トランポリンカバーが破ける!穴が空いて危ない時の対処法3選

トランポリンカバー 破れた
スポンサーリンク

家庭用トランポリンは手軽に運動ができる優れものです。

しかし、1つ困ったことがあります。

くみ

カバーがすぐ破けます…

我が家もトランポリンを購入して数ヵ月でカバーが破れてきました。

カバーはあまり丈夫な素材ではないらしく、中に入っているゴムに負けてしまうみたいです。

カバーが破れたままだと、子どもが足をひっかけたり挟まったりして危険です。

そこで、カバーが破れた時の対処法を3つ紹介します。

  • 透明テープで補修
  • カバーを買い替える
  • 布製のカバーを作る

透明テープの補修が1番手軽ですが、長い目でみると布製のカバーが1番丈夫でコスパが良いです。

なかなか布製のカバーは売っていないので、この機会に手作りをしてみましょう。

くみ

自分好みのカバー、子どもが喜ぶカバーができるかもしれませんよ♪

それでは、トランポリンカバーが破れた時の対処法を紹介していきます。

目次
スポンサーリンク

カバーが破けると危ない!

我が家にあるトランポリンは、ダバダのトランポリンです。

とても可愛いカバーが付いていて気に入っていたのですが、使い始めて数ヵ月でカバーが破れてきました。

中に入っているゴムの力に負けてしまい、カバーの内側の方から破れました。

このような穴が何か所かに空いてしまい、ひどいところは中の綿が見えてしまいます。

カバーが破れると子どもが特に危ないです。

中はこのようにスプリングが並んでいます。

我が家にあるトランポリンの場合、スプリングとスプリングの間は6~7cmとなっており、ちょうど小さい子どもの足が入る幅です。

誤ってカバーの穴に足が入ってしまったらちょっと危険です。

くみ

子どもがケガをする可能性があります。

ケガをしにくい構造にはなっていると思いますが、勢い余って足が中に入ってしまった場合、何が起こるか分かりません。

穴が空いたら何かしら対策をした方がいいです。

スポンサーリンク

カバーに穴が空いた時の対処法3選

カバーに穴が空いてしまった時、そのままにせず何か対処をしないと危険です。

破れたカバーをどうするべきか、その対処法を3つ紹介します。

  • 透明テープで補修
  • カバーを買い替える
  • 布製のカバーを作る

簡単な対処法から順に紹介していきます。

透明テープで補修

我が家はとりあえず透明テープで補修をしています。

穴が空いた部分を幅広な透明テープで補修しました。

透明だと補修しているのが遠くからでは分かりにくいので、見栄えもそんなに悪くなりません。

くみ

1番簡単な対処法です。

ただし、時間が経つとテープが剥がれたり他のカバー箇所が剥がれてきたりします。

また、テープに埃が付いて黒ずんできてしまい、遠めでも黒い部分が分かるようになってきます。

我が家はどこか剥がれたりテープが黒ずんできたりするたびに新しいテープで補修をしています。

このような透明テープで補修しています。

テープは安いものは100円代から買えるので、コストもかかりません。

カバーを買い替える

カバーだけでも販売されているので、カバーを思い切って変えてみるのも手です。

足を通す穴が6か所あるので、穴に通しながらカバーを取り付けます。

ダバダのトランポリンカバーはこちらです。

このトランポリンカバー、別のメーカーでも取り付けができたという口コミがあります。

  • メーカーが違うものでも取り付けはできた
  • 違うメーカーで足の数が違っても取り付けできた
  • 92センチのトランポリンにも使えた

ダバダのトランポリンではなくても、サイズが少し小さめのトランポリンでもカバーは使えたようです。

違う色のカバーにすれば部屋の雰囲気も変わるし、子どもも喜ぶかもしれません^^

布製のカバーを作る

1番コスパが良い対処法が、自分で布製のカバーを作ること。

交換用のカバーを買い替えても、同じ素材なのでまた破れる可能性が高いです。

透明テープでの補修や、カバーの買い替えを続けていくと、それなりにコストがかかります。

くみ

布製のカバーならビニール製のカバーより丈夫で長持ちします。

補修も買い替えも嫌だという方は作ってみる価値ありです!

自作のカバーを取り付けている人は結構います。

自分でカバーを作っている人は多いです!

意外と簡単にできるようなので、手づくりに挑戦してみるのもいいかもしれないですね。

キルティング生地だと丈夫に作れそうです。

厚いので縫うのは大変かもしれませんが、可愛い生地がたくさんあります。

布製のカバーは作るのが大変ですが、1度作ってしまえばしばらく破れることはないので楽です。

スポンサーリンク

まとめ:トランポリンカバーが破ける!穴が空いて危ない時の対処法3選

トランポリンカバーが破れた時の対処法3選を紹介しました。

  • 透明テープで補修
  • カバーを買い替える
  • 布製のカバーを作る

1番良いのは布製のカバーを作ることです。

1度作ってしまえばすぐ破れる心配もありません。

可愛い生地はたくさんあるので、自分好みのカバー、子ども好みのカバーを付けることができます。

あわせて読みたい
ダバダ トランポリンの評判や口コミは?子どもへの運動効果に期待! ダバダのトランポリンの口コミや効果について紹介します。 子どもに運動をさせたいけど公園に連れて行く時間がない天気が悪い日が続いて運動ができない遊びの延長で運動...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次