役立ち情報

【アンパンマン ミュージックショー】ピアノのおもちゃを徹底レビュー!

クリスマスプレゼント アンパンマンのミュージックショー

アンパンマンの「アンパンマン キラ★ピカ★いっしょにステージ ミュージックショー」のレビューをしていきます。

子どもに音楽を触れさせたいと考えている方も多いと思います。

私もピアノを習っていたので、子どもにピアノをさせたい思いがありました。

そこで購入したのが、アンパンマンの「アンパンマン キラ★ピカ★いっしょにステージ ミュージックショー」です。

アンパンマンとバイキンマンがクルクル回ってとっても可愛いです♪

そして、ピアノを10年習っていた私が見ても、子どもが楽しく音楽を学べる工夫がたくさんある素晴らしいおもちゃだと感じています。

  • デモ演奏全17曲!
  • 光ナビレッスンで1曲弾く練習ができる
  • ドレミレッスンでドレミの勉強ができる
  • ターンテーブルで音を鳴らして遊べる
  • 楽器音4種類を鳴らせる
  • ワルツ・マーチのリズムを学べる
  • マイク付き

このように、音で遊んで学べる機能がたくさんあるんです!!

「ピアノをやらせてみたい!」

「子どもを音楽に触れさせたい!」

という考えなら、大好きなアンパンマンと音楽を学べる「アンパンマン キラ★ピカ★いっしょにステージ ミュージックショー」はいかがでしょうか?

鍵盤で音を出しながら陽気に歌う姿はとっても可愛いですよ♪

それでは「アンパンマン キラ★ピカ★いっしょにステージ ミュージックショー」を徹底レビューしていきます。

スポンサーリンク

【アンパンマン ミュージックショー】徹底レビュー

それでは早速、アンパンマン キラ★ピカ★いっしょにステージ ミュージックショーについて徹底レビューしていきます。

【アンパンマン ミュージックショー】残念ポイント

まず初めに、「アンパンマン キラ★ピカ★いっしょにステージ ミュージックショー」を使ってみて分かった残念だったポイントを紹介します。

  • アンパンマンとバイキンマンが外れやすい
  • 自動演奏は童謡だとマイクが使えない
  • マイクの音量は変えられない

それぞれ詳しく説明します。

アンパンマンとバイキンマンが外れやすい

アンパンマンとバイキンマンが付いていてとっても可愛いのですが、上に引っ張るだけで子どもでも簡単に外すことができます

この外したアンパンマンとバイキンマンで遊んでしまい、我が家のバイキンマンは足の下の部分が折れてしまいました…。

あまりにも簡単に外れるので、紛失しがちです。

もう少し外れにくい工夫があるといいなぁと思います。

自動演奏は童謡だとマイクが使えない

17曲もデモ演奏が入っているのですが、マイクが使えるのはアンパンマンの曲のみとなっています。

写真右下の青丸部分に小さく「ON」と書いてあるのですが、「ON」と表記されている曲だけマイクが機能します。

写真をご覧の通り、アンパンマンの曲以外はマイクが使えません

我が子は「かえるのがっしょう」が好きみたいで、大声で良く歌っていました。

でも、マイクは残念ながら機能していません。

せっかくなら全曲使えたらよかったのに…とちょっと残念に感じました。

マイクの音量は変えられない

音楽の音量は変えられるけど、マイクの音量は変えられないです。

子どもが大きな声でマイクで喋ったり歌ったりして爆音になっても、音を下げることができません。

家事をしている時、仕事をしている時など、集中したい時にはけっこううるさいです。

マイクも音量が変えられたら良かったです。

【アンパンマン ミュージックショー】おすすめポイント

続いて、使ってみて分かったおすすめポイントを紹介します。

  • デモは全17曲!そのうちアンパンマンの曲は6曲と豊富
  • 子どもの興味を惹きつける工夫がたくさんある
  • デモ演奏、光ナビレッスン、ドレミレッスンといった機能がたくさんある
  • ターンテーブルで音を出して楽しめる
  • マイクが付いている

それぞれ詳しく説明します。

デモは全17曲!そのうちアンパンマンの曲は6曲と豊富

デモの曲数はなんと17曲!そのうちアンパンマンの曲は6曲もあります。

  1. アンパンマンのマーチ
  2. ゆうきりんりん
  3. ドレミファアンパンマン
  4. きらきらぼし
  5. ちょうちょう
  6. チューリップ
  7. むすんでひらいて
  8. ぶんぶんぶん
  9. おおきなくりのきのしたで
  10. かえるのがっしょう
  11. はるがきた
  12. ちゃつみ
  13. もみじ
  14. ジングルベル
  15. アンパンマンのマーチ(ダンスバージョン)
  16. ゆうきりんりん(サンババージョン)
  17. ドレミファアンパンマン(オーケストラバージョン)

ご覧の通り、子どもが好きな曲がたくさん入っています。

白い鍵盤の数も17個になっていて、鍵盤を押して曲を選ぶようになっています。

曲を選ぶだけでも鍵盤を押すと音が鳴るということを学ぶことができます。

鍵盤にアンパンマンのキャラクターがいるのがとっても可愛いです。

子どもの興味を惹きつける工夫がたくさんある

ただピアノを弾くだけではなく、子どもがピアノに興味を持てるような工夫がたくさんされています。

演奏に合わせて、アンパンマンとバイキンマンがクルクル回ります。

動画がありますので、よかったらご覧ください。

アンパンマンとバイキンマンの後ろにあるイルミネーションボードもキラキラ光って可愛いです♪

光の色は白と緑を交互に繰り返していて華やかな雰囲気が出ています。

アンパンマンとバイキンマンは、下の写真の黄色い丸で囲んだ「ダンス STOP」ボタンを押せば動きを止めることができます。

イルミネーションボードの前でクルクル回って踊るアンパンマンとバイキンマンを見て、子どもたちは楽しそうでした^^

デモ演奏、光ナビレッスン、ドレミレッスンといった機能がたくさんある

デモ演奏、光りナビレッスン、ドレミレッスンといった機能がたくさんあります。

いずれの機能も、先ほどの17曲の中から鍵盤を押して曲を選びます。

曲の演奏中は音に合わせて鍵盤が光るので、どの音がどの鍵盤なのかを教えてくれます。

ドレミ2」ボタンの左側に「ボリューム」と「テンポ」ボタンがあるので、音楽のボリュームとテンポを変えることもできます

 

光ナビレッスンは、曲を1音ずつ教えてくれる機能です。

光った鍵盤を順番に押していけば、1曲弾けるようになっています。

ただし、光っていない鍵盤を押しても1音進むようになっています。

ドレミレッスンは、ドレミで歌われた曲が流れるので、ドレミファソラシドの勉強ができます。

ドレミレッスンには1と2がありますが、若干違います。

  • ドレミレッスン1 … 1曲通しで流れるので一緒に歌う
  • ドレミレッスン2 … 2小節ずつ流れるので、お手本の後に歌う

このように、楽しいレッスン機能がたくさんあるので、ピアノや歌を楽しく覚えることができます。

ターンテーブルで音を出して楽しめる

ターンテーブルがあり、音を出して遊ぶことができます。

ピンク色の「DJ/サウンド」ボタンを押して、黄色のターンテーブルを回せば、DJのスクラッチ音20種類の音(猫の鳴き声や「アンパーンチ」など)を楽しむことができます。

スクラッチ音20種類の音の切り替えは、「DJ/サウンド」ボタンを押すとできます。

色々な音が出るので子どもも楽しいみたいです^^

マイクが付いている

ターンテーブルの上にマイクが付いています。

マイクは取り外して口元まで持っていくことができます。

私の子どもは、音楽で遊ばず、マイクだけで遊ぶこともしばしばあります^^

「それじゃあ、いきまーす」とマイクで喋って曲をスタートさせることも…(笑)

マイクで自分の声が大きくなるのが楽しいみたいです。

スポンサーリンク

まとめ:【アンパンマン ミュージックショー】ピアノを楽しく学べるおもちゃ

とにかく子どもが音楽を楽しめる機能がたくさん詰まったこのミュージックショー。

小さな椅子付きで、子どもが座っている姿はとっても可愛いです^^

子どもが楽しく音楽を学ぶにはとても最適なおもちゃだと思います!

ピアノを長く習っていた私としては、子どもがこのおもちゃでピアノに興味を持ってくれたら嬉しいです♪

「子どもを音楽に触れさせたい」、「ピアノに興味を持ってもらいたい」と思うなら、この「アンパンマン キラ★ピカ★いっしょにステージ ミュージックショー」はピッタリです。

おもちゃ通販の専門店 トイザらス オンライン ストアでも買うことができます。

\トイザらスをチェックする/

\オススメのクリスマスプレゼントを紹介しています♪/

こちらの記事もおすすめ!