役立ち情報

保育園・幼稚園の水筒はカバーが必要?実体験からおすすめを紹介!

保育園・幼稚園で持たせる水筒にはカバーが必要なのでしょうか?

私の長男は保育園に通う3年間、カバーなしの水筒をずっと持たせていました。

私は実体験から、カバーありの水筒を断然おすすめします。

その子の扱い方にもよりますが、カバーなしの水筒は、子どもの扱いだと傷が付いたり凹んだりしやすく長持ちしません。

特に肩紐をかける部分が壊れやすかったです。

そのため、私の長男は毎年水筒を買い替えることになってしまいました。

私は実体験から、保育園・幼稚園ではこのように水筒を選ぶのがおすすめです。

  • カバーありの水筒
  • キャラクター以外の水筒

キャラクターの水筒も個人的にはあまりおすすめしません。

この理由についても詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

保育園・幼稚園の水筒はカバーが必要?

保育園・幼稚園で持たせる水筒ですが、カバーがあるものとないものがあります。

保育園・幼稚園では水筒にカバーは必要なのでしょうか?

水筒はカバーありを選ぶのが断然おすすめです。

私の長男はカバーなしの水筒を使っていたのですが、すぐ壊れて毎年買い替える羽目になってしまいました。

カバーなしの水筒は、カバーありの水筒に比べてどうしても壊れやすいです。

カバーがない分、水筒が直接ダメージを受けます。

その結果、

  • 水筒本体が傷だらけになる
  • キャラクターのプリントが剥げてくる
  • お茶が漏れてくる
  • 水筒の底が凹む
  • 肩紐をかける部分が壊れやすい

このような状態になり、長持ちしませんでした。

カバーなしの水筒が長持ちしない理由は、子どもの水筒の扱い方が大きな要因です。

子どもは水筒を丁寧に扱えません

私の長男も、水筒を置くときにポイっと投げていることが多かったです。

水筒を肩にかけて走り回り、壁にぶつけることもよくありました。

そんな扱いをしていたら、壊れやすくなりますよね。

カバーなしを持たせたけど、ボコボコになった、肩紐をかける部分が割れたという口コミがありました。

どうしてもカバーなしの水筒は壊れやすいです。

せっかく子どものためにキャラクターがプリントされた水筒を買っても、カバーがないとプリントが剥がれてキャラクターが見えなくなってしまいます。

結果買い替えるなど余計にお金がかかってしまうので、できれば水筒はカバーありがおすすめです。

スポンサーリンク

カバーなしを3年間使った実体験

我が家の長男の場合、カバーなしの水筒を持たせていたのですが、毎年買い替えていました。

現在年長ですが、水筒は3つ目です。

 

ミニオンが好きだったので、現在はミニオンの水筒を持たせています。

水筒に直接キャラクターがプリントされていて、カバーがないスリムなタイプの水筒です。

このタイプの水筒をずっと持たせていたのですが、3つの水筒がそれぞれどのような状態になったのかというと…

  • 1つ目の水筒…注ぎ口が壊れてお茶がチョロチョロ漏れだす
  • 2つ目の水筒…肩紐をかける部分が壊れる
  • 3つ目の水筒…肩紐が外れやすくなる、底が凹んでいる

このように壊れました。

そして全ての水筒、傷だらけでキャラクターのプリントが剝げました。

ここで、同じタイミングで使い始めた次男のカバーありの水筒と比べてみます。

左:次男の水筒 右:長男の水筒

比べると、長男の水筒はかなりダメージを受けていることが分かります。

傷がすごいですよね。

1年も経たないうちにこんな状態になってしまいました。

一方の次男の水筒は、コップにちょっと傷がありますが、カバーのおかげで水筒本体には何も異常がありません。

長男の水筒は傷だけでなく、底が凹んでしまっています。

カバーなしの水筒は、扱い方によってはこのようになるんです。

さらに最近、肩紐をかける部分が劣化してきたようで、肩紐が外れやすくなってしまいました。

カバーなしの水筒は、水筒本体に肩紐を付けます。

肩紐はプラスチック同士を引っかけて留めています。

そのため、落としたりぶつけたりすると、壊れやすくなります。

カバーありの水筒だと、写真のようにカバー自体にくっついているので壊れにくいんです。

長く使いたいなら、カバーありの水筒がおすすめです。

ただし、子どもがお茶を注ぎやすいのはカバーなしの水筒だと思います。

カバーがあることで、コップが上手に回せないこともありました。

でも子どもも次第に上手に使えるようになるので、その点はあまり心配ありません。

やはり長い目でみると、カバーありの水筒が使い勝手が良く長持ちするのでおすすめです。

スポンサーリンク

洗いやすいのはカバーありの水筒

親目線で水筒を選ぶとき、重視したいのが洗いやすいかどうかですよね。

カバーありとなしの水筒では、カバーありの水筒の方が洗いやすいです。

ポイントになってくるのは、肩紐です。

カバーなしの水筒の場合、水筒本体に肩紐をかけています。

そのため、洗うときは肩紐を毎回外す必要があるので面倒なんです。

私はめんどくさくて肩紐を付けたまま洗っています。。。

もちろん、肩紐は濡れてしまいますが、毎回付けたり外したりする方が嫌なのでそのまま洗っています。

一方のカバーありの水筒は、カバーを外すだけなので水筒が洗いやすいです。

洗いやすさを重視したいなら、カバーありの水筒がおすすめです。
スポンサーリンク

キャラクターの水筒はすぐ飽きる?

子どものためにキャラクターの水筒を考えている人もいると思います。

キャラクターの水筒も、私はあまりおすすめしません。

子どもの好みは結構変わります。

先ほどお見せした長男の水筒はミニオンです。

買ったときはミニオンに夢中になっていたので、あえてミニオンの水筒を選んだのですが、使う頃には興味がなくなっていました。

ずっと同じキャラクターが好きな子もいると思いますが、割と子どもは飽きやすいです。

そのため、無難なデザインの水筒が個人的にはおすすめです。

次男が実際に使っている水筒です。

キャラクターではないですが、男の子が好きな恐竜なので次男も気に入っています。

カバーありなので、実際に丈夫で長持ちしています。

このような水筒を選ぶと良いですよ。

今度長男は小学校に上がりますが、次はカバーありの水筒にしました。

このブルーを買いました。

今度はきっと長持ちするはずです!

スポンサーリンク

まとめ:保育園・幼稚園の水筒はカバーが必要?どちらがおすすめか実体験から紹介!

保育園・幼稚園での水筒は、カバーは必要だと思います。

子どもは上手に扱えないので、落としたりぶつけたりしやすいです。

そのため、カバーがないと壊れやすくなってしまいます。

我が家の長男は3つ目の水筒を使っています。

そうならないためにも、初めからカバーありの水筒をぜひ買ってくださいね。

カバーだけ売っているお店についても調査しました。

水筒のカバーだけ 売ってる お店
水筒カバーだけ売ってるお店は?通販購入先やおすすめ商品も紹介!水筒カバーだけ売っているお店を紹介します。 水筒カバーは汚れたり紐が壊れたりするので、買い替えが必要なときがあります。 水筒...
小学生 水筒 大きさ
小学生の水筒の大きさは?低学年におすすめのサイズを調査!小学生の水筒の大きさは、どれぐらいがいいのでしょうか? 特に小学校へ入学するお子さんをお持ちの方は、水筒のサイズが気になりますよね...
保育園 靴 名前 どこ
保育園の靴は名前どこに書く?外履き上履きのおすすめの書き方保育園で履く靴は、どこに名前を書けばいいのでしょうか。 保育園では基本的にすべての持ち物に名前を書く必要があります。 名前を...
こちらの記事もおすすめ!