生活の知恵

フリードにして良かった!子育て中のママがオススメする理由

子育て中のママにはフリードがおすすめ

子どもがいるとある程度大きな車が必要になってきます。

私もトヨタのヴィッツに乗っていたのですが、長男が産まれてからは乗せ降ろしが大変で狭く感じ、車を買い替えることになりました。

私が今乗っている車はフリードです。

こちらは2019年4月に購入しました。

フリードは子育て中のママにぜひオススメしたい車です

  • 車体が大きすぎずちょうど良く運転しやすい
  • 6人or7人乗りがあるので家族が多い家庭にピッタリ
  • 6人乗りのウォークスルーが便利
  • 大きさの割に車内が広い
  • ホンダセンシングで高速の運転が楽
  • パワースライドドアで子どもの乗り降りが楽
  • 室内確認用ミラーが付いているのでいつでも子どもの様子を確認できる
  • 後部座席はロールサンシェイド付きで日差しが気にならない
  • フロントガラスはUVカット機能付きで日焼けを防止できる
  • プラズマクラスター搭載のエアコンで消臭
  • 収納が使いやすい位置にあって便利

いっぱい書いてしまいましたが、それだけ魅力的な車なんです。

私は車の性能とか難しいことは全然わかりません。
そのため、女性目線、ママ目線でフリードの魅力をお伝えしていきます。

それでは私の愛車フリードについて詳しく紹介していきます。

フリードの残念ポイント

まず初めに、フリードを実際に乗ってみて分かった残念ポイントを紹介します。

  • 床下収納がない
  • 3列目シートが床下に収納できない
  • 3列目を使用すると荷室が狭い

それぞれ詳しく説明します。

床下収納がない

フリードには残念ながら床下収納がありません。

よくフリードと比較されるシエンタには床下収納があるので残念に感じました。

実際、床下収納はあった方が便利です

以前乗っていたヴィッツには床下収納があったのですが、床下収納は車に常に載せておきたいものを置きやすいんですよね。

例えば、掃除道具とかタオルとか。

写真のように、収納できる場所がないため、3列目シートを跳ね上げて床に置いています。

もし床下収納があったら見えないよう収納できるのに…と思い残念に感じました。

3列目シートが床下に収納できない

3列目シートは跳ね上げ式になっており、床下に収納できません。

写真右側のように収納します。

シエンタはダイブイン機能となっており、2列目シートの下に収納するのでスッキリします。

そのため、シエンタより使用できる範囲が狭くなります。

しかし、シエンタの収納は重たくて面倒だという口コミもあります。
女性にとって重いのはデメリット。
そう考えると、多少力は要りますがフリードは跳ね上げるだけなので楽です。
跳ね上げた時の視界も気になりません。

3列目を使用すると荷室が狭い

我が家は4人家族なので、普段は3列目を使用しません。

そのため、3列目の片方のシートを常に跳ね上げて収納スペースを確保している状態です。

しかし、3列目を使うとなると荷室がかなり狭くなります。

奥行きは約25cmです。

先日6人で旅行に出かけたのですが、旅行カバンを横並びに2個置き、その上に荷物を何とか載せていました。

上の荷物はさらに奥行きが狭くなるので、落下しないよう載せるのが大変です。

荷物が多くなる子育て中の家庭にとって、荷室の狭さはデメリットと感じました。

フリードが子育て中のママにオススメの理由

フリードのデメリットを紹介してきましたが、フリードはオススメする理由の方が圧倒的に多いです。

ここからはフリードを子育て中のママにオススメする理由を紹介していきます。

  • 車体が大きすぎずちょうど良く運転しやすい
  • 6人or7人乗りがあるので家族が多い家庭にピッタリ
  • 6人乗りのウォークスルーが便利
  • 大きさの割に車内が広い
  • ホンダセンシングで高速の運転が楽
  • パワースライドドアで子どもの乗り降りが楽
  • 室内確認用ミラーが付いているのでいつでも子どもの様子を確認できる
  • 後部座席はロールサンシェイド付きで日差しが気にならない
  • フロントガラスはUVカット機能付きで日焼けを防止できる
  • プラズマクラスター搭載のエアコンで消臭
  • 収納が使いやすい位置にあって便利
今回紹介するプラズマクラスター搭載エアコン、ロールサンシェイド、UVカット機能付きフロントガラスはCパッケージというオプションです。
Cパッケージは女性に人気のオプションで、付ける人が多いそうです。

それぞれ詳しく説明します。

車体が大きすぎずちょうど良く運転しやすい

実はフリードの前はステップワゴンを運転していました。

全長は、

  • ステップワゴン … 4,690mm
  • フリード    … 4,265mm

となっており、約400mmの違いではありますが、この長さが私は嫌でした。

特に狭い道や狭い駐車場、混んでいる駐車場などを運転する時は大きい車だと気を使います。

その点、フリードは小回りも効くので運転がしやすいです。

女性は大きい車の運転が苦手な人も多いと思います。
だけど家族が4人以上となると軽自動車など小さい車は車内が狭くなってしまいますよね。
その点フリードは「ちょうど良い」大きさのファミリーカーで女性でも運転がしやすいです。

6人or7人乗りがあるので家族が多い家庭にピッタリ

フリードは6人乗りか7人乗りを選べます。

我が家は4人家族ですが、4人乗りや5人乗りの車は狭いだろうと考え、6人乗り以上の車を考えていました。

我が家は6人乗りを選びましたが、やはり6人乗りにして正解だったと思っています。

6人乗りのおかげでチャイルドシートを2つ付けても狭く感じません。

5人乗りだと、チャイルドシートを2つ後部座席に付けた場合、間に大人が座るのは難しくなります。
そう考えると、子どもが2人でも6人乗り以上の車がベストだと感じます。
我が家の場合、たまに親と一緒に出掛けることもあるので、6人乗り以上にしたいという理由もありました。

6人乗りのウォークスルーが便利

6人乗りの場合、ウォークスルーとなっているのですが、これがとっても便利!

運転席から後ろの席を見た写真です。

1列目と2列目の席が独立しており、その間を歩けるようになっています。

我が家は2列目にチャイルドシートを2つ付けていますが、付けたままでも大人が通ることができます。

子どもがいると車内を移動することがあると思いますが、7人乗りの場合、2列目の真ん中のシートを折りたたむという手間があるので面倒です。

7人乗りの場合、我が家のように2列目にチャイルドシートを2つ付けていると、シートを折りたたむことができません。
また、7人乗りは2列目に3人座ることができますが、2列目にチャイルドシートが2つあると狭くて間に大人が座るのが難しいので結局座れません。
子どもが1人なら7人乗りでもいいと思いますが、2人以上であれば6人乗りの方が使いやすいと思います。

大きさの割に車内が広い

フリードは大きさの割に車内は広く感じます。

3列目も広いわけではありませんが、乗り心地は悪くないです。

車内の広さは、子どもがいると便利なことが多いです。
オムツ替えもしやすいですし、車内の移動もしやすくなります。

ホンダセンシングで高速の運転が楽

ホンダセンシングには度肝を抜かれました。

ホンダセンシングの自動運転が素晴らしいです!!

基本、高速で使うことにはなるのですが、高速の運転が楽になります。

私は実家に帰る時は高速を使います。
ホンダセンシングのおかげで帰るのが楽になりました。
前の車との距離を保ってくれたり、車線からはみ出さないようにしてくれたり…ホンダセンシングなら苦手な高速道路の運転も楽にできますよ♪

パワースライドドアで子どもの乗り降りが楽

子どもがいる家庭にとって車の必須条件ともいえるのがスライドドア

フリードももちろん付いています。

フリードは、ドアハンドルを軽く引くだけで開閉ができるのでさらに便利です。

指で軽く引くだけでドアの開閉ができるので、小さい子どもでも楽にできます。

ドアのロック解除は前のドアハンドルを触るだけだし、ロックも黒いボタンを押すだけです。

子どもを抱っこして車の乗り降りをする時や子どもが自分でドアを開閉する時にはやはりスライドドアが便利です。

室内確認用ミラーが付いているのでいつでも子どもの様子を確認できる

フリードにはミラーの上に室内確認用のミラーが付いています。

運転中でも室内確認用のミラーのおかげで子どもの様子を確認することができます。

振り返らずに後ろの子どもの様子を確認できるのは便利だし安全です。

後部座席はロールサンシェイド付きで日差しが気にならない

後部座席にはロールサンシェイドが付いています。

下から持ち上げて、上に引っかけるだけでサンシェイドが作れるので便利です。

子どもは2列目に乗せているので、このサンシェイドがとても役に立っています。

サンシェイドって窓に付けると邪魔になるし窓の開閉ができなくなりますよね。
ロールサンシェイドなら引っ張るだけだし窓の開閉もできます!
実はロールサンシェイドに惹かれてオプションを付けました。
直射日光を防ぐことができるので、夏に大活躍で本当に付けて良かったです♪

フロントガラスはUVカット機能付きで日焼けを防止できる

フロントガラスはUVカット機能付きなので日焼けを防止することができます。

IRカットという赤外線カット機能も付いているので、車内に熱がこもりにくくなります。

女性は紫外線が気になるもの。
UVカット機能が付いていると、日差しの強い夏場も日焼けを気にせず運転ができます♪

プラズマクラスター搭載のエアコンで消臭

エアコンにはプラズマクラスターが搭載されています。

車内の空気を綺麗にし、消臭もしてくれるので車内で快適に過ごせます。

特に子どもがいると匂いが気になる時があります。
フリードならプラズマクラスターが付いているので、いつでも車内はキレイです♪

収納が使いやすい位置にあって便利

フリードは収納が豊富にあり、使いやすい位置にあります。

運転席と助手席の間にはセンターテーブルがあり、スマホを置く時などに便利です。

センターテーブルの上にはドリンクホルダーがあります。

ここに2つドリンクホルダーがあれば運転席と助手席で使えたのでよかったのですが1つでした。

センターテーブルの下にも収納があり、私は充電ケーブルなどを置いています。

前の車は助手席側にインパネアッパーボックスがあったのですが、フリードは運転席側に付いています。

ここにティッシュやタオルを入れているので、運転中でも取り出しやすいのが便利です。

3列目にも収納があります。

助手席側にも収納があり、平らな所にはスマホを置くこともできて便利です。

ドアにも収納がたくさんあり、ドリンクホルダーまで付いています。

私はドア下に折り畳み傘などを入れています。

フリードは収納がとても多いです。
しかも使いやすい位置にあるという印象です。

シエンタではなくフリードを選んだ理由

フリードを選ぶ時によく比較されるのがシエンタです。

我が家もフリードとシエンタの2択となり、どちらにするか迷っていました。

我が家の場合、

  • シエンタの外観が好きではなかった
  • 3列目の乗り心地はフリードの方が上
  • フリードにはウォークスルーがある
  • ホンダセンシングが魅力的

この4つでフリードに決めました。

シエンタの外観が好きではなかった

シエンタのフロントマスクは髭があるような独特の外観です。

この外観が好きではなく、デザインが好みではない車には乗りたくなかったのでシエンタはなしになりました。

その点フリードはシンプルなデザインで馴染みやすく、こちらの方が好みでした。

3列目の乗り心地はフリードの方が上

フリードは座面が低いのが欠点ではありますが、空間の広さはフリードの方が上なので乗り心地はフリードの方が良いです。

実際、長時間3列目に乗ったことがありますが、不快に感じたことはありません。

また、フリードの3列目は跳ね上げ式ですが、このようにすることもできます。

跳ね上げず、背もたれを畳んでいるだけの状態です。

跳ね上げるのが手間な場合、このように背もたれを畳んだ状態にして上に物を置くこともできます。

フリードにはウォークスルーがある

フリードの最大の決め手と言っても過言ではないのが6人乗りにすればウォークスルーがあること

1列目から3列目まで車内を歩いていけるのは、何かと手がかかる小さい子どもがいる家庭には大きなメリットです。

実際、すごく便利で6人乗りにして良かったと思っています。

シエンタにも6人乗りはありますが、独立したキャプテンシートではなく、間にトレイがあってウォークスルーができません。
そのため、3列目に行くのがやはり手間です。
その点フリードの6人乗りはウォークスルーで何もする必要がないので楽です。

ホンダセンシングが魅力的

私は時々高速を運転するので、自動運転のあるホンダセンシングには惹かれていました。

先日長距離の旅行に行ったのですが、ホンダセンシングのおかげで運転がとっても楽でした。

私は高速のカーブの多い山道やトンネルの運転が苦手なのですが、ホンダセンシングの自動運転のおかげで手と足を添えているだけでよかったので、すごく楽でした。
高速の運転が苦手な方にはぜひオススメです!

まとめ:フリードにして本当に良かった!子育て中のママにオススメ!

フリードについて、子育て中のママ目線で紹介しました。

フリードは荷室が狭いことや床下収納がないことは残念に感じましたが、それ以外は大満足です!

フリードの魅力をまとめます。

  • 車体が大きすぎずちょうど良く運転しやすい
  • 6人or7人乗りがあるので家族が多い家庭にピッタリ
  • 6人乗りのウォークスルーが便利
  • 大きさの割に車内が広い
  • ホンダセンシングで高速の運転が楽
  • パワースライドドアで子どもの乗り降りが楽
  • 室内確認用ミラーが付いているのでいつでも子どもの様子を確認できる
  • 後部座席はロールサンシェイド付きで日差しが気にならない
  • フロントガラスはUVカット機能付きで日焼けを防止できる
  • プラズマクラスター搭載のエアコンで消臭
  • 収納が使いやすい位置にあって便利
フリードは子育て中のママが使いやすい車です。
個人的にはウォークスルーができる6人乗りがオススメ!
オプションはロールサンシェイドやUVカットガラスがあるCパッケージを選ぶのがオススメです♪

私の友人もフリードを購入予定で、ママに人気の車です。

ぜひフリードを検討してみてくださいね!

我が家はフリードを買う前、以前乗っていた車をガリバーで無料査定してもらいました。

査定額の値上げをお願いしたら約20万円ぐらいあがったこともあるので、割と柔軟に対応してくれる印象です。

良かったら無料で査定できるのでご利用ください。

中古車買取なら、ガリバー【無料査定】

【鹿児島 指宿周辺】実際に行ったおすすめ観光スポット5つを紹介!先日、鹿児島県の指宿へ観光に行きました。 親が鹿児島の出身なので、鹿児島へは何度も足を運んでいるのですが、実は指宿には行ったことが...
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です