役立ち情報

ころがスイッチドラえもん【ジャンプキット】の口コミ!実際に遊んだ感想

「ころがスイッチドラえもんジャンプキット」の口コミを紹介します。

ワープキットが既に家にあった我が家は、長男が誕生日プレゼントにジャンプキットを選びました。

ころがスイッチドラえもんにはそれぞれひみつ道具が入っていますが、ジャンプキットに入っているひみつ道具はこちら。

  • 空気砲
  • バイバイン
  • 時間ナガナガ光線
  • ガリバートンネル

この4つです!

ジャンプキットは、その名の通りボールがジャンプするのが最大の特徴です。

さらに、ボールが正反対に飛び出したり大きくなったりする仕掛けもあっておもしろいんです。

ジャンプキットは、動きがダイナミックでワクワクしますよ♪

それではジャンプキットを実際に遊んでみた感想を徹底紹介していきます。

実際にボールを転がしてみた動画も載せているので、ぜひ参考にしてくださいね♪

スポンサーリンク

ころがスイッチドラえもん【ジャンプキット】徹底レビュー

「ころがスイッチドラえもんジャンプキット」について徹底レビューしていきます。

スポンサーリンク

ジャンプキットに入っているひみつ道具

まずはジャンプキットに入っているひみつ道具を紹介します。

  • 空気砲
  • バイバイン
  • 時間ナガナガ光線
  • ガリバートンネル

この4つがジャンプキットのひみつ道具です。

ジャンプキットの1番の特徴である空気砲はこちら。

ボールが転がってきたら、黒いパーツの部分から空気砲のようにバーンとボールが飛び出す仕組みになっています。

ジャンプをすることで、ボールが離れたコースに飛んでいきます。

続いて、バイバインです。

上のピンク色の部分を押すと、中にボールが2個セットできるようになっています。

背面からボールが来ると、ボールが倍になったかのように左右からボールが飛び出す仕組みです。

3つ目は、時間ナガナガ光線です。

ジグザグしたコースになっていて、ここをボールが通るとゆっくり転がっていきます。

光線が当たったことで時間が長くなったかのような動きを表現しています。

最後に、ガリバートンネルです。

ガリバートンネルは2つあります。

1つは大ボール、もう1つは小ボールを中にセットできます。

大ボールが入った方は、小ボールが転がって入ると、まるでボールが大きくなったかのように見える仕組みになっています。

逆に小ボールが入った方は、大ボールが小さくなったかのように見える仕組みになっています。

ジャンプキットのデメリット

ここからは、実際にジャンプキットで遊んでみて分かったデメリットを紹介します。

  • ジャンプしたボールがうまくコースに乗らない
  • 飛び出す仕掛けが多いので組み立てにくい

それぞれ詳しく説明します。

ジャンプしたボールがうまくコースに乗らない

空気砲でボールがジャンプするのが最大の特徴であるジャンプキットですが、コースに飛んでいくようセットしても、思うように乗ってくれないことがよくあります。

うまく乗らないことの方が多いですね。。

位置を微調整しながら転がしているので、小さい子どもにはその調整がちょっと難しいと思います。

ただ、うまく乗ってくれた時はワクワクしますよ♪

飛び出す仕掛けが多いので組み立てにくい

ジャンプキットは中にボールをセットしておくひみつ道具が多いため、コースの組み立て中にボールが誤って飛び出していくことがあります。

特にバイバインからボールが飛び出すことが多いです。

組み立てている時にバイバインの背面をうっかり押してしまい、中にセットしていたボールが飛び出してやり直しになることが何度かありました。

そのため、バイバインは最後に組み立てるのがおすすめです。

最後にすることで、コース全体を組み立てやすくなります。

スポンサーリンク

ジャンプキットのメリット

続いて、ジャンプキットのメリットを紹介します。

  • アクティブな動きがおもしろい
  • 大ボールにワクワクする

それぞれ詳しく説明します。

アクティブな動きがおもしろい

ジャンプキットは、ボールがジャンプしたり飛び出したりするアクティブな仕掛けが多いのでおもしろいです。

個人的にはバイバインが1番楽しいですね。

2つのボールが正反対に飛び出すので、ボールがそれぞれ別の動きをしながら進んでいきます。

子どもも様々なボールの動きが楽しいらしく、ワクワクしながら見ています。

ジャンプキットは、既に持っているワープキットに比べるとかなり動きがあっておもしろいです。

大ボールにワクワクする

ころがスイッチドラえもんの中で、大ボールが入っているのはジャンプキットだけです。

この大ボールがジャンプキットをさらにおもしろくしています。

大ボールはガリバートンネルで使うのですが、ガリバートンネルを通ると小ボールが大ボールに変身します。

このように2つのガリバートンネルをつなげて、大ボールが飛び出した後、今度は大ボールが小ボールに戻るように組み立てます。

ボールが大きくなったり小さくなったりするので、子どもはこのガリバートンネルが好きみたいです。

スポンサーリンク

どんな動きをする?ジャンプキットを動画で紹介!

ここからは、実際にジャンプキットはどのような動きをするのか、分かりやすいよう動画を撮ったので紹介します。

参考になるよう、失敗した動画も載せています。

今回はミッションブックにあるMission4とMission7のコースを作ってみました。

まずはMission4です。

Mission4

Mission4は、ジャンプしたボールが逆走するところが特徴です。

まずはジャンプに失敗した動画です。

このジャンプが思うようにうまくいかないんですよね。

次は、大ボールの勢いがありすぎてコースから飛んでいく動画です。

勢いがありすぎると、このように飛び出していってしまいます。

こちらはMission4の成功動画です。

成功すると気持ちが良いです♪

続いて、Mission7も作ってみました。

Mission7

ボールがジャンプすると、バイバインから2つのボールが飛び出し、時間ナガナガ光線とガリバートンネルのコース、どちらが早くゴールするかを楽しむコースです。

まずはジャンプに失敗した動画です。

 

次はボールの勢いが弱くて途中で止まってしまう動画です。

このようにボールが止まってしまうことも時々あります。

こちらはMission7の成功動画です。

ジャンプキットの動画を紹介しました。

どうですか??

ジャンプキット、勢いがあっておもしろいですよね!

ころがスイッチドラえもんの中でも、よりアクティブな動きをするのがジャンプキットです。

スポンサーリンク

まとめ:ころがスイッチドラえもん【ジャンプキット】口コミを徹底紹介!

「ころがスイッチドラえもんジャンプキット」について紹介しました。

ころがスイッチドラえもんの中でも1番アクティブな動きをするのがジャンプキットです。

ダイナミックな動きに子どももワクワクしていましたよ♪

今回紹介したジャンプキットはこちらです。

その他種類については、こちらの記事で紹介しています。

ころがスイッチドラえもん どれがいい 違い
【ころがスイッチドラえもん】どれがいい?全6種類の違いを調査ひみつ道具スイッチとブロックを使い、自分でコースを組み立て、ボールを転がして遊ぶ「ころがスイッチドラえもん」。 ドラえもんの世界観...

ワープキットの詳しいレビューはこちら。

ころがスイッチドラえもん ワープキット 口コミ
ころがスイッチドラえもん【ワープキット】の口コミ!実際に遊んだ感想「ころがスイッチドラえもんワープキット」の口コミを紹介します。 ドラえもんが大好きな5歳の長男は、クリスマスプレゼントに「ころがス...

おもちゃ通販の専門店 トイザらス オンライン ストアでも買うことができます。

良かったらチェックしてみてくださいね^^

こちらの記事もおすすめ!