役立ち情報

離乳食にブレンダーは必要?ミキサーとどっちがいいか比較検証

離乳食 ブレンダー 必要

離乳食初期はゴックン期と言われ、なめらかなものを赤ちゃんにあげる必要があります。

裏ごしたりすりつぶしたり、そんな凝った料理したことないわ…

このように思っているママも多いと思います。

そこで気になるのがブレンダーです。

ブレンダがーあると便利だと聞くけど、本当に必要なのでしょうか?

私はブレンダーを離乳食のために買いましたが、あって助かりましたよ♪

離乳食は裏ごしをしたりすりつぶしたりと手間がかかり、毎日バタバタで忙しいママにはかなり大変な作業です。

私は最初、ブレンダーなしで離乳食を作っていたのですが、時間はかかるし思うようになめらかにならないしでストレスを感じていました。

思い切ってブレンダーを買ってみたところ、

  • 調理が時短できる
  • 手より圧倒的になめらかになる
  • ストレスがかなり減る

このように離乳食作りが楽になり、ストレスから解放されました。

実際に離乳食でブレンダーを使ってみて分かったのは、

ブレンダーはあったら絶対便利!でも離乳食が終わると使わなくなります…

正直、離乳食が終わってからブレンダーを使ったことはほとんどありません。

そう考えるともったいないかもしれませんが、ただ離乳食の時期には本当に救世主のような存在でした。

食材をなめらかにするにはミキサーもありますが、大きくて場所を取るし洗うのが大変なのがデメリット。

ブレンダーの方が手軽で使いやすいので、忙しいママにはブレンダーがおすすめです。

実際に私が使っていたブレンダーはこちら!

チョッパーも付いているので、離乳食後期まで長く使えるコスパの良いブレンダーでした。

ここからは、

  • ブレンダーは必要?
  • ブレンダーはいつまで使う?
  • ブレンダーとミキサーどっちがいい?

この3点について、実際にブレンダーを使ってきた私が詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

ブレンダーは必要?メリット・デメリットは?

裏ごしたりすりつぶしたりと手間がかかる離乳食作りですが、ブレンダーは必要なのでしょうか?

あった方が絶対楽です!

私は最初、ブレンダーなしで離乳食を作っていました。

最初は量が少ないのでそこまで大変に感じませんでしたが、だんだん食べる量が増えてくると辛くなってきます。

時間がかかるし、全然なめらなかにならないし…大変!!

日々の子育てで疲れているのに、調理に時間がかかるのは想像以上に辛いです。

自分たちの食事も作らなきゃいけないので、まるで一日中キッチンに立っているような感覚…。

そこで思い切ってブレンダーを買ってみたのですが、離乳食作りのあらゆる悩みが解決されました!

  • 調理が時短できる
  • 手より圧倒的になめらかになる
  • ストレスがかなり減る

ブレンダーは離乳食の時期にあると絶対便利です。

しかし、ブレンダーにはデメリットもいくつかあります。

ここからは、実際にブレンダーを買ってみて分かったメリット・デメリットを紹介します。

ブレンダーのデメリット

まずはブレンダーを買ってみて分かったデメリットです。

  • 準備やお手入れが面倒
  • 使用期間が短い

それぞれ詳しく説明します。

準備やお手入れが面倒

ブレンダーを使うと、使うたびに準備したりお手入れをしなければいけないのが面倒です。

特にお手入れが面倒でした。

本体から取り外して洗ったりコンセントから抜いたりと裏ごし器だけで作っていた時より手間がかかってしまいます。

ただ、その手間よりも離乳食の調理にかかる手間の方が圧倒的に大変でした。

そのため、準備やお手入れが面倒なのは、あまり気にする必要のないデメリットだと思います。

使用期間が短い

ブレンダーを使っていた時期は、離乳食初期の1~2ヵ月ぐらいでした。

正直、離乳食が終わってからはほとんど使ったことがありません。

使用期間が短いなら買うのはもったいないと思うかもしれません。

しかし私は買って後悔したことはありません

ブレンダーのおかげで離乳食作りを乗り切れたと実感があるからです。

  • 離乳食作りに自信がない
  • 既に離乳食作りが辛い

このような状態であればブレンダーを買う価値はあります。

安いものは3,000円ぐらいでありますし、私が買ったブレンダーはチョッパー付きで6,000円ぐらいです。

チョッパー付きだと離乳食後期まで長く使えますよ!

チョッパーを使えばあっという間に細かく刻んでくれるので、離乳食後期に大活躍しました。

私が使っていたテスコムTHM321-Wは、1台でつぶす・まぜる・きざむができる優れものでした。

チョッパー付きを買うと離乳食後期まで使えるし、普段の食事でみじん切りをする時に活躍するので便利です。

値段は6,000円ぐらいと安いのに十分役目を果たしてくれるコスパの良い商品でした。

ブレンダーのメリット

続いて、ブレンダーを買ってみて分かったメリットです。

  • 調理がかなり時短できる
  • 手の負担が減る
  • 鍋に直接入れて使えるのが楽
  • 場所を取らず収納しやすい

それぞれ詳しく説明します。

調理がかなり時短できる

何と言っても調理が時短できることが最大のメリットです!!

量が少なければ10秒ぐらいでなめらかになります。

手で裏ごしやすりつぶしをしていた時より圧倒的に楽になりました。

時短は育児では大きなポイントですよね。

授乳疲れや寝不足などバタバタ育児の中、調理時間が長いのはかなりのストレスです。

調理を時短できることで、ゆっくり休む時間が増えます。

これは本当に大きなメリット。

調理時間が短縮されると、休む時間が増えてリフレッシュできますよ。

手の負担が減る

手で裏ごしやすりつぶしをすると手に負担がかかります。

ブレンダーの場合、持っているだけでいいので、手の負担が減って楽になりました。

しかも手でやるよりなめらかに仕上がります!

特に葉物の裏ごしは手では大変でした。

何度もこしていたら手が痛くなったこともあります。

量が多ければ多いほど大変に感じるので、手の負担が減るのは本当に助かりました。

鍋に直接入れて使えるのが楽

ブレンダーの大きなメリットが、鍋に直接入れて使えること。

特に作る量が多い時期に大活躍!

ミキサーだと鍋に移さないといけないのですが、ブレンダーはそのまま鍋で調理ができます

鍋に直接使えることで洗い物も減るし手間も減るしでとても便利でした。

私が買ったテスコムTHM321-Wは、専用ブレンドカップが付いていました。

意外と細長い入れ物が家になかったので、この形状のカップは飛び散りにくく、さすが専用カップという感じで使いやすかったです。

場所を取らず収納しやすい

ブレンダーは細長い形をしており、場所を取りにくいのが特徴です。

収納しやすいのが便利です♪

ちょっとした隙間に入れることもできるし、フックにかけて収納することもできます。

使うか分からない調理器具が大きいサイズだと邪魔になってしまう可能性がありますよね。

私も結局、離乳食以来ほとんど使っていないのですが、キッチンの引き出しの奥に収納できているので邪魔には感じていないです。

スポンサーリンク

ブレンダーはいつまで使う?

ブレンダーは離乳食中期ぐらいまで使用しました。

生後7~8ヵ月ぐらいまででしたね。

つまり、離乳食初期の生後5ヵ月から使用すると、だいたい4ヵ月ぐらいの使用期間となります。

短い期間に思えますが、この短い期間がとっても大変な期間です。

ブレンダーがなければ、すり鉢やおろし金で乗り切ることもできますが、約4ヵ月ずっと手で裏ごしをしなければならないのです。

これってすごく大変だと思いませんか?

この4ヵ月のためにブレンダーを買って私は正解でした。

私が買ったブレンダーはチョッパーも付いていたので、離乳食後期まで使うことができました。

おかげさまで、思ったより長く使えたと感じています。

スポンサーリンク

ブレンダーとミキサーどっちがいい?

ブレンダー以外に、ミキサーも離乳食に使えますが、どちらがいいのでしょうか?

それぞれのメリット・デメリットを比較してみました。

ブレンダーミキサー
メリット
  • 鍋の中でも使える
  • 細かい調整がしやすい
  • 取り外して洗浄できる
  • 軽くてコンパクトで収納しやすい
  • 材料を入れればスイッチを入れるだけで作れる
  • 一度に大量の食材を調理できる
  • 大きめの材料でもそのまま調理できる
  • なめらかに仕上がる
デメリット
  • 大量の食材は調理しにくい
  • 細かくカットしてから使わないといけない
  • 調理中ずっと持たなければいけない
  • ミキサーほどなめらかに仕上がらない
  • 一気に調理するので細かい調整がしにくい
  • 重くて場所を取るので収納に困る
  • 洗うのが面倒

ブレンダーは軽くて持ち運びしやすいことから手軽に使いやすいのが最大の特徴です。

鍋の中に入れて使え、細かく調整しながら調理もできます。

一方のミキサーは一度に大量の食材を調理できるのが魅力。

よりなめらかに仕上げたいならミキサーがいいですね♪

ミキサーはスイッチ1つで一気に仕上げてくれるので、ずっと持っていなければならないブレンダーに比べるとかなり楽です。

さらに、ブレンダーは食材を細かくしてから使った方がいいのですが、ミキサーは大きめの食材でもちゃんとなめらかにしてくれるので、食材の大きさを気にしなくていいのが楽です。

ただし、重くて場所を取るのがデメリット

ブレンダーは軽くて持ち運びしやすく、手軽に使いやすいのがとっても便利でした。

鍋に直接入れて使えるので洗い物も少なく、手間が少ないのが魅力です。

ブレンダーとミキサー、どちらを選ぶかは何を重視するかによって変わってきます。

ブレンダーがおすすめの人
  • 面倒なので鍋に直接入れたい
  • 手軽に使いやすいものがいい
  • 洗い物が少ない方がいい
  • とりあえず離乳食の期間だけ使いたい
ミキサーがおすすめの人
  • なめらかな仕上がり重視
  • 1度に大量の食材を調理したい
  • 離乳食が終わってもスムージーやポタージュなどに挑戦したい

私は離乳食以外ではほとんど使わないと予想していたので、手軽に使えるブレンダーを選びました。

置き場所もなかったので、キッチンの引き出しに収納できるのはすごく便利です。

鍋に直接入れて使えることが想像以上に便利でした!

鍋に入れられることで、洗い物も少なくなるし、食材を移動させる手間もないしで本当に便利でした。

離乳食以外にもスムージーやポタージュなど作る予定があるならミキサーがいいかもしれませんね。

授乳や寝不足などでバタバタ育児中のママにとって、離乳食を作るのは想像以上に大変です。

  • 手軽に使いやすい
  • 洗いやすい

この2点を重視して選ぶと離乳食作りが楽になります。

個人的にはブレンダーをおすすめします!
スポンサーリンク

おすすめのブレンダーを紹介

ブレンダーにも色々ありますが、安いものだと3,000円ぐらいから買えます。

つぶす・混ぜるができるブレンダー。

専用カップ付きで、2段階のスピード調整が可能です。

ブレンダーを継続的に使う予定がないならこれぐらいの機能で十分です。

 

本格的なものが欲しい方はこちら。

つぶす・混ぜる・きざむ・泡立てるの4役をこなしてくれるブラウンのブレンダー「マルチクイック」。

手の感覚でスピードをコントロールでき、飛び散り防止設計にもなっており、機能性が抜群です。

本格的にブレンダーを使っていきたいならこのブラウンのマルチクイックがおすすめです。

 

私が実際に使っていたブレンダーはこちら。

値段は6,000円ぐらいでつぶす・混ぜる・きざむの3役をこなしてくれます。

チョッパーも付いているのですが、離乳食後期まで長く使えました。

チョッパーは普段の料理でもみじん切りがめんどくさい時に使えるし、離乳食が終わった後は割とチョッパーの方が活躍します。

 

ブレンダーにも色々な種類があるので、用途にあった商品を選ぶのがおすすめです。

まとめ:離乳食にブレンダーは必要?ミキサーとどっちがいいか比較検証

ブレンダーは離乳食に絶対に必要なものではありません。

しかし、あった方が絶対楽です。

ブレンダーを使うようになってから、離乳食作りが本当に楽になりました。

離乳食作りが不安、もしくは離乳食作りが既に大変だと思っているなら、安いものでもいいので買ってみることをおすすめします。

離乳食 便利グッズ
離乳食作りであってよかったもの3選!時短便利グッズを紹介!赤ちゃんが食べやすいように裏ごししたり細かく切ったりしなければならない離乳食。 初めは量が少ないのでいいのですが、量を食べるように...
こちらの記事もおすすめ!