豊川稲荷の初詣2023人数や混雑状況は?屋台や駐車場も調査!

豊川稲荷の初詣2023人数や混雑状況は?屋台や駐車場も調査!
スポンサーリンク

豊川稲荷の初詣2023の人数や混雑状況を紹介します。

愛知県豊川市にある「豊川稲荷」は日本三大稲荷の1つで、商売繁盛にご利益があるとして全国的に有名な寺院です。

商売繁盛や金運アップのご利益を求めて毎年多くの人が初詣に訪れています。

豊川稲荷といえば狛犬ではなく、狛狐が鳥居の前に立っていたり、1,000体以上の狐の石像がならぶ「霊狐塚」などが有名です。

実はこちらは狐を祀っている神社ではなく、正式名称は「妙嚴寺」という曹洞宗の寺院です。祀られている豐川吒枳尼眞天(とよかわだきにてんしん)が稲穂を荷って、白い狐に跨っているところから「豊川稲荷」の通称が広がったとされています。

今回は豊川稲荷の初詣の人数、混雑状況や、屋台や駐車場の情報を調査してみました。

\周辺の観光スポットや宿泊先が分かる/

▶豊川稲荷の詳細はこちらをクリック

目次
スポンサーリンク

豊川稲荷の初詣の人数や混雑状況は?

豊川稲荷の初詣では、例年の人出の人数や混雑状況はどうでしょうか。

調べてみたところ、豊川稲荷は全国的にも有名な商売繁盛のご利益のある寺院とあって、初詣は三が日で約150万人もの人出があるようです。

毎年多くの人が初詣に訪れるので、三が日はなかなか動くことができないほどの混雑になります。

コロナ禍の去年の様子を見てもかなりの混雑で境内内や参拝前の階段などは人がひしめき合っていました。

待ち時間は1時間以上は予想した方がよさそうですね。

また、防寒対策は必須です。

例年の混雑のピーク時間はこちらになっています。

  • 12月31日(大晦日)23時45分開門~翌早朝3時頃
  • 1月1日(元旦)9時~全日混雑
  • 1月2日、3日 10時~15時頃
  • 上記を除いた週末、祝祭日 10時~14時頃

私も4、5年ほど前に三が日を外して、年始のお休み中に豊川稲荷へ初詣へ行かせていただきました。

日中のお昼前頃だったので境内内はかなり混雑していてなかなか進まなかった記憶があります。

境内内だけではなく、駐車場やトイレ、屋台などもかなり混雑しますので小さいお子様連れの方やご年配連れの方は特に時期を外した方がいいかもしれません。

ピークを避けたい方はこちらの時間帯がおすすめです。

  • 正月を除いた早朝または夕方(早朝4時~8時、16時~18時)
  • 9日以降の平日

ぜひ参考に豊川稲荷の初詣に行ってみてくださいね♪

\周辺の観光スポットや宿泊先が分かる/

▶豊川稲荷の詳細はこちらをクリック

スポンサーリンク

豊川稲荷の初詣2023参拝時間

例年豊川稲荷では大晦日の19時30分に一旦門が閉門され、23時45分に改めて開門します。

2023年の予定はまだ公式には出ていませんが、去年までの情報を記載しますので参考にしてくださいね。

  • 12月31日(大晦日)~19時30分一時閉門 23時45分~
  • 1月1日(元旦) 前日23時45分~21時
  • 1月2日~5日 朝5時~21時
  • 1月6日、7日 朝5時~20時30分
  • 1月8日~   朝5時~20時

現在通常の開門時間は朝5時〜18時です。

また、お守りや御朱印の授与は8時〜16時、ご祈祷の受付時間は8時〜14時30分となっていますので、お守り等の購入を検討している方はお気を付けください。

スポンサーリンク

豊川稲荷の初詣は屋台の出店がある?

例年豊川稲荷の境内では140もの屋台がずらりと並んでいるのですが、去年は新型コロナ感染症の影響もあり、境内内には屋台は出ていません。

ただし、豊川稲荷大駐車場と臨時駐車場にお持ち帰りのみの屋台が出ているようです。

また表参道が商店街になっており、美味しい稲荷ずしの購入やお食事処での食事もできるのでそちらを利用するのもおすすめですよ。

私が行った時にもお持ち帰りの稲荷ずしの購入に行列ができていましたよ。もちろん私も並んで買いました。

いろいろな稲荷ずしがあるので、是非ご賞味くださいね。

>>>豊川稲荷周辺で持ち帰り可能ないなり寿司のお店はこちらで紹介しています

スポンサーリンク

豊川稲荷の駐車場情報

豊川稲荷の専用駐車場は豊川稲荷大駐車場と臨時駐車場(特別行事時のみ)が利用できます。

どちらも1日600円となっていますが、初詣の時期はかなり混雑が予想され、渋滞もインターを下りてから続くようなのでご注意ください。

こちらは豊川稲荷から徒歩5分の距離にあり、ご祈祷を受けると駐車場料金が無料になります。

その他の主な駐車場

  • 市営豊川駅東公共駐車場(1日最大500円/豊川稲荷まで徒歩6分)
  • 豊川商店街駅前駐車場(60分まで20分100円、以降30分100円/豊川稲荷まで徒歩6分)*商店街の一部の店舗で、豊川商店街駅前駐車場の無料券が配布されています

近隣のコインパーキングはこちらです。

  • 三井のリパークJR豊川駅前 (最大500円/豊川稲荷まで徒歩9分)
  • 名鉄協商豊川駅東口前第2 (1日最大500円/豊川稲荷まで徒歩8分)
  • 名鉄協商パーキング稲荷口駅前 (1日最大600円/豊川稲荷まで徒歩14分)

駐車場は軒先パーキングでもぜひチェックしてみてください。

軒先パーキングではコインパーキングより全然安い駐車場が見つかることも多いですし、スマホから事前に駐車場を予約できるのですごく便利です。

豊川稲荷周辺の駐車場はこちらから確認できます。

>>軒先パーキングで駐車場を見てみる

スポンサーリンク

まとめ:豊川稲荷の初詣2023人数や混雑状況は?屋台や駐車場も調査!

今回は豊川稲荷2023年の初詣の人数や混雑情報の予想、また屋台や駐車場の情報を調査しご紹介しました。

  • 毎年多くの人が訪れる豊川稲荷の初詣は三が日で150万人以上
  • 三が日や1月初めの土日はかなり混雑が予想される。
  • 混雑を避けるなら早朝や夕方の時間、もしくは9日以降の平日
  • 初詣時期の参拝時間は日によって違う、元旦は前日大晦日の23時45分~21時
  • 屋台は豊川稲荷大駐車場、臨時駐車場にて持ち帰りのみの営業
  • 表参道の商店街も営業するのでそちらで稲荷寿司などを食べるのもおすすめ
  • 駐車場はかなり混み合う。専用駐車場以外にも候補を見つけておくとよさそう

2023年もしっかり新年のご挨拶をしてご利益をいただきたいですね。

皆さん是非、豊川稲荷の初詣でよい新年のスタートをお迎えください。

\周辺の観光スポットや宿泊先が分かる/

▶豊川稲荷の詳細はこちらをクリック

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次