育児ノウハウ

イヤイヤ期の対処法 食べない時は食事を下げる そのやり方と効果とは

イヤイヤ期 食事

イヤイヤ期の食事って憂鬱ですよね。

 

「こうしたら子どもが食べやすいのではないか?」

 

そう子どものことを思って工夫して作ったのに、全く食べてくれないとどうしてもイライラしてしまうものです。

 

イヤイヤ期の子は特に、遊び食べがひどく、「せっかく作ったのに!!」とつい子どもに対して怒ってしまいます。

私も数えきれないぐらい怒ってきました。

ご飯を食べてくれない時の対処法について私はいろいろな人に相談し、やり方を変えてみたところ、徐々に食べてくれるようになったのです。

そのやり方と効果について綴りたいと思います。

時間を決めて食事を下げよう

私の長男は食べるのがものすごく遅い子でした。

スプーンやフォークで遊んだり、ボーっとしたりと食事にすごく時間がかかっていました。

さっさと片づけたいのにいつまでたっても片づけられない。

何度声かけをしても全然食べてくれない。

もう、食事の時間が憂鬱でしょうがなかったです。

 

食べるのが遅いのは分かっているので、かなり量を少なめに出しているのに、それでも1時間とか平気でかかっていました。

放っておいたらどれだけ時間がかかるのだろうと思って試してみたら2時間ぐらいかかったことも・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

 

当時、すごく悩んでいました。

私はよく遊びに行っていた児童館の先生に相談しました。

「ご飯を食べるのが遅くて困っています」と。

先生の回答は、「ある程度時間を決めて、食べなかったらご飯を全部下げてしまうのがいい。そして、1度下げたらもう出さない」ということでした。

ダラダラあげ続けるのはよくない、30分なら30分と時間を決めてメリハリをつけてあげることが大事だというお話でした。

そうすることで、食事の時間の大切さを教えてあげることができるというのです。

 

3歳児健診の際に、同じように保健師さんに相談をしたことがあります。

その時も、児童館の先生と同じ回答が返ってきました。

 

「みなさん同じ回答をするのだから、これはやるしかない!」と思い、私は早速先生方のアドバイスを実践してみることにしました。

食事を下げるまでの方法&効果

いつも通りゆっくり食べる長男にまずは声掛けをします。

ご飯ちゃんと食べるよ

食べないなら下げるよ

 

それでもご飯をがんばって食べようとしません。

私は30分経っても食べなかったら食事を下げようと決めていました。

30分経ったところで、

食べないならもうおしまいね。ご飯下げるね。

と言ってご飯を下げます。

 

そうすると、子どもは大泣きしました。

 

食べないならご飯下げるって言ったでしょ?次のご飯の時間まで何もあげないからね

と子どもに伝えます。

 

子どもはまた大泣きします。

かわいそうになるし、ご飯を食べなくて大丈夫かな?と心配になってしまうのですが、ここは我慢です。1食ぐらい抜いたって問題ありません。

 

子どもはご飯を食べていないのでもちろんお腹がすきます。

何か食べたがりますが、断固として何もあげませんでした。

次のご飯の時間まで何もあげないって言ったでしょ?

と言い聞かせます。

ご飯の時間にちゃんと食べないとお腹がすくんだということを覚えさせるのです。

 

実際に、次の食事の時間はお腹がすいていることもあって、ものすごく早く食べてくれます。

でも、1回でちゃんと食べるようにはなりません。

また食べない時がやって来ます。

そしたらまた同じことを繰り返します。

こうやって何度も繰り返していくうちに、ちょっとずつですが食事の時間が短くなっていきました

 

食事を下げるポイントとしては、

  1. まずは食べるように声掛けをする
  2. 食べないなら食事を下げることを伝える
  3. 時間になったら食事を下げる
  4. 食事を下げた理由を子どもに説明する
  5. 次の食事の時間まで食べ物は絶対にあげない

 

一番大事なのは、「なぜ食事を下げたのか?」ということを子どもにきちんと説明することです。

ここで理由を説明することで、食事の時間の大切さを子どもが理解してくれるようになっていきます。

会話ができる子には言葉の大切さも一緒に教えよう

長男は言葉が遅かったこともあり、「食べない」とか言葉で主張をすることはあまりありませんでした。

一方次男は、言葉が早かったこともあってよく喋る子でした。

イヤイヤ期の時の次男は長男と違って「食べなーい」「もういらなーい」「これきらーい」と主張をよくする子でした。

そこで、私は長男の時と少しやり方を変えてみました。

 

食べない」と言い続ける次男に対して、「食べないならもうご飯おしまいだね」と言って下げます。

そうすると、「食べるー食べるー」と泣き出します。

すると私はこう言うようにしていました。

だって〇〇君が食べないって言ったでしょ?〇〇君が言ったからお母さん下げたんだよ」とあなたが食べないと言ったからご飯の時間がおしまいになったんだということを伝えます。

ここが少し長男の時と違ったやり方です。

 

普段から次男は思ってもいないことを平気で言うようなところがありました。

なので、自分が言った言葉に責任を持ちなさいということを教えてあげたかったのです。

これも、続けていくうちに次男は言葉の大切さを理解していってくれたようで、今では適当なことを言う回数はだいぶ減りました。

まとめ

以上のように、食べない時は食事を下げることが効果的だと思います。

何度も同じことを繰り返していくうちに、2人とも食事の時間を意識してちゃんと食べるようになってきました。

今では食事の時間は前ほど憂鬱ではなくなりました。

子どもの食事に悩んでいる方は試してみてもらいたいなと思います。

がんばりすぎず、手を抜きましょう

せっかく作ったのに食べてくれないとどうしても最後まで食べさせたくなってしまうものですが、切り上げることも大事です。

私も最後まで食べさせようと1~2時間子どもと付き合ったこともありましたが、これってお母さんにとってもすごく負担になりませんか?

もっと手を抜いてもいいと思うのです。

私は先生に教わって今回のやり方を実践した時に、そう痛感しました。

押してダメなら引いてみろ、は育児にも当てはまると思うのです。

あまりがんばりすぎず、良い意味で適当に育てていきましょう

 

食事は少なめに出そう

そして、食事は初めから少ない量を出すこともポイントです。

大人だって食べる気分じゃない時ってありますよね?

その時の子どものコンディションもあるので、ちょっとずつ出した方がいいです。

そして食べ終わっておかわりを欲しがったら追加であげましょう。

その方がお母さんも子どももストレスがなく、楽しい食事の時間を過ごせると思います。

褒めることも大事

上手に食べることができたり、ちょっとでも早く食べてくれたらしっかり褒めましょう

ちゃんと食べたらお母さんが喜んでくれるんだ!と思わせることも上手くいくポイントですよ^^

褒められるとやる気アップにつながります。

私が先生に相談した時、「1時間も付き合ってあげてるの?お母さん偉い!がんばってるのね」と言われました。

この言葉がすごく嬉しくて。

やっぱりいくつになっても褒められるって嬉しいんですよね。がんばろう!という気持ちになりました。

子どもも同じだと思うのです。

だから、ちゃんと褒めるべき時には褒めてあげてくださいね^^

入園までに焦らなくていい

私は長男に対して、「入園までにご飯を早く食べるようにしないと」と焦っていたのですが、保育園に行くと周りの子の雰囲気などに影響されるのか、入園前よりだいぶ早く食べるようになってくれました。

園での子どもの様子をみる機会があったのですが、ビックリしました。

家より食べるのが早いし、おかわりまでしていたのです。

「家と全然違うじゃん・・」と唖然としてしまいました。

 

子どもは園生活でも多くのことを学んでいきます。

なので、「入園までに食べるようにしないと!」と私みたいに焦らなくていいと思います。

そのうち自然にちゃんと食べるようになってくれます

だから焦らず、適度に食事の躾をしていきましょう。

いつか必ず子どもと楽しい食事の時間が過ごせる日は来ますよ^^

こちらの記事もおすすめ!