ベビー用品

パパにもオススメ!オシャレで楽な【キューズベリーの抱っこ紐】を徹底レビュー

オススメの抱っこ紐はキューズベリー

子どもが産まれて必要になるのが抱っこ紐。

抱っこ紐にも様々な種類があり、どれを買えばいいのか悩みますよね。

私が悩みに悩んで買った抱っこ紐はこちらです。

キューズベリーの抱っこ紐です。

このキューズベリーの抱っこ紐は、

  • 前開きファスナーで赤ちゃんの出し入れや寝かしつけがしやすい
  • インナーメッシュで通気性が良い
  • 肩や腰への負担が少ないよう工夫されている
  • 安心の日本製で日本の赤ちゃんに合わせて作られている
  • おんぶが楽にできる
  • ヘッドカバー付き
  • ポケット付き
  • コンパクトに畳んで収納できる
  • シンプルでカジュアルなデザインなのでパパも使いやすい

といった特徴があり、肩や腰への負担が少なく楽に抱っこできる抱っこ紐なんです。

キューズベリーの抱っこ紐の1番のポイントは前開きファスナーがあること。
これのおかげで、抱っこ紐を外さず赤ちゃんを出し入れすることができます。
コートも脱ぐ必要がないですよ♪

抱っこ紐といえばエルゴの抱っこ紐が1番有名ですが、私は海外製品で日本の赤ちゃん向けに作られていないのが気になって買いませんでした。

なるべく日本製で肩や腰に負担がかかりにくい抱っこ紐を探したところ、キューズベリーの抱っこ紐を見つけたのです。

日本製のキューズベリーの抱っこ紐は、日本の赤ちゃんに合わせて作られているので安心して使うことができます。
肩や腰への負担も少なく、とっても使いやすい抱っこ紐ですよ。
シンプルなデザインで、ママだけでなくパパにもオススメです♪

今回はキューズベリーの抱っこ紐で2人の子どもを抱っこしてきた私が、キューズベリーの抱っこ紐について徹底レビューをしていきます。

\楽天市場でチェック/

キューズベリーの抱っこ紐を徹底レビュー

私は最初、知人に頂いた抱っこ紐を使っていました。

しかし、腰ベルトがないタイプの抱っこ紐だったため、長男が6か月頃に肩が痛くなって辛くなってしまいました。

そこで腰ベルト付きで肩や腰への負担が少ない抱っこ紐を探したところ、見つけたのがキューズベリーの抱っこ紐だったのです。

キューズベリーの抱っこ紐は、楽に抱っこできるだけでなく、とっても使いやすかったです!
1番のポイントは、抱っこ紐を取り外さなくても赤ちゃんを出し入れできることです。
そして、シンプルなデザインなので、ママだけでなくパパも使いやすい抱っこ紐です!

それでは早速、実際に2人の子どもの抱っこに使ってきた私が、キューズベリーの抱っこ紐を徹底レビューしています。

キューズベリーの抱っこ紐:残念ポイント

まずは、キューズベリーの抱っこ紐を使ってみて分かった残念ポイントを紹介していきます。

  • 装着には慣れが少し必要
  • ヘッドカバーが少し装着しづらい
  • 首すわり前は使えない
  • 前向き抱っこはできない

それぞれ詳しく紹介していきます。

装着には慣れが少し必要

前開きファスナーによる赤ちゃんの出し入れはとっても便利なのですが、最初は慣れが必要でした。

初めはうまくできず、片方の足は入ったけどもう片方の足を入れるのに時間がかかることもありました。

ファスナーを大きく開くことがコツです。

赤ちゃんを入れた後、ファスナーを上げる時もちょっとコツがいります。

気を付けないと赤ちゃんの衣服をファスナーで挟んでしまうこともあるので、抱っこ紐の内側の布をグッと中央に引っ張って寄せてからファスナーを上げるとスムーズに上がります。

最初は手こずりますが、慣れてくると楽に装着できますよ。

ヘッドカバーが少し装着しづらい

キューズベリーの抱っこ紐は、ヘッドカバーが付いています。

このヘッドカバー、取り付けるにはちょっとコツが要ります。

抱っこ紐の背中側の写真です。

肩紐の後ろに引っ掛けるようになっているのが分かるかと思います。

これが、抱っこした状態で後ろに手を回さないといけないので装着が難しいです

ちょっと手間なので、装着を諦めて前側にある肩紐との隙間にヘッドカバーの紐を挟んでいました。

ちょっと私には装着が難しかった印象があります。

首すわり前は使えない

首すわり前に使える抱っこ紐ではありません

首すわり前から抱っこ紐を使いたい人は、別の抱っこ紐を用意する必要があります。

ただ、首すわり前に出かけることは少ないし、首すわり前は体重も軽く手で抱っこすればいいので、首すわり前に使えなくてもそんなに問題ないかなと思います。

前向き抱っこはできない

対面抱っことおんぶはできますが、前向き抱っこはできないです。

前向き抱っこにしたかったこともあったのですが、できなくてちょっと残念でした。

キューズベリーの抱っこ紐:オススメポイント

キューズベリーの抱っこ紐は、装着にコツが必要だったりしますが、オススメできるポイントの方が圧倒的に多いです。

  • 前開きファスナーで赤ちゃんの出し入れや寝かしつけがしやすい
  • インナーメッシュで通気性が良い
  • 肩や腰への負担が少ないよう工夫されている
  • 安心の日本製で日本の赤ちゃんに合わせて作られている
  • おんぶが楽にできる
  • ヘッドカバー付き
  • ポケット付き
  • コンパクトに畳んで収納できる
  • シンプルでカジュアルなデザインなのでパパも使いやすい

ここからは、キューズベリーの抱っこ紐のオススメポイントを紹介していきます。

前開きファスナーで赤ちゃんの出し入れや寝かしつけがしやすい

キューズベリーの抱っこ紐は、前開きファスナーになっています。

このファスナーのメリットは

  • 抱っこ紐を外さなくても赤ちゃんを出し入れできる
  • 寝た赤ちゃんを抱っこ紐を外さずにおろすことができる

この2つです。

他の抱っこ紐を使っていた時は、赤ちゃんをおろす時に抱っこ紐を外さないといけなかったのでちょっと面倒でした。

しかしキューズベリーの抱っこ紐は赤ちゃんの背中側にファスナーが付いているので、ファスナーを開けるだけで赤ちゃんを出し入れすることができるんです

赤ちゃんを抱っこする時、先に両肩に肩紐がかかっているので、安定して赤ちゃんを抱っこ紐に入れることができます。

そして、寝ている赤ちゃんを抱っこ紐を外さずにおろせるので赤ちゃんを起こしにくいというメリットがあります。

抱っこ紐を脱ぐ動作で赤ちゃんを起こしてしまう経験がある人も多いと思うのですが、キューズベリーの抱っこ紐なら赤ちゃんをそっとおろすことができます。

私が思う、前開きファスナーでの1番のオススメポイントは、コートを着ていても赤ちゃんをおろせることです!

他の抱っこ紐だと肩紐を外すためにコートを脱がなければいけませんが、キューズベリーの抱っこ紐は脱がなくても赤ちゃんをおろせてしまいます。

リュックを背負っていてもリュックを外す必要がありません。

前開きファスナーがこんなにも便利なのかと驚きました。
コートを脱ぐこともリュックを外すこともしなくていいのは想像以上に楽ですよ♪

インナーメッシュで通気性が良い

キューズベリーの抱っこ紐の中は全てメッシュ生地になっています。

夏場は抱っこをしていると汗がすごいですよね。

特に赤ちゃんは汗をかきやすいです。

このメッシュ素材は通気性吸汗性が良く、汗をよく吸収してくれます。

速乾性もあるので夏でも快適に抱っこができます。

実際、熱がこもらないので、とても快適でした。

肩や腰への負担が少ないよう工夫されている

肩紐も腰ベルトも幅があって厚みのあるデザインになっています。

肩紐
腰ベルト

 

この幅や厚みのおかげで肩や腰に食い込まずとっても楽に抱っこができます。

幅や厚みもなのですが、キューズベリーの抱っこ紐は肩や腰へかかる体重が効率よく分散されるよう設計されています

実際、この抱っこ紐で抱っこをすると肩こりや腰痛持ちだった私でも楽に抱っこができました。

その他にも、

  • 背中ベルトで肩紐の幅を狭めないよう工夫している
  • 乳腺を圧迫しないよう肩紐の角度を考慮している
  • 赤ちゃんのサイドにも調節ベルトが付いている
  • 赤ちゃんの股関節が無理なく開くよう考えらえている

といった体への負担を減らすよう細かいところまで工夫されています。

詳しくはキューズベリーのホームページを参考にしてください。

\楽天市場でチェック/

安心の日本製で日本の赤ちゃんに合わせて作られている

私の周りにはエルゴの抱っこ紐を使っている人が多かったです。

しかし私は海外製であることが気になっていました。

海外と日本の赤ちゃんは違うので、日本の赤ちゃんに合わせて作られている日本製の抱っこ紐を求めていました。

キューズベリーの抱っこ紐は、安心の日本製です。
日本の赤ちゃんに合わせて作られています。

おんぶが楽にできる

キューズベリーの抱っこ紐は、抱っこからおんぶに変える時、抱っこ紐を外すことなく簡単に変えることができます

  1. 腰ベルトを少し緩めて背中ベルトを外す
  2. 左右の肩紐を束ねて正面で持つ
  3. 前かがみになりながら束ねた肩紐を後ろに回す
  4. 肩紐を装着し背中ベルトを留め腰ベルトをきつくする

最初は、肩紐を後ろに回すのが怖かったのですが、慣れるとすごく楽におんぶに変えることができます。

具体的なおんぶの仕方は、キューズベリーの公式動画を参考にご覧ください。

ヘッドカバー付き

ヘッドカバーが付いています。

抱っこ紐と色違いなのがまたオシャレです♪

ヘッドカバーは赤ちゃんが寝てしまった時や日差しが気になる時に役に立ちます。

使い方は、まずポケットの内側にボタンがあるので、ヘッドカバーを留めます。

肩紐の背中側にヘッドカバーの紐を引っ掛けるところがあるのでそこに引っ掛けます。

紐の長さも調節できるようになっています。

装着イメージはこんな感じです。

2つのポケット付き

ポケットが2つ付いています。

私はヘッドカバーをこのポケットに入れていました。

ちょうど赤ちゃんの背中側になるので、暑い日はここに保冷剤を入れるのもオススメです。

コンパクトに畳んで収納できる

抱っこ紐は使わない時、結構場所を取るので収納に困ることがあります。

キューズベリーの抱っこ紐は、コンパクトに畳むことができるんです。

  1. 裏側を上にして肩紐を横向きに並べて置く
  2. 肩側からくるくると巻く
  3. 腰ベルトを畳んでバックルで留める

すると、こうなります。

コンパクトになりました。

これだけコンパクトになると、ベビーカーやバッグに収納しやすいので、持ち運びが便利になります。

シンプルでカジュアルなデザインなのでパパも使いやすい

キューズベリーの抱っこ紐は、シンプルでカジュアルなカラー&デザインになっています。

そのため、パパでも気軽に使うことができ、夫婦で一緒に使うことができます。

機能だけでなくデザインにもこだわっており、パパでも抱っこしたくなる抱っこ紐です。
実際、夫がキューズベリーの抱っこ紐を使っていても、何も違和感なかったですよ。

まとめ:パパにもオススメ!オシャレで楽な【キューズベリーの抱っこ紐】

キューズベリーの抱っこ紐のオススメポイントをいくつか紹介しましたが、特に私がオススメするのが、

  • とにかく肩や腰が楽
  • コートを着ていても赤ちゃんをおろせる
  • 寝ている赤ちゃんを抱っこ紐を外さずおろせる
  • コンパクトに収納できる

この4つです。

前開きファスナーがとにかく1番のポイントです

前開きファスナーのおかげで、楽に赤ちゃんを出し入れできます!

寝ている赤ちゃんを抱っこ紐からおろす時、もたついてしまい赤ちゃんを起こしてしまうことがあるのですが、前開きファスナーのおかげでそっとおろすことができます。

体への負担が少なくて、長時間のお出かけも楽に過ごすことができました

キューズベリーの抱っこ紐は、

  • 抱っこによる肩や腰への負担を減らしたい
  • 赤ちゃんの出し入れが楽な抱っこ紐が欲しい
  • コンパクトに収納できる抱っこ紐が欲しい
  • オシャレでパパと一緒に使える抱っこ紐が欲しい

という方にはピッタリな抱っこ紐です。

 

キューズベリーの抱っこ紐は、想像以上に使いやすく楽な抱っこ紐でした。
特に前開きファスナーの使い勝手の良さにはビックリしました。
キューズベリーの抱っこ紐を使えば、赤ちゃんとのお出かけが楽しくなりますよ♪

 

\楽天市場でチェック/

 

産後必要になってから準備すればいいベビー用品はこちら
産後 準備するベビー用品
産後必要になってから準備すればいいベビー用品を紹介! 抱っこ紐 ベビーベッド ベビー布団 ベビーカー ミルク ベビー用洗濯洗剤 スタイ ...
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です