\ 最大8%ポイントアップ! / 詳細を見る

使い捨て哺乳瓶は100均や西松屋にある?どこで売ってるのか調査

当ページのリンクには広告が含まれています。
使い捨て哺乳瓶は100均や西松屋にある?どこで売ってる?
スポンサーリンク

使い捨て哺乳瓶は100均や西松屋にあるのでしょうか。

小さな赤ちゃんを育てていると悩ましいものの一つに、外出先での授乳の問題があると思います。

母乳ではなくミルクを与える場合、バッグの中に哺乳瓶や消毒グッズを入れていくから重たい…という問題が付きまといますよね。

そこで今注目されているのが「使い捨て哺乳瓶」です!

くみ

ママやパパの荷物の軽減が期待できるだけでなく、災害時の備蓄として使い捨て哺乳瓶を購入する家庭も増えているんです♪

今回はそんな「使い捨て哺乳瓶」について、どこで売ってるのか?100均や西松屋など馴染みのある店舗を調査しました。

使い捨て哺乳瓶のメリット・デメリットについても紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね♪

通販で買える!人気の使い捨て哺乳瓶オススメ4選はこちら!

目次
スポンサーリンク

使い捨て哺乳瓶は100均や西松屋にある?

使い捨てタイプの哺乳瓶が普及してきているとはいえ、まだまだガラスやプラスチック製の哺乳瓶が主流です。

使い捨て哺乳瓶はどこで売ってるのか、価格はどのくらいなのか、気になりますよね。

まず、どこで売ってるのかを調べてみたところ、西松屋やアカチャンホンポなどには置いてあることが分かりました。

くみ

どこの地域にもあるような身近な店舗で買い求められるのは、いざというときに安心ですね!

なかなか家の近くにお店がない…という人も安心です!

西松屋もアカチャンホンポも、オンラインショップを確認すると『chu-bo!おでかけ用ほ乳ボトル』という使い捨て哺乳瓶が購入できるようになっています。

残念ながら、DAISOやSeriaなどの100円均一のお店では使い捨て哺乳瓶は置いていないことが分かりました。

将来的に、もっと手頃な価格で簡単に手に入るようになると嬉しいですね。

スポンサーリンク

使い捨て哺乳瓶のメリット・デメリット

使い捨て哺乳瓶が少しずつ普及し始めているとはいえ、メリットやデメリットを見て購入を考えたいものです。

そこでここからは、使い捨て哺乳瓶のメリット・デメリットを紹介していきます!

使い捨て哺乳瓶のデメリット

まずは使い捨て哺乳瓶のデメリットから見ていきたいと思います!

  • コストがかかる
  • 赤ちゃんによっては拒否する可能性も

1つずつ詳しく紹介しますね。

コストがかかる

使い捨て哺乳瓶は、普通の哺乳瓶を使用するよりもコストがかかります

外出するたびに使い捨て哺乳瓶を使っていると、経済的にもかなり負担になってしまうんです。

普段の外出はいつも使用している哺乳瓶、長時間の移動や遠方へのお出かけなどは使い捨て哺乳瓶、などとシーンによって使い分けるといいですね♪

赤ちゃんによっては拒否する可能性も

普段と違う哺乳瓶だと吸い慣れていないので、赤ちゃんが拒否して飲んでくれなかったり、飲もうとしてもうまく飲めないといった可能性もあります。

外出先でいきなり試すのではなく、まずはお家で飲ませてみるなどして様子を見ながら少しずつ慣らしていくと良いですね。

使い捨て哺乳瓶のメリット

続いて、使い捨て哺乳瓶のメリットを紹介します!

  • いろんなシーンで活躍する
  • 荷物が少なくなる・軽くなる
  • いつでも清潔

1つずつ詳しく紹介しますね。

いろんなシーンで活躍する

使い捨て哺乳瓶は、長時間の外出時や消毒が面倒だと感じる夜間の授乳など、普段使いはもちろん、渋滞や災害といった緊急時にも役立つところはメリットになります。

特に災害は、いつ起こるか分かりません。

赤ちゃんが卒乳するまでの間は、お守りがわりにでも災害袋に数セット入れておくと、もしものときにも安心して授乳することができますよ。

荷物が少なくなる・軽くなる

普段の外出で、ガラスやプラスチックの哺乳瓶を何本か持ち歩こうと思うと、バッグがとても重たくなりますよね。

重さに加えて、バッグの中で場所を取ってしまうというのも悩ましいです。

使い捨て哺乳瓶なら、必要な数だけバッグに入れて帰りは軽々なのでとても楽ちん!

家についてから哺乳瓶を消毒…なんて煩わしい作業もないので助かります♪

いつでも清潔

使い捨てであることから、常に新しくて清潔な哺乳瓶を使うことができます

消毒ができる場所は出先だと限られていますし、災害時ともなると尚更です。

いつでも清潔な哺乳瓶で授乳できるのは嬉しいですね♪

以上が使い捨て哺乳瓶のメリット・デメリットになります。

これらのメリット・デメリットを踏まえて、各家庭でピッタリの使い捨て哺乳瓶を見つけてみてくださいね!

スポンサーリンク

通販で買えるおすすめの使い捨て哺乳瓶

楽天市場やAmazonなどの大手ECサイトでも使い捨て哺乳瓶は購入できますよ!

通販なら「せっかくお店に行ったのに在庫がなかった!」なんてことも絶対にないですし、何より家に届けてくれるから、育児で大変なママにとって嬉しいことばかりですよね♪

ここからは、通販で買えるおすすめの使い捨て哺乳瓶を4つ紹介していきます!

おでかけ用ほ乳ボトル チューボ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チューボ おでかけ用ほ乳ボトル(4コ入)
価格:1,328円(税込、送料別) (2024/4/5時点)

おでかけ用ほ乳ボトル チューボ」は、哺乳瓶がジャバラ式になって折り畳まれた状態なので、とてもコンパクトで持ち運びに便利なのが魅力です。

また、乳首の吸い穴の向きを変えるだけで、ミルクを出す量を3段階に調節することができるんですよ♪

新生児から1歳近い子まで、月齢に合わせて長く使える使い捨て哺乳瓶です。

Clovis Baby(クロビスベビー) ステリボトル

Clovis Baby(クロビスベビー) ステリボトル」は哺乳瓶が保存袋に封入されているので、開封時に指が哺乳瓶の中や乳首部分に触れてしまうことがありません。

いつでも清潔に使うことができますよ♪

使い捨て哺乳瓶パックDrama

使い捨て哺乳瓶パックDrama」は哺乳瓶自体を使い捨てすることはできません

哺乳瓶の中にビニールをセットしてミルクを注ぎ、そのビニールが使い捨て可能といった商品になります。

長時間のお出かけでも、何本も哺乳瓶を持ち歩く必要なし!

哺乳瓶1本とビニールを必要枚数持っていくだけなので、荷物が重たくなることもありませんね♪

ピジョン ソナエッタ 災害用授乳カップ

ピジョン ソナエッタ 災害用授乳カップ」は災害用として作られたものなので、お出かけなどには不向きですが、いざというときのために備えておくと安心な商品です。

哺乳瓶のような吸うための乳首などはなく、紙コップのようなものにミルクを入れて少しずつ赤ちゃんの口にふくませながら飲ませます。

蓋がついていて、一気にミルクが出ないような構造になっているんです。

また、付属のマドラーには目盛りがついているので、調乳の際に役に立ちますよ。

スポンサーリンク

まとめ:使い捨て哺乳瓶は100均や西松屋にある?どこで売ってるのか調査

使い捨て哺乳瓶の種類や売っている場所などを紹介してみました。

残念ながら100均には売っていませんが、西松屋やアカチャンホンポなどのベビー用品店には売っていることが分かりました。

使い捨て哺乳瓶を使うことで、外出先での授乳のストレスや心配事が少しでも軽減されるなら、購入してみる価値はあるのではないでしょうか。

各家庭の生活スタイルに合わせて、ぜひ一度試してみてくださいね!

通販で買える!人気の使い捨て哺乳瓶オススメ4選はこちら!

あわせて読みたい
旅行で哺乳瓶はどこで洗う?ジップロックを使った消毒方法についても 旅行先での哺乳瓶はどこで洗うのか?消毒方法についても紹介します。 赤ちゃん連れでもたまには旅行を楽しみたいものですよね。 旅行するにあたって、哺乳瓶で授乳をし...

>>旅行で哺乳瓶はどこで洗う?ジップロックを使った消毒方法についても

目次