\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

SOUNDPEATS RunFreeオープンイヤー型イヤホンの口コミは?実際に使ってみた本音レビュー

当ページのリンクには広告が含まれています。
SOUNDPEATS RunFreeレビュー

SOUNDPEATS RunFreeを実際に使ってみた口コミを紹介します!

SOUNDPEATS RunFreeは、2023年4月に販売されたばかりのオープンイヤー型イヤホンです。

耳を塞がないタイプのイヤホンで周りの音を拾えることから、ランニング中や通勤中でも安全に使用することができると評判なんですよ♪

今回、実際にSOUNDPEATS RunFreeを手にしました。

気になる音質や装着感はどうだったのか?

この記事ではSOUNDPEATS RunFreeを本音でレビューしていきたいと思います!

目次

SOUNDPEATS RunFreeの口コミをレビュー

それではSOUNDPEATS RunFreeの口コミをレビューしていきます!

実際にSOUNDPEATS RunFreeを手にし、使用してみました。

私は普段、在宅でパソコン仕事をしているため、家事や育児をしながらイヤホンで動画の音声を聞く機会が多いです。

実際に使用してみてどうだったのか?SOUNDPEATS RunFreeを本音でレビューしていきたいと思います!

SOUNDPEATS RunFreeの悪い口コミ

結論から言うと、SOUNDPEATS RunFreeはかなり優秀なイヤホンです!

ですが、実際に使用してみて、気になる点もいくつかありました。

  • 髪を下ろしていると耳にかけにくい
  • 寝ながら聞こうするとイヤホンがズレる
  • ボタンが押しづらい

具体的にどういうことなのか、詳しく紹介していきますね。

髪を下ろしていると耳にかけにくい

SOUNDPEATS RunFreeは、耳にかけて使用するイヤホンです。

サッと耳にかけるだけなので、とても装着がしやすいんですね。

ですが、私の髪はセミロングで、普段は髪を下ろしているのですが、髪を下ろしている状態ではイヤホンを耳に装着することができません。

この場合、1度髪の毛を耳にかけてからSOUNDPEATS RunFreeを装着する必要があります。

正直この髪を耳にかける動作が必要なのが、ちょっと手間に感じてしまいました。

写真だと分かりにくいのですが、髪を下ろしている場合、耳にかけた髪の上にイヤホンを装着する必要があるんですね。

すると、髪がある分、イヤホンをしっかり耳にかけることができないので、イヤホンが安定しなくなってしまうんです。

ただ、これはSOUNDPEATS RunFreeに限らず、耳にかけるタイプのイヤホンすべてに当てはまることになりますので、仕方ない部分になります。

くみ

私は普段メガネをかけていますが、メガネに関しては全く問題なく装着できます!

SOUNDPEATS RunFreeは耳にかける部分が細くなっているため、メガネをかけていてもメガネのフレームと干渉しないようになっています。

メガネをかけている方はストレスなく装着できますので、安心して使ってくださいね♪

寝ながら聞こうするとイヤホンがズレる

SOUNDPEATS RunFreeを装着すると、頭の後方に写真赤枠の輪っかの部分が来ることになります。

この輪っかの部分は、後頭部との接触を減らせるような作りとなっているため、装着時は確かにストレスはありません。

ですが、私は在宅の仕事時にイヤホンを使うため、たまにソファーや椅子に寄りかかることがあるんですね。

すると、後頭部の輪っかの部分が押されてしまい、イヤホンがズレてしまいます。

ズレるたびに位置を直さないといけないので、その動作が手間に感じてしまいました。

「寝ながら音楽を聴きたい」と考えている方には、あまり向かないかもしれません。

ですが、SOUNDPEATS RunFreeは装着時のストレスがないので、動きながら使用する場合は、かなり快適に使えるイヤホンですよ♪

くみ

家事の最中やランニング時、通勤中にイヤホンを使う場合は大活躍すること間違いなしです!

ボタンが押しづらい

SOUNDPEATS RunFreeには3つのボタンが付いています。

物理ボタンとなっているため、ボタンが見えなくても押しやすくなっている点はとても良いのですが、耳に装着すると、ボタンの並びが縦になるんですね。

正直、縦より横になっている方がボタンは押しやすいですし、ボタンがかなり小さいため、間違って違うボタンを押してしまうことがよくあります。

特に手が大きい男性だと操作がしづらいかもしれません。

ただ、1ヵ所にボタンが集約されている点は分かりやすくて良いと思います!

SOUNDPEATS RunFreeの良い口コミ

ここまで、SOUNDPEATS RunFreeを実際に使って気になった点を紹介してきましたが、ここからは実際に使って良かった点を紹介します!

  • 軽くて持ち運びに便利
  • 音質が良い
  • 周りの音もしっかり聞こえる
  • 長時間聞いても耳が痛くならない

1つずつ詳しく紹介していきますね。

軽くて持ち運びに便利

SOUNDPEATS RunFreeの重さはなんと31gと超軽量なんです!

しかも、余計なコードもないため、すごくスッキリしているんですね。

コードがあるイヤホンの場合、バッグの中でコードが絡まってしまうため、イヤホンを取り出すのに時間がかかってしまうことがありました。

ですが、SOUNDPEATS RunFreeはコードがなくとてもスッキリしているので、かなり持ち運びがしやすいです。

くみ

バッグの中からサッと取り出せるのも高評価ですね♪

音質が良い

音質に関しては、以前使っていたイヤホンよりかなり良くてビックリしました!

特に低音の質が高く、音がクリアに聞こえます

私は普段から仕事で、イヤホンを使ってセミナーなどの動画の音声を聞くことが多いのですが、SOUNDPEATS RunFreeにしてからとても声が聞きやすくなりました。

くみ

音量を上げても変わらずクリアな音質だったので、さらにビックリでした!

もっと音質が良いイヤホンもたくさんあると思いますが、値段を考慮すると十分すぎるぐらい良い音質です。

SOUNDPEATS RunFreeは6,680円(2023年6月Amazon調べ)なので、めちゃくちゃコスパが良いイヤホンだと思います♪

周りの音もしっかり聞こえる

SOUNDPEATS RunFreeはオープン型のイヤホンのため、イヤホンで音声を聞きながら周りの音もしっかり聞くことができます。

これが私にはかなりのメリットで、私は在宅で仕事をしているため、仕事中に子どもに声をかけられることがあるんですね。

でもSOUNDPEATS RunFreeなら、イヤホンで何かを聞いている最中に子どもに声をかけられても、すぐ分かります。

くみ

子どもの声が聞こえるので安心感があります!

周りの音もしっかり聞こえる点は、特に育児をしながら音楽や音声を聞きたいママ、ランニング中に音楽を聴きたい方にはかなりおすすめのイヤホンです。

長時間聞いても耳が痛くならない

SOUNDPEATS RunFreeは、オープン型のイヤホンのため耳を塞ぎません。

そのため、長時間聞いても耳が痛くならないんです。

イヤホンは長時間使用する機会が多いため、耳が痛くならないのはかなりのメリットですよね♪

また商品自体がとても軽量なので、長時間耳にかけていても気になりません。

くみ

むしろ付けていることを忘れてしまうぐらいです♪

音質も良く耳も痛くならないSOUNDPEATS RunFreeは、イヤホンとしてはかなり優秀だと思います。

周りの人の動きを気にしつつ、音楽や音声を気軽に楽しみたい!という方にはピッタリなイヤホンですよ♪

他社ワイヤレスイヤホンとの比較

私はSOUNDPEATS RunFreeを使用する前、ambie wireless earcuffsというワイヤレスイヤホンを使用していました。

そこで、ここからは同じワイヤレスイヤホンであるambie wireless earcuffsと比較しながら、SOUNDPEATS RunFreeを本音でレビューしていきたいと思います!

ambie wireless earcuffsは生産終了しています。

音質の比較

まず音質ですが、これはSOUNDPEATS RunFreeに軍配が上がります。

SOUNDPEATS RunFreeの方が音がクリアで、低音もしっかり聞こえます

また、私はパソコンと接続し、キッチンで家事をしながらイヤホンで音声を聞くことが多いのですが、SOUNDPEATS RunFreeは離れても音質が全然変わりません。

くみ

オープン型なのにこの音質はかなり優秀だと思います!

周りの音もしっかり聞こえる点もポイントが高いですね♪

装着感の比較

長時間付けても疲れにくいのはSOUNDPEATS RunFreeです。

SOUNDPEATS RunFreeは耳に軽くかけるだけ。しかもオープン型で耳を塞がないので、ストレスなく使用できます

一方のambie wireless earcuffsは、耳の横を挟んで使うタイプなので、長時間使用していると挟んでいる部分がだんだん痛くなってきます。

ただ、ambie wireless earcuffsは首にかけるタイプのイヤホンなので、装着時の安定感はambie wireless earcuffsの方が優れています

首にかけているので、例え激しい動きをしても落下のリスクはかなり低いです。

一方のSOUNDPEATS RunFreeは、耳にかけるタイプのイヤホンなので、安定感という意味ではambie wireless earcuffsより劣ります。

特に髪を下ろしている人は、耳にかけた髪の上からイヤホンをかける必要があるため、ちょっとイヤホンが浮いてしまうんですよね。

そこは気になるポイントですが、SOUNDPEATS RunFreeは長いコードもなくスッキリしている点ではとても装着がしやすいです。

外観の比較

SOUNDPEATS RunFreeは、コードがない分とてもスッキリした外観です。

ambie wireless earcuffsはカラーを選べますが、SOUNDPEATS RunFreeはブラックのみ。

可愛いカラーを選びたい人には物足りないかもしれませんが、ブラックは高級感があってかっこいいです。

また、ambie wireless earcuffsは充電器を差し込む箇所が常にオープンになっている状態ですが、SOUNDPEATS RunFreeは普段は閉じている状態でスッキリしています。

充電するときは、矢印の部分を軽く引っ張るだけで充電器を差し込めます。

ボタンもシンプルですし、外観はSOUNDPEATS RunFreeの方がスッキリして良いですね♪

持ち運びのしやすさの比較

どちらのイヤホンも軽量でバッグに入れやすいタイプですが、コードがなくスッキリしている分、SOUNDPEATS RunFreeに軍配が上がります。

重さに関してはambie wireless earcuffsの方が若干軽いのですが、バッグの中でコードが絡まってしまうのが難点でした。

その点、SOUNDPEATS RunFreeはコードが絡むストレスがないので、持ち運びにすごく便利ですね。

コスパの比較

ここまで様々な観点から2つのイヤホンを比較してきましたが、値段はこのようになっています。

  • SOUNDPEATS RunFree … 6,680円
  • ambie wireless earcuffs … 11,800円

こちらは2023年6月Amazonで調べた値段です。

ambie wireless earcuffsはカラーによって値段が違ったので、最安値をピックアップしました。

なんと値段は約1.7倍も違います!

音質、持ち運びのしやすさ、装着感など、様々な点で優れているSOUNDPEATS RunFreeですが、ambie wireless earcuffsと比較するとかなりコスパが良いことが分かります。

この値段でこの機能は本当に優秀ですよ。

SOUNDPEATS RunFreeオープンイヤー型イヤホンの機能や特徴

これまで口コミを紹介してきましたが、SOUNDPEATS RunFreeには様々な機能が搭載されています。

ここからは、口コミでは紹介しきれなかった機能や特徴について詳しく紹介していきます!

最大14時間連続再生

SOUNDPEATS RunFreeは140mAh大容量バッテリーが搭載されているため、最大連続再生時間はなんと14時間もあるんです!!

イヤホンは長時間使うものなので、連続再生時間が長いのはかなり嬉しいポイントですよね♪

これなら頻繁に充電する必要がないですし、充電時間も満充電まで1.6時間と短いことから、充電の手間も少ないです。

充電コネクタはType-Cとなっているので、パソコンでも充電ができますよ。

マルチポイントに対応

SOUNDPEATS RunFreeは、マルチポイントに対応しているため、2台の端末を同時に接続することができます

スマホとパソコンを同時に接続ができるので、パソコンで音声を聞いている最中でもスマホの着信を取ることが可能になります。

防水性能IPX7で汗も防ぐ

SOUNDPEATS RunFreeの防水性能はスピーカーはIPX4、それ以外はIPX7です。

IPX4は少しの汗や雨なら防水できるので、トレーニング中でも問題なく使うことができます。

また、IPX7は常温の水道水に、水深1mのところに機器を沈めて約30分間放置後に取り出しても大丈夫な防水機能なので、装着時に突然の雨に濡れても安心して使うことができます。

専用アプリで音質の調整が可能

SOUNDPEATS RunFreeには専用アプリがあります。

このアプリを使用すれば、ボリュームやイコライザーで音の細かい調整をすることができるんです!

自分好みの音で聞けるのは嬉しいですよね♪

3つのボタンで操作

SOUNDPEATS RunFreeは、

  • 電源ボタン
  • +ボタン
  • -ボタン

こちらの3つのボタンで操作します。

ボタンは3つしかないのに、以下のような操作ができるんですよ。

電源オン/電源オフ電源ボタンを約3秒長押し
※3分以内にペアリング設定をしなければ、自動的に電源オフとなる
再生/一時停止電源ボタンを1回押す
音量を上げる+ボタンを1回押す
音量を下げる-ボタンを1回押す
曲送り+ボタンを長押し
曲戻し-ボタンを長押し
ゲーミングモードON/OFF電源ボタンを3回連続で押す
電話を受ける/切る電源ボタンを1回押す
着信拒否着信中に電源ボタンを約1.5秒長押し
割込通話通話中に電源ボタンを2回連続で押す
端末の音声認識アシスタント機能を起動電源ボタンを2回連続で押す

これだけの操作ができるなんてビックリですね!

かかってきた電話を受けることもできるので、特に通勤中に使う方はとても便利だと思います♪

まとめ:SOUNDPEATS RunFreeオープンイヤー型イヤホンの口コミは?実際に使ってみた本音レビュー

SOUNDPEATS RunFreeオープンイヤー型イヤホンの口コミを紹介しました。

実際に使ってみましたが、とてもコスパが良い優秀なイヤホンでした。

イヤホンからの音声もよく聞こえますし、外の音声もしっかり聞こえます。

ランニングをしながら音楽を聴きたい人、家事育児をしながら音楽や動画の音声を聞きたい人には特におすすめのイヤホンですよ。

目次