役立ち情報

保育園の靴は名前どこに書く?外履き上履きのおすすめの書き方

保育園 靴 名前 どこ

保育園で履く靴は、どこに名前を書けばいいのでしょうか。

保育園では基本的にすべての持ち物に名前を書く必要があります。

名前を書く欄がある靴もありますが、そうではない靴はどこに書くべきか悩みますよね。

外履きは基本的に靴の内側に名前を書きます。

外履きの場合、防犯面からも外側に大きく名前を書くのは控えた方がいいです。

  • 外履き…目立たない内側に名前を書く
  • 上履き…外側に分かりやすく名前を書く

保育園の靴にはこのように名前を書きましょう。

油性ペンで直接書く以外にも、今は色々便利グッズが売っているので、それらを活用するのがおすすめです。

今回は実際に保育園に行っている人の口コミを紹介しながら、靴のどこに名前を書くべきかについて詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

保育園の靴は名前どこに書く?

保育園は基本的にすべての持ち物に名前を書きます。

もちろん履いていく靴にも名前を書くのですが、どこに名前を書くべきなのか悩みますよね。

同じ悩みを抱えている人も多いはず。

私の子どもが通っている保育園では、上履きは名前を書く位置が指定されていますが、外履きについては特に指定がありませんでした。

外履きはどこに名前を書くべきなのかいつも迷います。

みんなどこに名前を書いているのでしょうか?

外履きは内側に、上履きは外側に名前を書くのがおすすめです。

この理由について詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

外履きは内側に名前を書くのがおすすめ

まずは外履きについて紹介します。

基本的に保育園からは、「名前は分かりやすいよう大きく書いて」と言われますよね。

そのため、外履きも分かりやすいようかかとに大きく名前を書く人もいますが、これはあまりおすすめできません。

防犯面から心配なので外側に大きく名前を書くのは控えましょう。

外側に分かりやすく名前が書いてあると、知らない人から名前を呼ばれて子どもが付いていってしまう危険があります。

口コミにもある通り、外側に、しかもフルネームで分かりやすく名前を書くのはちょっと怖いんですよね。

保育園によっては、内側に名前を書くようお願いされることもあるようです。

靴によっては外側に名前を書く欄があるものもありますが、目立たない場所ならそこに書いてもいいと思います。

例えばこの靴の場合は内側なのでまだ安心です。

保育園の持ち物は「分かりやすく大きく名前を書く」のが基本ですが、外履きに関しては控えめに書きましょう。

では外履きはどこに名前を書くのがいいのかというと、

  • 内側のくるぶし辺り
  • タン(ベロ)の裏

この辺りに書く人が多いです。

タン(ベロ)というのは、甲側にあるペロッとめくれる場所のことです。

タグが付いていることが多いので、私はこのタン(ベロ)のタグに名前を書くこともあります。

油性ペンで書くか、お名前スタンプを押すことが多いです。

内側のくるぶし辺りに書く場合は、写真の赤丸部分に書きます。

実際に保育園の子どもの靴を見ても、外側に堂々と名前を書いている子はあまり見かけません。

外履きはできれば内側に名前を書くのがおすすめです。

上履きは外側に名前を書くのがおすすめ

上履きの場合は外側に分かりやすく名前を書きましょう

保育園によっては、書く場所を指定されることもあると思います。

年季の入った上履きでごめんなさい。。。

上履きの場合、写真のピンク色の部分であるかかとの2か所に名前を書くよう保育園から指定がありました。

甲に名前を書くのは、トイレなど靴を脱いで並べているときに、上から見て誰の靴か分かるようにするためです。

靴箱に入っているときはかかとに名前があった方が分かりやすいので、かかとにも名前を書きます。

上履きは基本的に園内でしか使わないですし、上履きこそ他の子と被りやすいので、大きく外側に名前を書いた方がいいです。

スポンサーリンク

靴に名前を書く方法

靴に名前を書くには、色々な方法があります。

  • 油性ペンで直接書く
  • お名前シールを貼る
  • お名前スタンプを使う
  • 名前を縫う

私は油性ペンで直接書くか、お名前スタンプを使うことが多いです。

口コミを見ると、名前を縫ったという人もいました。

確かに黒い靴だと、どこに名前を書けばいいのか分からなくなるんですよね…。

糸で縫う発想は私にはなかったので、すごいなぁと感心してしまいました。

スポンサーリンク

靴に名前を書くおすすめの商品を紹介!

靴に名前を書く便利なアイテムは実は色々あります!

ここでは、おすすめの商品を紹介していきます。

まずは有名なタグペタです。

私も愛用している商品なのですが、持っておくと本当に便利です。

服の洗濯タグに貼り付け、名前を書くだけ。

もちろん靴にも使うことができます。

長男は青、次男は緑と色で分けることもできて分かりやすいので、タグペタはあるとすごく便利ですよ!

 

布に貼るだけのお名前シールです。

名前は印字済みで剥がすだけだし、アイロンもいらないので楽ちん!

靴だけでなく、服や靴下などにも使えるので、汎用性が高くて便利です。

 

ゴムひもで結ぶだけで名前が付けられてしまうアイテムです。

上履きのかかとの穴に通すだけ。

目印にもなるし子どもも上履きが履きやすくなるしでとっても便利な商品です!

色がとにかく豊富なので、お好みのデザインが見つかるはずです。

 

左右それぞれの中敷に貼るシールです。

子どもは靴を左右逆に履くことが多いですよね。

このシールは絵合わせになっているので、貼るだけで左右の間違えが減って便利です!

 

便利なアイテムは色々あるので、うまく活用していきましょう!

スポンサーリンク

まとめ:保育園の靴は名前どこに書く?外履き上履きのおすすめの書き方

保育園の靴の名前の書き方をまとめます。

  • 外履き…目立たない内側に名前を書く
  • 上履き…外側に分かりやすく名前を書く

外履きは防犯面から目立たないよう内側に名前を書きましょう。

名前を書く場所はこの2点が多いです。

  • 内側のくるぶし辺り
  • タン(ベロ)の裏

上履きは逆に外側の目立つところに名前を書くのがおすすめです。

保育園・幼稚園の水筒はカバーが必要?実体験からおすすめを紹介!保育園・幼稚園で持たせる水筒にはカバーが必要なのでしょうか? 私の長男は保育園に通う3年間、カバーなしの水筒をずっと持たせていまし...
こちらの記事もおすすめ!