\ 最大8%ポイントアップ! / 詳細を見る

離乳食に裏ごし器はいらない?代用品になるものはある?

当ページのリンクには広告が含まれています。
離乳食に裏ごし器はいらない?代用品になるものはある?
スポンサーリンク

離乳食に裏ごし器はいらないのでしょうか。

離乳食に悩んでいるママは多いですよね。

子供の面倒を見ながら、家事もやり、離乳食も作るとなると大変です。

私も料理が得意ではないので、離乳食に不安がありました。

特に離乳食初期は全てペースト状にしなくてはいけないので、できれば楽に離乳食を作りたいですよね。

そこで便利そうなのが裏ごし器ですが、離乳食では本当に必要なのでしょうか?

今回は、私の経験も踏まえ、離乳食に裏ごし器はいらないのか紹介していきます。

離乳食をこれから始められる方、離乳食作りに困っている方はぜひ参考にしてください。

目次
スポンサーリンク

離乳食に裏ごし器はいらない?口コミを調査!

離乳食に裏ごし器はいらないのか?実際に子育てを経験したママさんたちの口コミをまとめました。

裏ごし器はいらないという意見がありますね。

確かに食材によっては、フォークやスプーンで潰してあげるだけでも十分だった気がします。

ただ、葉野菜などは繊維が残りやすく、すりつぶさないとあげられなかったので、あげたい食材によっては裏ごし器は必要だと思います。

家にブレンダーがある方はブレンダーでも十分ですが、量が少ないときはブレンダーではすりつぶすことが難しいです。

量が少ない離乳食初期は、裏ごし器があった方が便利ですね。

口コミを調べたところ、必要ないという意見もありましたが、裏ごし器はあった方が便利だという意見が多いことが分かりました。

くみ

私も離乳食初期は裏ごし器を使ってすりつぶしていました。少量を作るときに便利でしたよ。

家にブレンダーやミキサーがある方は、少量だと使えないと思うので、まとめて作って冷凍庫で保管しておくと良いかもしれません。

その際、リッチェルのわけわけフリージングという商品を使うとすごく便利ですよ♪

>>離乳食の小分けに超便利なリッチェルわけわけフリージングについてはこちらの記事で紹介しています

スポンサーリンク

裏ごし器の代用品はある?

裏ごし器が家にない場合、他に何か代用品はあるのでしょうか?

調べたところ、茶こしで代用している人が多いことが分かりました。

家に茶こしがあるなら、とりあえず茶こしでやってみても良いかもしれませんね。

ただ、茶こしの方が網目が細かいので、すりつぶすのがちょっと大変かもしれません。

その場合は百均などにも裏ごし器は売っているので、必要だと思ったタイミングで買えばいいと思いますよ!

スポンサーリンク

ミキサーやブレンダーはいつからいつまで使う?

子どもが成長するにつれ、離乳食もだんだん量が増えていきます。

そうなると、ブレンダーやミキサーを検討することがあるかもしれません。

裏ごし器で裏ごしするとなると、冷凍ストックを作る場合は一回に作る量が多いので大変です。

そういう場合にミキサーやブレンダーが活躍します!

かみかみ期という離乳食中期になると、みじん切りが多くなってくるので使用頻度は減っていきます。

ミキサーやブレンダーは、離乳食が始まる生後5〜6ヶ月からもぐもぐ期が終わる生後8ヶ月ごろまで
使うことが多いです。

>>>離乳食はミキサーとブレンダーどっちがいいの?実体験から徹底比較!

スポンサーリンク

おすすめのミキサーやブレンダーを紹介!

ミキサー、ブレンダーの購入をご検討の方はどれを買えばいいのか迷うと思います。

そこで、おすすめの商品をご紹介いたします!

T-fal ミックスアンドドリンク


こちらは0.6Lの軽量のミキサーです。

コンパクトサイズで収納に困らないのが嬉しいポイントです。

小さいのに300Wとパワフルなので、氷や冷凍フルーツなど硬いものも滑らかに仕上がります。

離乳食は煮込んだ野菜や、ご飯などあまり硬いものは使いませんが、離乳食で使わなくなった後にスムージーを作ったりもできるので、長く使えるのがポイントです。

ジャーとカッターの部分を取り外せるので、お手入れも簡単です!

BRAUN ハンドブレンダー

BRAUNのハンドブレンダーは、さまざまなアタッチメントがついているのがポイントです。

1台あれば、つぶす・刻む・泡立てる・混ぜる・砕くなどができます。

アタッチメントもワンタッチで変えられるので簡単です。

潰すだけでなく、刻むこともできるので、離乳食初期のペーストだけでなく中期から後期のみじん切りにも使うことができますよ。

私もこちらを使っていますが、離乳食の時はもちろん1歳半の今でもコーンスープなどを作る時に役立っています!

泡だてもできるのでお菓子作りにも大活躍です。

>>>ブラウンマルチクイック9の口コミ評判はこちらの記事で詳しく紹介しています

佐仲  NM–P10–W ミキサー


こちらのミキサーの1番のポイントは、価格の手頃さです。

ミキサーやブレンダーは1万円以上するものがほとんどですが、2千円台とお手頃価格です。

容量は400mlで小さいですが、離乳食や1〜2杯分のジュースなどを作るのには十分の大きさです。

プラスチックで軽いのでコンセントがあればどこでも作業ができます。

スポンサーリンク

まとめ:離乳食に裏ごし器はいらない?代用品になるものはある?

離乳食に裏ごし器は必要なのかご紹介しました。

裏ごし器は離乳食初期の少量で良いときにあると便利です!

家にない場合は茶こしでも代用が可能ですよ。

ミキサーやブレンダーは主に離乳食初期に使うことが多いので

  • 冷凍ストックをまとめて作りたい
  • こし器が面倒
  • 時短で離乳食を作りたい

という方はミキサーやブレンダーがあると便利です。

ミキサーやブレンダーのような便利な調理器具を使って離乳食の悩みを少しでも解消しましょう!

目次