールテイエール 比較

ティファールからそのままティーポットとして使える電気ケトル「テイエール」が販売されます。

この「テイエール」は、ティファール初のお茶や紅茶をいれることができる温度コントロールタイプの電気ケトルとなっています。

電気ケトルでお茶や紅茶がいれられるとは、どういうことなのでしょうか?

ティファールの新商品「テイエール」は、これまでのティファールの電気ケトルとどこが違うのか、徹底比較しました。

スポンサーリンク

ティファール「テイエール」をこれまでの電気ケトルと徹底比較!

ティファールからティーポット機能が付いた、電気ケトル 「テイエール」 が販売されます。

電気ケトルといえば「お湯を沸かすもの」というイメージがありますが、この 「テイエール」 はお茶や紅茶をいれることができるんです!

「テイエール」 はフランス語で「ティーポット」を意味するそうです。

「テイエール」 とこれまでの電気ケトルとの違いは、

  • 取り外しできる茶こしが付属している
  • 「煮出しボタン」が付いている
  • タッチパネル式の電源プレートで7段階の温度設定が可能
  • 割れにくい耐熱強化ガラス(耐熱温度170度)を採用
  • オリジナルレシピ12種類が載ったレシピブック付き

主にこの5つです。

「テイエール」 には取り外しできる茶こしが付属しています!

お湯を沸かしたいときは茶こしを取り外せば電気ケトルとして使えます。

茶こしを付け、その中に紅茶などの茶葉を入れれば、今度はティーポットとして使うことができます。

ティーポットとして使えるのはかなり便利ですよね!

例えば紅茶をいれるとき、

  1. 茶葉をティーポットに入れておく
  2. 電気ケトルでお湯を沸かす
  3. 電気ケトルのお湯をティーポットに注ぐ

今まではこのような手順で紅茶を作っていたと思います。

しかし 、「テイエール」 なら別でティーポットを用意する必要がありません!

  1. 茶葉を付属の茶こしに入れる
  2. お湯を沸かす

手順が1つ減るだけで、だいぶ楽になりますよね。

洗い物も少ないし、良いことだらけです!

さらに、「煮出しボタン」が付いているので、1~10分まで1分単位での煮出し時間の設定が可能です。

この 「煮出しボタン」 でフルーツを加えて煮出し、フルーツティーを作ることも可能なんですよ!

温度も7段階設定できて、お湯を沸かした後は5~60分間まで5分単位で保温が可能です。

しかもレシピブックまで付いてきます。

12種類のレシピのうち、3レシピは「クスミティー(KUSMI TEA)」とコラボしたレシピということで、これまで飲んだことがない紅茶を楽しめそうですね。

このように、「テイエール」はとにかく機能が豊富で手軽!

「テイエール」 が販売されたら、私たぶん買います(笑)

スポンサーリンク

「テイエール」の通販購入先は?

「テイエール」 は2021年10月に販売予定です。

販売までまだ先のため、現在はどこの通販も取り扱っておらず、購入できるところはありません。

購入先が分かり次第、追記します。

参考価格は15,813円です。

スポンサーリンク

まとめ:ティファール「テイエール」を比較!これまでの電気ケトルとの違いを調査

ティファールのそのままティーポットとして使える電気ケトル「テイエール」を紹介しました。

これまでの電気ケトルとの違いを改めてまとめます。

  • 取り外しできる茶こしが付属している
  • 「煮出しボタン」が付いている
  • タッチパネル式の電源プレートで7段階の温度設定が可能
  • 割れにくい耐熱強化ガラス(耐熱温度170度)を採用
  • オリジナルレシピ12種類が載ったレシピブック付き

「テイエール」は、お湯を沸かすことも、お茶や紅茶をそのまま作ることもできる万能電気ケトルでした。

ティーポットでお茶をよく飲む方には特におすすめですよ!

こちらの記事もおすすめ!