育児ノウハウ

外出先でのミルクの作り方 湯冷まし用のお湯で調乳を時短しよう

外出先でのミルクの作り方

赤ちゃんとのお出かけで気がかりなのが授乳ですよね。

私は混合で育てていたのですが、外出先ではミルクをあげていました。

外出先でミルクをあげるとなると、

  • 粉ミルクはどうやって持っていくの?
  • 哺乳瓶やお湯はどれぐらい必要?
  • 温度はどうやって調整するの?

これらのことが気になるのではないでしょうか。

私は外出先でミルクを作る時、

  • ガラス製の哺乳瓶
  • 哺乳瓶に入れた湯冷まし用のお湯

を持っていって、効率よくミルクが作れるよう工夫していました。

そこで今回は、

  • 外出先で持っていくべきミルクセット
  • 外出先での具体的なミルクの作り方

についてお話していきます。

外出先でミルクをあげる時は時間がないことが多く、なるべく効率良く作りたいですよね。
今回は私が実際にミルクを作っていた方法を紹介します。

外出先で持っていくべきミルクセット

私が外出先で持っていったものは、

  • ミルクケース(1回分を量って粉ミルクを入れておく)
  • 空の哺乳瓶(240ml or 160ml)1~2本(飲ませる用)
  • お湯が入った哺乳瓶(240ml)1本(湯冷まし用)
  • お湯の入った水筒

です。

ポイントは湯冷まし用のお湯を哺乳瓶に入れて持っていくことです。

哺乳瓶はガラス製の240mlがオススメ

私が使っていたのはビジョンの母乳実感です。

ガラス製で240mlの哺乳瓶を2本持っていました。

私がピジョンの哺乳瓶にした理由は、産院が使っていたから

乳首が変わると飲まなくなることもあると聞いて、産院と同じピジョンの哺乳瓶を買いました。

 

哺乳瓶にはガラス製とプラスチック製があります。

それぞれの特徴をまとめてみました。

ガラス製プラスチック製
温度調節がしやすい温度調節がしにくい
汚れが落としやすく衛生的汚れや匂いがつきやすい
重たい軽い
値段が高い値段が安い
傷がつきにくい傷がつきやすい
割れる心配がある割れにくい

この特徴を踏まえ、私はガラス製を選びました。

私がガラス製を選んだ理由は

  • 温度調節がしやすい
  • 汚れが落としやすく衛生的

主にこの2点です。

私はプラスチック製も1本持っていたのですが、圧倒的にガラス製の方がミルクを冷ましやすいです。

ちょっとお湯が熱すぎて冷水で冷ましたい時ありますよね?

プラスチック製ってなかなか冷めないのです。

子どもが泣いて待っている時なんか、ちょっとイライラしてしまいます。

この温度調節のしやすさは、外出先でも役立ちます。

外出先こそ、早く飲ませたいことが多いと思います。

ガラス製は冷ましやすい点が最大のメリットだと思うので、ミルクの温度調節の手間を省きたい人にはオススメです。

プラスチック製に関しては、衛生面も気になるところでした。

実際にガラス製とプラスチック製の両方を長く使ってみたところ、ガラス製に比べるとプラスチック製の方が傷や汚れ具合が気になりました。

ガラス製の方が衛生的で長く使えると思います。

個人的には外出先でもガラス製がオススメです。

外出先ではパッとミルクをあげたいので、冷ましやすいガラス製が便利だと思います。

ただ、ガラス製の哺乳瓶は重いです!!

プラスチック製は軽くて持ち運びしやすいし、落として割る心配もないので安心ですよね。

ガラス製かプラスチック製、どちらを選ぶかは好みが大きく分かれるところです。

サイズは初めから大きいサイズを用意するのがオススメです。

粉ミルクの持ち運びに便利なミルクケース

私が使っていたものはピジョンのミルカー。

3回分のミルクを持っていけます。

1日のお出かけなら3回分あれば十分でした。

短時間のお出かけであれば1回分だけ持っていけばいいので、小分けできて便利です。

ただ、デメリットは荷物がかさばること。

そのデメリットが解消できるこんな商品もあります。

かさばらないし、使い終わったら捨てるだけなので外出先に持っていくにはピッタリな商品です。

お湯は水筒と哺乳瓶に入れておく

お湯は保温の効く水筒に入れて持っていきます。

そして、湯冷まし用のお湯を哺乳瓶にも入れておきます

湯冷まし用のお湯を哺乳瓶に入れるメリットは、

  • 哺乳瓶なら湯冷ましとして使った後に飲ませることもできるから
  • 荷物を減らすため

この2点です。

湯冷まし用のお湯を哺乳瓶に入れておけば、お湯を使い切った後に、今度は飲ませる用に使うことができます

長いお出かけの場合、飲ませる用に哺乳瓶を2本持っていっていました。

だいたい2本で足りるのですが、3回授乳が必要になる時がたまにあります。

そんな時のために、予備として哺乳瓶を持っていくのです。

また、湯冷まし用のお湯を哺乳瓶に入れることで、荷物を減らすことができます。

例えば3回授乳の予定がある場合、

  • 空の哺乳瓶3本
  • お湯の入った水筒
  • 湯冷まし用のお湯が入った入れ物

哺乳瓶に湯冷まし用のお湯を入れないと、これだけの物を持っていく必要があり、荷物がかさばってしまいます。

しかし、湯冷まし用のお湯を哺乳瓶に入れておけば、「湯冷まし用のお湯が入った入れ物」を持っていく必要がないため荷物が減ります。

なので、哺乳瓶にあえて湯冷まし用のお湯を入れておくのです

3回目であれば湯冷まし用のお湯が残っていても水筒に一緒に入れてしまえばいいので、飲ませるために哺乳瓶を使うことができます。

荷物を減らすちょっとしたテクニックです♪

外出先での具体的なミルクの作り方

では、具体的にどのようにミルクを作ればいいのでしょうか。

  1. 1回分のミルクを哺乳瓶に入れる
  2. 水筒のお湯を少量入れる
  3. 湯冷まし用のお湯を入れて温度を調整する

私はこのように作っていました。

先ほど説明した湯冷まし用のお湯は荷物になりますが、外出先によっては熱いミルクを水で冷やすことができない状況がありますよね。

そうなると、冷ますことができず、作ってから飲ませるまでにだいぶ時間がかかってしまいます。

湯冷まし用のお湯があるだけで、ミルクを作る時間が圧倒的に短縮されます

哺乳瓶を冷やせる外出先なら湯冷まし用のお湯を持って行かなくてもいいかもしれません。
外出先に冷やす場所があるか不明な場合は持っていくと便利です。

また、湯冷まし用のお湯は、飲む時間によっては適温になっていることがあります。

水筒のお湯を使わず、湯冷まし用のお湯だけで調乳も可能です。

時間が経ってしまうと湯冷まし用のお湯は冷めてしまいますが、今度は水筒のお湯+湯冷まし用のお湯で調乳、もしくは水筒のお湯だけで調乳ができます。

温度の違うお湯を2種類持っておくと、臨機応変な使い方ができるので便利です

熱々のお湯を用意し、出かけてすぐ授乳となると湯冷まし用のお湯が冷めていない可能性があります。

そうなると調乳に時間がかかってしまうので、そこは授乳時間に合わせて湯冷まし用のお湯の温度を調整してください。

とても便利だったので、私は湯冷まし用のお湯を持っていくことをオススメします。

まとめ:外出先でのミルクは工夫してあげよう

外出先でのミルクは荷物が増えて大変です。

今回紹介した私の方法は、ちょっと荷物が増えてしまいますが、

  • ガラス製の哺乳瓶
  • 哺乳瓶に入れた湯冷まし用のお湯

を持っていくことをオススメします。

荷物が増えることよりも、いかに効率よくミルクをあげられるかを重視していました。

「絶対このやり方がいい!」というつもりはありません。

何がやりやすいかは人それぞれなので、自分に合ったやり方を見つけてみてください。

この記事がその参考になれば嬉しいです^^

 

夜間授乳に3日で成功
夜間断乳に3日で成功!大事なのは授乳しない覚悟授乳をがんばっているお母さん。 毎日お疲れ様です。 私は最後の授乳からもう2年程経ちましたが、今思い返しても授乳の時期は本当...
混合育児は楽
混合育児は楽だった!母乳とミルクの良いとこどりでオススメ♪完母で育てたかったのに、思うように母乳が出ないと辛いですよね。 実は私も、完母を目指して搾乳をがんばっていた時期がありました。 ...
こちらの記事もおすすめ!