生活の知恵

【洗濯ネットの正しい使い方】衣類の傷みや絡まりを防ぐ方法

洗濯ネットの正しい使い方

洗濯に関する悩みは多いものですが、例えば次のような悩みを持っている人もいるかと思います。

  • 汚れの落ちがいまいち
  • 型崩れやしわになってしまった
  • 糸くずが付着している

実はこれらの悩み、洗濯ネットの使い方が間違っている可能性があります。

何となく洗濯ネットを使っている方も多いかもしれませんが、実は正しい使い方があるんです。

より効果を得られる洗濯ネットの使い方は次の5つです。

  • ちょうど良いサイズの洗濯ネットを使う
  • 洗濯ネットの目の粗さは目的に分けて使い分ける
  • 汚れの部分を外側に入れる
  • ファスナーなどは閉じてから入れる
  • 乾燥機では使わない

ちょっとした使い方の違いですが、より洗濯や乾燥の効果を得たい場合はぜひこの5つを試してみてほしいと思います。

それでは洗濯ネットの正しい使い方を詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

洗濯ネットが必要な理由

洗濯ネットは、

  • おしゃれ着
  • デリケートな下着
  • ニット類

といった衣類を洗う時に使っている方が多いと思います。

洗濯機での洗濯は、水流の中でもまれるため、どうしても洗濯物同士が接触してしまいます。

そこで洗濯ネットを使うことで、

  • 衣類の傷みを減らす
  • 衣類の絡まりを防ぐ
  • 糸くずの付着を防ぐ

このような効果があるんです。

サイズや目の粗さの違うものを色々揃えておくのがおすすめです♪

ブラジャー用、ニット用など専用の洗濯ネットが販売されています。

専用の物を使うことで衣類がより傷みにくくなったり絡まりにくくなったりするので多種類の洗濯ネットを用意しておきましょう。

洗濯ネットを使うことで大事な衣類を守り、長く着ることができます♪
スポンサーリンク

洗濯ネットの効果的な使い方

洗濯には洗濯ネットが必要なことが分かりました。

では具体的にどのように使えばいいのでしょうか?

気を付けたいポイントは次の5つです。

  • ちょうど良いサイズの洗濯ネットを使う
  • 洗濯ネットの目の粗さは目的に分けて使い分ける
  • 汚れの部分を外側に入れる
  • ファスナーなどは閉じてから入れる
  • 乾燥機では使わない

それぞれ具体的に見ていきます。

ちょうど良いサイズの洗濯ネットを使う

洗濯ネットを使う時は衣類がちょうど入るサイズの洗濯ネットを使うのがオススメです。

ちょうど良いサイズの洗濯ネットを使うと生地の摩擦が減るので、衣類が傷みにくくなるんです。

洗濯ネットが大きすぎる場合、中で余分なスペースができてしまいます。

そうなると、洗濯ネットの中で衣類が動いてしまい、衣類が傷む原因となってしまうのでよくありません。

大きいサイズの洗濯ネットしかない場合、衣類が動かないように結ぶといいですよ♪

このように余分なスペースを結んであげると衣類が動きにくくなり、衣類の傷みを防ぐことができます。

衣類を詰め込むのもやめましょう。

洗濯ネットに何枚もの衣類を詰め込んでギュウギュウにしてしまうと、今度は逆に窮屈となり型崩れやしわの原因となり、汚れも落ちにくくなってしまいます

そのため、洗濯ネットは衣類に合ったちょうど良いサイズのものを使うのがベストなんです。

大事な衣類を守るためにも、ぜひ洗濯ネットの大きさは意識したいところです。

洗濯ネットの目の粗さは目的に分けて使い分ける

洗濯ネットには目の粗い洗濯ネット、目の細かい洗濯ネットの2種類があります。

この2つの洗濯ネットは、次のように使い分けると効果的です。

目の粗い洗濯ネット
  • 型崩れを防ぎつつ汚れを落とすことを重視したい衣類
  • ワイシャツなど飾りのない衣類
目の細かい洗濯ネット
  • 飾りがあるデリケートな衣類
  • ブラジャーなどの下着類

目の粗い洗濯ネットは、汚れも落としつつ衣類を守ってくれます。

しかし、ホックなど細かい装飾がある衣類だと目の粗い洗濯ネットではネットからはみ出し、衣類を傷めてしまうリスクがあります。

その場合は目の細かいネットを使うとそのリスクを防ぐことができます。

洗濯ネットは目の粗さでもうまく使い分けると効果的です♪

汚れの部分を外側に入れる

汚れが気になる部分が外側になるように洗濯ネットに入れましょう。

外側にすることで、

  • 洗剤が汚れに届きやすくなる
  • 水流や他の洗濯物の摩擦を受けやすくなる

このような理由により、より汚れが落ちやすくなります。

固形物が付着している場合は洗濯をする前にブラシなどで落としておくとより綺麗になりやすいです。

ファスナーなどは閉じてから入れる

ファスナーを閉じずに洗濯をすると、衣類が洗濯ネットから出てしまい、衣類が傷む原因となってしまいます。

ファスナーは衣類を守るためのものです。

ファスナーは必ず閉じるように気を付けましょう。

乾燥機では使わない

乾燥機を使う場合は、洗濯ネットから衣類を取り出して使います。

乾燥に偏りが出てしまうためです。

洗濯ネットに入れたままだと乾燥機の温風が当たる場所が限られてしまうため、部分的に生乾きになる可能性があります。

私はこれ、実は経験があります。

洗濯ネットにズボンを入れて乾燥機にかけましたが、ズボンの外側のみ乾いて中側は全然乾いていませんでした。

もう1度乾燥をしなければならなくなり、時間も電気代もロスしてしまいました。

乾燥を効果的に行いたいのであれば、洗濯ネットは使わないのがベターです。

スポンサーリンク

まとめ:洗濯ネットの正しい使い方

普段何気なく使っている洗濯ネットですが、正しい使い方をすることで洗濯や乾燥がより効果的になることがあります。

洗濯ネットを使うことで、

  • 生地が傷みにくくなる
  • 衣類の絡まりを防ぐ
  • しわになりにくくなる
  • 飾りを守る
  • 糸くずの付着を防ぐ

このようなメリットがあります。

さらに、洗濯ネットは次の5点に気を付けて使うとより効果的です。

  • ちょうど良いサイズの洗濯ネットを使う
  • 洗濯ネットの目の粗さは目的に分けて使い分ける
  • 汚れの部分を外側に入れる
  • ファスナーなどは閉じてから入れる
  • 乾燥機では使わない

ちょっとした使い方の違いで効果が変わったり衣類を守ったりすることができるので、ぜひ頭に入れておいてもらえると嬉しいです。

洗濯物の匂い 洗濯カゴ
洗濯物の匂い対策に!メッシュタイプの洗濯カゴが必要な理由洗濯機でしっかり洗ったはずが、洗濯物の匂いが気になることありませんか? 洗濯物の匂いの原因はモラクセラ菌という雑菌の繁殖によるもの...
時短できるオススメの洗濯ハンガー
洗濯が時短できて楽しくなる!オススメの【洗濯ハンガー4選】毎日の洗濯は大変です。 特に朝は忙しく、少しでも手間を減らして家事の時短をしたいですよね。 私は子どもが保育園に行く...
こちらの記事もおすすめ!